1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト>
  4. 闘技場>
  5. 『DQM スーパーライト』実装されたばかりの“闘技場”をさっそくやってみた

『DQM スーパーライト』実装されたばかりの“闘技場”をさっそくやってみた

2014-03-31 15:21 投稿

『DQM スーパーライト』のアイテムが付いてくる!
『ファミ通App NO.014 iPhone』発売中
★Amazonでの購入はこちら!

待望の対戦システムが実装

『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』で、アプリのバージョンアップが実施。待望の対戦用(PvP)コンテンツ“闘技場ライト”が公開され、2014年3月30日から遊べるようになった。闘技場コンテンツは段階を分けてリリースされることがアナウンスされており、今回はその第1弾。基本となる仕様で友だちと対戦が行えるようになっている。

この記事では、新実装の闘技場ライトがどのようなものなのか、写真を多めに使用してお伝えしていく。

まずは実装されたモードを確認

ゲームを立ち上げると、メニューに“闘技場”の項目が! これを選択することで闘技場ライトをプレイすることができる。ちなみに以前まであった“フレンド”のメニューは、“その他”へ移動している模様。わたぼう曰く、報酬としてジェムがもらえるとのことなので、積極的にバトルをしていきたいところだ。

闘技場を選ぶと、通常は下の写真のメニュー画面へと移行。項目は“パーティを組む”、“ともだち対戦”、“戦績を見る”の3つと、シンプルな作りになっている。この場でパーティを編成できるのは便利。

対戦用パーティを組んだので、さっそくバトルに挑みたい! ということで、ともだち対戦を選択。現状は、ルール設定を終えた後に発行される“対戦コード”を、相手に入力してもらうことでのみバトルが可能。ツイッターやLINEに投稿するか、直接伝えて対戦コードを入力してもらおう。見知らぬ人との対戦は遠慮したいという人は、“フレンド以外をブロックする”の項目にチェックを入れておくといい。

ルールを決めると、相手が対戦コードを入力するまで待ちの状態となる。しばらく待つことになるので、あらかじめ本体の設定で自動ロックまでの時間を長めに設定しておくことをオススメする。うっかりすると自動ロックが発動して画面が消え、通信エラーになってしまうので要注意。

熱いバトルは健在!

記念すべき初戦は勝利で飾りたいため、対戦相手は“無課金プレイ日記”でゲームをイチから始めたばかりのメルヘン須藤に。さすがに、レベル無制限の設定ではかわいそうなので、レベルをいい感じに調整してくれる“おまかせ調整”を選択してあげた。

▲下側が筆者(ウワーマン)のパーティ。オールSランクのつもりだったが、育成中のマカロンゴーレムが混じっていた。ザコ(メルヘン須藤)相手だから、かまわないだろう。
▲待ち時間は30秒に設定。5体分の行動を入力するため、けっこう短く感じる。
▲余裕かと思いきや、キメラの“火の息”2連続で大ダメージを食らい、まさかの壊滅状態に。
▲間違って編成していたマカロンゴーレムが善戦したものの……。

結果は敗北まじか(笑)。おまかせ調整にしていたため、相手に合わせてパーティのレベルが下がったのはいいのだが、とくぎをまったく使用できなくなる事態に。高ランクモンスターは、ある程度育たないととくぎが使用できないため、低レベルに調整されると危険ということが判明。

▲惨敗したが、ジェムをもらえてご満悦。

気を取り直して、おつぎは“モンスター図鑑コンプリートへの道”を担当している、いーです井手とガチバトル。とくぎが使用できないと困るので、今度はレベル“無制限”に設定してみた。

 
▲上が井手、下が筆者のパーティ。メンツが若干かぶり気味だ。
▲回復が厄介なので、スライムベホマズンを集中攻撃することに決定。
▲バザックスが倒されたが、こちらもスライムベホマズンを倒して4対4に。
▲弱体化はしたものの全体攻撃のいなずまがウザい、サンダーバードの討伐に成功。勝利は近い!?
▲井手のバザックスのスクルトのせいで攻撃が当たらず。そうこうしているうちに、会心の一撃でベリアルが倒されてしまった。
▲一進一退の攻防が続いたものの、10ターンが終わって時間切れ。けっきょく、敗北。なお、こちらのほうが生き残っているモンスターは多かったのだが、判定はどのように行われているのだろうか?

2連敗を喫してしまったが、戦いの興奮はいまだ収まらず。正直言って、バトルはめちゃくちゃおもしろい! 現状は、バトル開始までの手続きが少々面倒なのがネックとなっているが、これは遊ばないと損レベルの出来栄え。複雑なルールはいっさいないので、初心者プレイヤーはいまのうちにバトルの雰囲気に慣れておくといいんじゃないだろうか。

筆者も含め、けっこうやっているプレイヤーは、対戦コードの入力なしでマッチングしてくれるシステムの早期実装を切に願ってしまうと思うが、段階的に仕様が解放されるとのことなので、とりあえずはガマン。現状の闘技場ライトをじっくりと堪能しながら、つぎのバージョンアップを待ってみたい。

(担当:ウワーマン)

▲攻略まとめはこちら▲

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト

ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS6.0以降、Android OS4.0以降

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧