1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】『こんなフリーキックはイヤだ』“絵”と“動き”で魅せる笑いのセンス

【個人開発ゲームを斬る】『こんなフリーキックはイヤだ』“絵”と“動き”で魅せる笑いのセンス

2014-03-10 08:30 投稿

頭を抱える

小学校の卒業文集に記した、“全日本への思い”。
たゆまぬ努力を続け、夢のピッチへ立ったその男は、ボールの位置調整をしながら、思わずこうつぶやいた。

『こんなフリーキックはイヤだ』

▲ツッコミたい気持ちを抑えて
▲シュート!

蹴りたい方向を調整して、ディフェンダーの間を抜いて、シュート!
やることはこれだけ。
フリーキックですから。

ディフェンダーが!?

▲チャリで来た
▲シュート!

ディフェンダーが、チャリに乗っています。
気にせず、シュート!

▲チューチュー!
▲トレイン!

ディフェンダーが、リズムに乗っています。
気にせず、シュート!

▲レベル1
▲レベル2

レベルが上がった!
でもやることは変わりません。

ここからは

▲何もない?
▲ふぁ!?
▲アノ人を捜せ?
▲トンチ好きの小坊主?

ここからは隙をつくだけではなく、“謎”を解いていかないといけません。
W杯で勝ち抜くには、知恵も必要なのです。

▲異種格闘技戦その1
▲異種格闘技戦その2
▲白い化け物
▲ごめんね……

といった感じの、発想がぶっ飛びすぎているシチュエーションが、イロイロ用意されております。
こんなおかしなアプリを産み出した“ハップ”さんのことが気になったので、イロイロ聞いてみました。

Q1.どうしてこんな変なアプリを作っちゃったんですか?

以前『オーバーヘッドキック』という微妙なアプリを作っていたとき、そのゲームのラスボスだけ“おもしろディフェンス”にしたのですが、“これ全ステージおもしろディフェンスでいいんじゃない?”と思い、次回作はシンプルにフリーキックとして作ろうと思ったのがキッカケです。

Q2.へんなアプリを作るのにはどれぐらいかかるんですか?

制作期間は2週間ぐらいです。
前述の『オーバーヘッドキック』という、やや微妙なアプリがプログラムもとになっているので、ネタ出しとイラストに時間が掛かりました。

Q3.苦労した点はどこですか?

かなり微妙なアプリ『オーバーヘッドキック』が、イタリア、スペインなどサッカーの盛んな国で多くダウンロードされていましたので、このアプリも世界で出したいと思いました。
ですので、世界で通用する“お笑い”にしたいため、ネタ出しには時間が掛かりましたが、思い切って“イッセー尾形”さんに憑依し、無事言葉に頼らず“絵”と“動き”だけで伝えることに成功しました。

Q4.前作の『オーバーヘッドキック』はよっぽど微妙なんですね! そっちの方が気になってきました!ところでお気に入りのステージはどれですか?

“ビート●ズ”のステージですかね。
アビーロードネタはベタですけど、それを謎解きネタにまでもっていけたのはよかったです。

Q5.モロにグループ名を言っちゃう感じですね! リリース後の反響はどうですか?

iPhone版は出してまだ2週間程度なのですが、iPad総合無料2位、あとなぜか韓国でiPhone総合無料5位になりました。
海外のレビューがけっこうおもしろく、“日本代表はワールドカップのために特殊な練習をしているぞ!”、“このアプリの開発者は何の薬をやっていますか?”、“(ディフェンダーのユニファームが赤なので)韓国代表をバカにしている!”などなど、国は違ってもアプリを楽しんでくれているようでうれしいです。

Q6.国際問題に発展しそうですね! どうやったらこんなセンスを手に入れられますか?

いえ、ぜんぜんセンスないんでやめてくださいっ!(このやめてはやめなくていいほうのやつ)

Q7.あ、ちょっとメンドクサイ感じの方なんですね! では、尊敬している芸人さんなどいらっしゃいますか?

尊敬しているのは、伊集院光さんですね。
私が中学生のころからずっとラジオの第一線でご活躍されていて、学生時代はネタはがきも投稿してましたし、いまでも仕事しながらラジオ聴いているので。
以前作った『バッティングセンター』というアプリも、“深夜の馬鹿力”を聴いていて作ろうと思ったアプリです。

Q8.ちょいちょい過去作の宣伝いれるのヤメてもらっていいですか? 最後に何かひと言お願いします!

『こんなフリーキックはイヤだ』は現在新たなステージを追加するため絶賛“憑依中”です。
ますます微妙なアプリになりそうなので、クリアーしても削除しないで“思い出”フォルダに入れておいてくださいね!

思い出は思い出のままのほうがいいかもしれませんが、とりあえずフォルダにひとつだけでは寂しいので、過去作『オーバーヘッドキック』と『バッティングセンター』もいっしょに入れておいてみてはいかがでしょうか!

『オーバーヘッドキック』

『バッティングセンター』

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

こんなフリーキックはイヤだ

メーカー
hap Inc.
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS 4.3 以上、Android 2.2 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧