1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト>
  4. 攻略データ>
  5. モンスター>
  6. 『DQM スーパーライト』自パーティ&サポートでも絶対使いたいモンスター

『DQM スーパーライト』自パーティ&サポートでも絶対使いたいモンスター

2014-01-28 19:20 投稿

サポート役は高ランクがいいとは限らない

どのモンスターを育てるか? サポート役はどれを選べばいいか? 本作における、大きな悩みどころのひとつがこれだろう。とくにサポート役は、見慣れないモンスターがけっこう出てくるため、ランクが高いモンスターを適当に選んでしまう人もいるのではないだろうか。そこで今回は、自パーティでもサポート役でもおススメのモンスターを紹介していこう。

[関連記事]
『DQMスーパーライト』 サービス開始4日間で100万ダウンロード突破!
※『DQMスーパーライト』序盤の壁”予言者の塔”までの攻略法を一挙紹介
※『DQM スーパーライト』が2日でiPhoneトップセールス3位までキタ!
※これは来る! ファミ通の歴代『DQM』攻略担当が見た『DQM スーパーライト』
※【新作】 『ドラクエモンスターズ スーパーライト』配信開始 次作は『DQIV』であることも発表

以下の5つの特徴に注目

基本的に、以下の要素を満たすモンスターが自パーティでもサポート役でも有効。なお、本作におけるHP回復は、ダンジョン内で拾えるものでもなんとかなりやすい。自パーティには、回復もできる万能タイプが一体いればほぼ十分だ。サポート役を含め、残り5体を選ぶ際の参考にしていただきたい。

1.状態異常にさせるとくぎを使えるモンスター

どくやねむりなど、状態異常にできるとくぎが便利。ダメージが通りにくいモンスターが相手の場合、どく状態にした後に、ぼうぎょをし続けるという作戦もできる。“○○攻撃”の場合は相手が状態異常にならなくともダメージを与えられるが、ラリホーなどのじゅもん系統の場合はとくになにも残らないのが難点。その系統ならせめて、モンスター全体に効果のあるものを持つモンスターを選びたい。

・モンスター例
おおにわとり(Fランク、ねむり攻撃)、バブルスライム(Fランク、どく攻撃)、ぐんたいアリ(Eランク、ねむり攻撃)、じんめんちょう(Eランク、どく攻撃、マヌーサ)、ベビーパンサー(Eランク、おたけび)、おおめだま(Eランク、おたけび)、グリズリー(Dランク、おたけび)、ひとくい箱(Dランク、あまい息)、ヌボーン(Dランク、マヌーサ)、スペクテット(Dランク、ラリホーマ)、ダークホーン(Cランク、ラリホーマ)、シュプリンガー(Cランク、マヌーサ)、エビルスピリッツ(Bランク、あまい息)、アンドレアル(Aランク、もうどくの息)など

▲じんめんちょうはどく攻撃とマヌーサを両方持つ。レベルが上がれば、まずマヌーサで攻撃の手を止めさせて、どく攻撃につなぐなんてことも。

2.全体への与ダメージが高いとくぎを使えるモンスター

MPの消費が高いため、何度も使えないのが難点。ただし、最初のうちはベギラマ1回で十分相手に重傷を負わせられる。レベルが高ければ、複数回使用も可能だ。ある程度“難易度”が上がってきたら、イオラなどのより威力の高いとくぎを使うモンスターにシフトしよう。

・モンスター例
プテラノドン(Cランク、ベギラマ)、ダークナイト(Bランク、ベギラマ)、アークデーモン(Aランク、イオラ)、べリアル(Sランク、イオラ)など

▲最大MPが増えて複数回使えれば、ベギラマもしばらく役に立つ。

3.1~2回行動できるモンスター

この特殊行動ができるモンスターはさほど多くはいないが、やはり2回攻撃できるのは強い。バイキルトを使えるモンスターが同行していれば、より高い効果が期待できる。Cランクながら、使えるとくぎを持つうえ、2回行動することもあるひとくいそうに注目。

・モンスター例
ひとくいそう(Cランク)、キラーアーマー(Aランク)、キマイラロード(Aランク)、プレジデントガール(Aランク)など

▲ひとくいそうは1回行動のときもあるが、やはりねむり攻撃とラリホーマを使えるのが魅力。

4.味方のステータスをアップできるモンスター

ミスすることなく確実に効果を期待できるスカラ(スクルト)、バイキルトは重宝。ただ、できればスカラではなく、やはりスクルトを持つモンスターを優先したい。ボス戦などの長期戦時には、ピオリムもかなり有効となる。

・モンスター例
スカルブレード(Dランク、バイキルト)、ビーンファイター(Dランク、バイキルト、ピオリム)、オーク(Dランク、ピオリム)、ライノソルジャー(Cランク、スクルト)、かぶとこぞう(Bランク、スクルト)、ローズバトラー(Sランク、バイキルト)、さそりアーマー(Sランク、スクルト、ピオリム)

▲ダンジョンでも遭遇するビーンファイターはバイキルト&ピオリム持ち。

5.HPが高いモンスター

序盤はさほどでもないが、ダンジョンが大きくなってくると意外と重要なのがHP。敵と遭遇する回数が増えることだけでなく、毒の沼地や溶岩などで思いのほかHPを削られやすい。このタイプは、攻撃力が高いモンスターが多いのもポイント。

・モンスター例
ゴーレム(Dランク)、トロル(Bランク)、モヒカント(Aランク)、がいこつけんし(Aランク)、トロルボンバー(Sランク)など

▲めいそうのスキルを持つため、Dランクながら壁役としてもかなり有能なゴーレム。

更新以外のサポートラインアップ変更方法

サポートのラインアップは、“更新”を押すと一部変わるが、“更新”が有効なのは1回のみ。だが、“戻る”を押して再びダンジョンを選べば、また一部変わるのだ。ちょっとだけ手間がかかるが、どうしてもラインアップに満足いかなかった場合は試してみるといいだろう。

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト

ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS6.0以降、Android OS4.0以降

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧