1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 姫騎士と最後の百竜戦争>
  4. 【動画あり】『姫騎士と最後の百竜戦争』 攻めと守りの駆け引きがクセになる

【動画あり】『姫騎士と最後の百竜戦争』 攻めと守りの駆け引きがクセになる

2014-02-07 22:00 投稿

最新動画とともにプレイインプレッションをお届け!

面白法人カヤックが手掛けるiPhone、Android向けアクションRPG『姫騎士と最後の百竜戦争』(以下、『姫ヒャク』)。ついに2014年2月7日よりAndroid版のサービスがスタートした。今回、配信されたばかりの『姫ヒャク』の魅力を、最新動画とファミ通App編集部のプレイインプレッションでお届けする。

[関連記事]
※【新作】これは新しいアクション カヤックの渾身作『姫騎士と最後の百竜戦争』Androidで配信

『姫ヒャク』の世界観まる分かりな公式PV!

まずは、『姫ヒャク』の公式プロモーションビデオを用意したのでご覧いただきたい。本作は面白法人カヤックのファンタジーRPG『英雄になりたい!』シリーズ最新作。百竜を従えた混沌の魔女フェルトの侵略により、かつてない厄災に見舞われたオルガ大陸の平和を守るため、そして人類存亡を賭けて姫騎士が武器を取り、精霊たちの力を借りて強大な力を持つ百竜の討伐を目指すという、壮大なストーリーが描かれたアプリだ。このPVは、そんな『姫ヒャク』の世界観がひしひし伝わる内容になっているのでこれからプレイする人はチェック!

シンプルな操作の中にある攻防の駆け引きにハマる

待ちに待った『姫ヒャク』が配信されたことを知り、本作が発表されたときから楽しみにしていた筆者は早速プレイしてみることに。『姫ヒャク』は、オルガ大陸のエリアごとに用意されたクエストに挑み、各エリアの最後に待ち構えるボスを倒してつぎのエリアを開放するのがゲームのメインモード。

▲こちらが『姫ヒャク』のマイページ。
▲ステージ選択画面。エリアごとに複数のクエストがあり、スタミナを消費してこなしていく。クエストの最後にはエリアボスが登場。撃破すればエリア開放となる。

クエストごとにモンスターとのバトルをくり広げるのだが、このバトルがシンプルながらクセになる。基本的な操作方法は、モンスターと対峙すると画面に表示されるATTACK、DEFENSEのアイコンをタップするだけ。ATTACKは装備している武器で敵を攻撃してダメージを与え、DEFENSEは敵の攻撃を防ぐという、アクションが苦手な人でも楽しめるのが『姫ヒャク』のバトル。わかりやすく例えるなら、”叩いて被ってジャンケンポン”のようなイメージだ。

▲目の前に敵が現れたらバトル開始! 画面下の右にあるATTACKをタップすると。
▲敵にダメージを与えることに成功!

敵は攻撃する前の予備動作をするので、攻撃しながら動きに注意を配り、攻撃モーションに入ったら防御。これだけ聞くとシンプル過ぎると思うかもしれないが、そんなことはない。攻撃したあとしばらく間をおいてから攻撃してくる敵は防御しやすいが、2回連続攻撃で攻撃してくる敵は1回目防御できたからと安心して攻撃に転じようとしたら2回目の攻撃を受けてしまったり、野球でいうチェンジアップのように防御するタイミングをズラされたりと、敵の攻撃パターンは多彩だ。

▲画面左下のDEFENSEをタップすると、一定時間敵の攻撃を防御する。連続攻撃してくる敵に対しては、DEFENSEを数回タップして攻撃を凌ぐことも。

さらに、敵の攻撃力が高いと防御してもダメージを受けてしまうのだが、敵の攻撃をタイミングよく防御すると”PARRY(パリィ)”が発生してノーダメージに。さらに敵をひるませることができるので、その隙に反撃をすると大ダメージを与えられるのだ。敵の攻撃をうまくさばいて反撃する一連の流れが決まったときの爽快感は格別。プレイヤーと敵の攻防の駆け引きこそ、『姫ヒャク』のバトルの魅力だと感じた。

クエストに持っていく武器も重要。何も考えずに闇雲に武器で攻撃するだけでは、のちのちバトルで勝てなくなってくる。なぜなら、装備している武器の種類と敵には相性が存在するから。武器の種類は剣、弓、杖、メイスの4種類あり、例えば、飛んでいる敵に対しては弓が効果的だったり、剣やメイスが効かない敵に対しては杖が有効だったり。クエストに持って行ける武器は最大3つ(+ほかのプレイヤーの武器ひとつ)。また、各武器はバトル中に使い続けるとスキルゲージが溜まり、MAXになるとスキルを発動させることができる。ゲージが溜まったら武器アイコンを長押しし、上方向にフリックすると、強力な攻撃をくり出すことができる。ボス戦などで使うと有利になる。

▲スキルが発動するとド派手なエフェクトとともに、さまざまな効果が発動してバトルを有利に進められる。

クエストに出現するモンスターとの相性を見極め、有利なスキルを持った武器をプレイヤー自身が装備してバトルする楽しさも『姫ヒャク』のおもしろさだ。

強くてかわいい精霊たち

『姫ヒャク』に登場する武器の中には、レア度の高い武器が存在する。これらの武器は聖石というアイテムを使った聖石召喚などで手に入る。そしてレア度の高い武器には、精霊が宿っている。この精霊は多数登場し、独自のスキルを発動させることができるので、精霊が宿った武器はぜひとも獲得したい。何より、精霊はいずれも見た目がかわいいので、すべての精霊を集めたくなる欲求に駆られてしまう(笑)。

▲プレイヤーが装備できる武器の枠は3つ。各武器にはコストが設定されていて、コスト範囲内に収まるように装備デッキをつけよう。
▲レア度の高い武器には精霊が宿っている。精霊にはさまざまな種類が登場するようだ。

武器は素材となる武器を合成して能力を強化させられたり、レア度の高い武器は進化させてより強力な武器にすることができ、レア度が高いと装備したときに姫騎士のコスチュームも変化。主人公である姫騎士自体も精霊たちに劣らないかわいらしさなので、彼女のいろいろな姿を見てみたいというモチベーションも筆者の胸の中に密かに芽生えた次第だ。

仲間とのつながりを感じられるレイドボス戦

ゲームプレイ中、突然発生する『姫ヒャク』のレイドボス戦”百竜討伐”は、ほかのプレイヤーと協力してドラゴン(レイドボス)の撃破を目指すイベントだ。

レイドボス戦は討伐Pを消費して参加し、制限時間内に倒せないと報酬がゼロになってしまう。レイドボスでしか手に入らない貴重な報酬があるがドラゴンはとても強く、ほかのプレイヤーと力を合わせなければならない。筆者もさっそく参加してみると、レイドボスはその見た目もパンチが利いているが、受けるダメージが尋常ではなく大きい。

▲レイドボスの攻撃力は絶大! いかに強くてもひとりで勝つことは不可能と言えよう。

これはたしかに多くのプレイヤーが力を合わせなければ、ひとりで勝つなど不可能に近い。ほかのプレイヤーの活躍もランキング等でチェックできるので、「俺はひとりじゃない! みんながいる!」と勝手に熱くなってしまい、クエストを中断して夢中で戦ってしまった。ちなみにレイドボス戦では、ほかのプレイヤーとLobi(ロビー)を介して作戦会議をすることもできる。このレイドボス戦が『姫ヒャク』における、ほかのプレイヤーとのつながりを感じられる瞬間と言えよう。

そのほか、『姫ヒャク』には期間限定クエストや新たな武器を獲得できる召喚など、クエスト以外の要素も盛りだくさん。興味を持った人はぜひゲームをプレイしよう。


姫騎士と最後の百竜戦争

ジャンル
アクションRPG
メーカー
面白法人カヤック
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone、Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧