1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ドラゴンポーカー>
  4. スペシャルダンジョン>
  5. 魂を誘う死神>
  6. 【ドラポ部】復刻“魂を誘う死神”攻略と報酬まとめ

【ドラポ部】復刻“魂を誘う死神”攻略と報酬まとめ

2014-04-11 15:22 投稿

『ドラポ』の公式画集&攻略冊子
Art Work of DRAGON POKER
5月30日発売決定
★Amazonでの予約はこちら!

強い聖属性

アソビズムが提供するiPhone、Android向け『ドラゴンポーカー』にて、現在開催中の復刻スペシャルダンジョン“魂を誘う死神”。本イベントの内容と報酬をまとめます。

▼イベント概要はこちら
※『ドラゴンポーカー』復刻ダンジョン“魂を誘う死神”開催

今回の復刻ダンジョンで入手できる限定カードは、ゲヘナ(SS)と3種の死神専用武器。いずれもボス撃破報酬などで獲得できるブラックメダルやドラゴンメダルで交換できる。(交換期限は4月27日午後11時59分まで)

イベント限定カード

死神ゲヘナ
必要枚数
ドラゴンメダル200枚
ブラックメダル10枚
コスト:30
種族:神、アンデッド
スキル:死神の鎌
敵に斬属性の小ダメージを与える(死神の鎌を子分にするとスキル変化)
子分スキル:死をもたらす影
親分が4のとき、与ダメージ35%UP、被ダメージ10%軽減

専用子分をセットすることで、大ダメージ、割合ダメージ、HP吸収のいずれかに変化するスキル性能が魅力。反面、これらの子分を使ってのデッキ入りが前提であるため、メインで使う場合、子分に割くコストが高くなりやすい。

子分スキルは、限定条件ながらハマると非常に強力。4の倍数でスキル威力がアップする“闘神ライヴォル”との組み合わせはロマン。

 

鮮血の鎌
必要枚数
ブラックメダル1枚
コスト:20
スキル:鮮血の鎌
敵に斬属性のダメージを与える
子分スキル:ゲヘナスキル変化
ゲヘナのスキルを「鮮血の鎌」にする(スキルレベルは親分依存)
オーソドックスな専用武器。SSSまで進化させると、性能が斬属性の大ダメージを与えるスキルに強化される。

 

魂狩りの鎌
必要枚数
ブラックメダル1枚
コスト:20
スキル:魂狩りの鎌
敵に斬属性の小ダメージを与え、HPを吸収する
子分スキル:ゲヘナスキル変化
ゲヘナのスキルを「魂狩りの鎌」にする(スキルレベルは親分依存)
斬攻撃にHP吸収が付いた専用武器。進化させるとHP吸収量とダメージ性能がアップし、SS+で与ダメージの20%弱のHP吸収量。スキル表記は、“斬属性の小ダメージ”(SS)→“斬属性ダメージ”(SS+)→“斬属性の中ダメージ”(SSS)に変化。また、ゲヘナのスキルレベルが上がるとダメージ倍率が上昇する。

 

半殺しの鎌
必要枚数
ブラックメダル1枚
コスト:20
スキル:半殺しの鎌
敵に現在HPの5%のダメージを与える(失敗あり)
子分スキル:ゲヘナスキル変化
ゲヘナのスキルを「半殺しの鎌」にする(スキルレベルは親分依存)
割合ダメージが狙える数少ないスキル。HPが高い相手にほど効果を発揮する。ゲヘナのスキルレベルが上がると成功率が上昇し、成功率は体感で20~50%(大雑把w)くらいな印象。進化させると割合%がアップ(5%→7%→10%)する。

もっとも扱いやすいのは、シンプルな斬攻撃である“鮮血の鎌”。ただし、火属性の斬スキル持ちには優秀なカードが多いため、メインデッキから外れやすいことを考慮したい。

魂狩りの鎌”は、弱点をダブルでつける相手(森・斬)には、ダメージが出る分、十分な吸収量がある。反面、それ以外のシーンでは扱いづらい。

そして、最近の対ゼウス、対巨兵クロノスなど、HPの高いボスを相手に活路があったのが“半殺しの鎌”。ただし、コロシアムへの持ち込みは絶対に禁止。というもの、全体化込みの自チーム渾身のファイブカードが、ゲヘナの半殺しの鎌、そしてオールミスという事態に発展したことがあり、あやうく命ヲ刈リ取ラレル思いしたためである。危険。

報酬メダル

今回のイベントで入手できる報酬は、ブラックメダルが全部で33枚と、ドラゴンメダルが全部で450枚。

▲現状、イベントでしか手に入らないブラックメダルは、優先して交換しておきたい。

ゲヘナの交換、DRAまで進化させるのにブラックメダルが30枚が必要であり、専用武器をSSSへ進化させるには、さらに10枚……。つまり、今回のメダル報酬だけではゲヘナと鎌の両方を最終進化させることができない。

▲専用武器もSS+からSSSにする際に覇王の指輪が必要に。進化分岐の1は、初回開催時の進化素材を使った進化。

そこで考えられるのが以下のような選択。

■ゲヘナと鎌1本
進化に必要な覇王の指輪は後でも交換できるため、とりあえずゲヘナと好きな鎌1本を交換しておく。ブラックメダルにすると11枚なので、鬼級クリアーまでで到達できる。けっきょくどちらも使わなかった、というムダな交換にならないよう注意。

■半殺しの鎌専用要因
ゲヘナを半殺しの鎌専用(または子分専用)要因として考えるのであれば、ゲヘナ自体を進化させる必要性は低い。この場合、ゲヘナと鎌の交換、および鎌をSSSに進化させるのに合わせて21枚のブラックメダルが必要に。竜級クリアーが条件になる。

■交換しない
今回は思い切ってスルーするのも手。ブラックメダルを貯めておく。

とどのつまり、今回の限定カードは、ゲヘナのメインデッキ運用よろしく、貴重なブラックメダルを使うにはコストパフォーマンスが低め。じっくり考えること。

 

ドラポ部部長、出番なし

痛恨の就寝(☞ドラポ部部長、痛恨の)で育成が間に合わなかったヨハン先生。

▲真の祓魔師へ。

なったはいいが、じつはあまり出番がない。

と言うのも、上位プレイヤーに囲まれると、クレアやガチヨハンが文字通りゲヘナを一瞬で浄化。封印スキルの必要性も低く感じられるほどの状況なのである。

そうは言っても、基本戦術は? と問われると、やはり封印を主軸に、ということにはなるのだろう。

最近では、強化素材目的の周回で、上位プレイヤーがどの階級にも交じることが多いため、彼らの手札に合体スキルや数字を合わせるのもひとつの立ち回りになりつつある。

ただし、【神級】に限っては、封印が決まるとゲヘナが特殊行動を使用してくるうえ、被ダメージが高いため、やはり特攻スキル、合体スキルは全員が持って臨みたい。

▲“死神ノ逆襲!”は、封印解除に加えて、全体への強烈な多段攻撃。

封印を重視しすぎて戦闘が長引くと耐え切れないケースが増えるため、理想は速攻撃破。聖属性と合体スキルがうまく絡めば、ワンターンキルもある。

ただ、そうなると安定した攻略を求めるより、もうそのパターンだけでよくね? ……というわけで、部長、記事でも出番なし。(ドラポ部部長)

『ドラポ』の公式画集&攻略冊子
Art Work of DRAGON POKER
5月30日発売決定
★Amazonでの予約はこちら!

ドラゴンポーカー

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4S 以降、Andoroid 2.3.3 以上(一部機種は未対応の可能性があります)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧