1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 進撃の巨人-自由への咆哮->
  4. 『進撃の巨人』ゲームプロデューサー、ダブルインタビュー

『進撃の巨人』ゲームプロデューサー、ダブルインタビュー

2014-04-12 13:00 投稿

ニンテンドー3DS(以下、3DS)版とスマホ版の『進撃の巨人』のゲームを作った渡辺一弘(わたなべ かずひろ)氏と渡部紋歌(わたなべ あやか)氏(偶然にも!)。ふたりのプロデューサーに、ゲーム開発の裏話を交えながら、開発のコンセプトと今後の展開について話をうかがった。

「進撃の巨人」攻略まとめサイトはこちら

 

▲スパイクチュンソフト プロデューサー 渡辺一弘氏(写真左)、ディー・エヌ・エー プロデューサー 渡部紋歌氏(写真右)。

 

ゲーム開発の秘話

──まず、3DS版『進撃の巨人』のゲームを作るきっかけについてお聞かせください。

渡辺一弘氏(以下、渡辺) 僕は『進撃の巨人』のマンガをずっと読んでいて、ゲームにしたらこんな内容になるのではないかな、と想像していました。僕が過去に携わってきたゲームの中に、ワイヤーアクションを使ったものがいくつかあったので、こうやったらこうなるだろうな、という部分がぼんやり想像はできたんですね。その発想があったうえで、その後にアニメ化される話があり、そしてゲーム化の話につながりました。

──スマホ版についてはいかがでしょうか?

渡部紋歌氏(以下、渡部) 私も『進撃の巨人』のマンガがすごく好きでハマっていたんです。アニメが放送されてから、社内でも「この作品がすごい!」という話で盛り上がり、「なんとかゲームアプリにできないだろうか」という話が出たのです。ちょうどそのとき、アプリ業界では“リアルタイムストラテジー”という、オンラインでユーザーどうしが戦うゲームが流行ってきていました。そこで、『進撃の巨人』ならこのジャンルにマッチするのではないかということで、このプロジェクトがスタートしました。

──スマホ版の“巨人どうしで駆逐し合う”という設定は、原作にない要素です。このアイデアはどこから生まれたのでしょうか。

渡部 設定としては原作からだいぶ離れているため、「アナザーストーリー的な位置づけをしましょう」と、早い段階で割り切って決めていました。オリジナルの女性キャラクターがいるのは、そうした発想から生まれた要素です。

お互いのゲームを遊んだ感想は?

──お互いのゲームを実際に遊ばれた感想をお聞かせください。

渡辺 先ほど3DS版の構想段階の話をしましたが、そのときに浮かんでいたアイデアの中に、じつはいま渡部さんがおっしゃっていたスマホ版のコンセプトに、ちょっと近いものがあったんです。ただ、3DS版は入力ボタンがたくさんあるので、思い切って気持ちよく遊んでもらおうという方向性に決めました。

──では、3DS版『進撃の巨人』を遊ばれた渡部さんの印象はいかがでしょうか?

渡部 めちゃめちゃ楽しませていただいています。とくに立体機動のアクションのところがお気に入りです。少し遊んだだけでも、アニメを忠実に再現されている感じがします。じつはスマホ版の開発途中で、「立体機動のダイナミックさがなくてもいいのか?」と思案したのです。でも、「立体機動がやりたい人は、3DS版をやればいいんだ」と自分を納得させました(笑)。

ゲームへのこだわりと開発の苦労

──おふたりが作品を作るうえで、こだわった部分や苦労したことについてお聞かせください。

渡辺 開発がスタートしたのがアニメ放送の前で、いただいた資料をベースにしてゲームを作っていました。ところが、開発中にアニメの放送が始まって、その映像を見てみると……立体機動の映像がすごいことになっていました。クオリティーが想像以上に高くて、この『進撃の巨人』という作品を象徴するシーンになっていたのです。作品のファンがゲームを遊べば、必ず立体機動のシーンを想像するはずなので、ゲームの演出をいちから手直しする必要がありました。

あと、巨人の弱点が“うなじ”というところですね。これは作品の設定上揺るがないところなのですが、どの巨人に対してもただ“うなじ”を狙うだけのゲームでは、あまりにも単純になりすぎてしまいます。そこで、“うなじをどう狙うか?”という過程のバリエーションをゲーム化していこうと考えました。

──スマホ版についてはいかがでしょうか。

渡部 スマホ版は、ある意味、主人公が“巨人”のほうになるのですが、この巨人を自分の身代わりみたいな感じでユーザーに受け入れてもらうにはどうしたらいいのか、かなり悩みました。原作を知っている人からすると、“巨人は敵”というイメージが強くて、どうしても感情移入しにくいのです。社内でテストプレイをやっても、「巨人が気持ち悪すぎてできません」なんていう意見が出ていたくらいですから(苦笑)。そこで、巨人をなるべくキュートな感じに寄せつつも、原作のちょっと異形なテイストもしっかり残す、というところに落ち着かせました。この点が難しかったところです。

──それでは最後に、ユーザーへのメッセージをお願いします。

渡辺 プレイしていただいた方には、たいへん感謝しています。あと、アニメを見た方がゲームをプレイされて、満足していただけるものになっていればとてもうれしいです。

渡部 遊んでいただいているユーザーの皆さま、本当にありがとうございます。「楽しんでいます」という感想が多く寄せられており、とてもうれしいです。今後はアップデートをしながら、よりいっそう楽しめる作品を目指していきます。『進撃の巨人』ファミリーの一員として、今後ともよろしくお願いします。

「進撃の巨人」攻略まとめサイトはこちら

進撃の巨人 -自由への咆哮-

ジャンル
戦略バトルゲーム
メーカー
ディー・エヌ・エー
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 5.1以上(iPhone 5に最適化) 、Android 2.3 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧