1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ドラゴンポーカー>
  4. スペシャルダンジョン>
  5. 神鏡のアマテラス>
  6. 【ドラポ部】“神鏡のアマテラス”限定SSアマテラスの入手&進化について

【ドラポ部】“神鏡のアマテラス”限定SSアマテラスの入手&進化について

2014-02-05 20:10 投稿

“ブラックメダル”登場

アソビズムが提供する『ドラゴンポーカー』にて、現在開催されているスペシャルダンジョン“神鏡のアマテラス”。まずは、本イベント報酬の詳細について、ドラポ部部長がお届けします。

▼イベント概要はこちら
『ドラゴンポーカー』最高神の試練“神鏡のアマテラス”本日開催
▼イベント攻略はこちら
【ドラポ部】“神鏡のアマテラス”攻略は「フラッシュ<ワンペア」

限定カード入手法

まずは、今回のイベント限定カード入手方法について。こちらは従来とは若干異なり、ダンジョン難易度ごとに設定された、“ミッション”達成で獲得できる“ブラックメダル”(アマテラスのみ、加えてドラゴンメダルも必要)と交換で手に入る。ミッションの詳細と、達成時のメダル獲得枚数は以下の通り。

▲ブラックメダルは、中級以上のミッションから獲得可能。左はドラゴンメダル。

交換できるカード

そして、限定カードの詳細と交換する際に必要なメダルの枚数がこちら。

禍斗
必要枚数
ブラックメダル1枚
コスト:17
スキル:瘴牙
敵に咬属性のダメージを与え、確率で毒状態にする
子分スキル:剛腕の使い魔
親分が神のとき、与ダメージ10%UP
猫又
必要枚数
ブラックメダル1枚
コスト:17
スキル:化け三味線
敵に爪属性のダメージを与え、確率で混乱状態にする
子分スキル:体力の使い魔
親分が神のとき、被ダメージ3%軽減
雷獣
必要枚数
ブラックメダル1
コスト:17
スキル:雷突
敵に突属性のダメージを与え、確率で麻痺状態にする
子分スキル:技力の使い魔
親分が神のとき、スキル威力10%UP
アマテラス
必要枚数
ドラゴンメダル200枚
ブラックメダル10枚
コスト:30
スキル:天照鏡
敵全体の防御状態を解除して、解除した回数だけ味方全体に確率で鉄壁防御をする
子分スキル:神鏡の加護
親分がAのとき、スキル威力10%UP、被ダメージ15%軽減

アマテラスのメインスキルは、コロシアムでの運用が主になりそうな効果。子分スキルは現役屈指の性能で、合体スキルなどにも載せられる汎用性の高さも非常に魅力的である。

限定Sカードの中では、同じくスキル属性を問わずに威力アップが乗る子分スキル持ちの雷獣に惹かれる。メインスキルの麻痺もコロシアムで強い。

アマテラスの進化

というわけで、限定SSアマテラスを手に入れるだけならブラックメダル10枚分のミッションを達成、つまり、最低【上級】のボスを倒せる実力があればいい。(まさかの「ドラゴンメダルが足りない」という人はもうひとがんばり)

が、じつは手に入れてもSSS以上への進化には、さらにブラックメダルが必要だった。

アマテラスの進化素材

◆SS→SS+
◆SS+→SSS
◆SSS→DRA

このいちばん右にある見慣れない進化素材は、“覇王の指輪”。こちらのお値打ち、ドラゴンメダル100枚とブラックメダル10枚でございます。ありがとうございます。

覇王の指輪
必要枚数
ドラゴンメダル100枚
ブラックメダル10枚

そう。どこの世界でも「指輪は高い」。

要するに、現段階でアマテラスを最終進化型であるDRAにするためには、ブラックメダルをプラス20枚。=【竜級】のボス撃破以下、すべてのミッションを達成する必要があるということ。

SSS止まりでいいなら【鬼級】のボス撃破まで。限定Sを1枚でも取ると足りなくなる。

なかなか厳しいようではあるが、たとえ進化させられなくともアマテラスは交換しておく価値オオアリ。大蟻食いである。というのも、先述の通り子分スキルがほかのカードを逸するものであり、SS+止まりでも十分すぎる性能なのだ。また、今後のイベントでブラックメダルを貯められれば、後から進化させることも可能。

このあたりを踏まえつつ、自分のクリアーできるレベルの中で交換するカードを考えていきたい。例によって長くなってきたので、対アマテラス的なことはまた次回お届けします。(ドラポ部部長)

▼対アマテラス的なこと
【ドラポ部】“神鏡のアマテラス”攻略は「フラッシュ<ワンペア」

▲交換の期日(2014年2月23日23時59分まで)が存在するのは“限定商品”内の4種のみ。ブラックメダルを貯めておくのもひとつの手である。

ドラゴンポーカー

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4S 以降、Andoroid 2.3.3 以上(一部機種は未対応の可能性があります)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧