1. サイトTOP>
  2. 【ブレフロ攻略】フロンティアハンターで高得点を稼ぐには?

【ブレフロ攻略】フロンティアハンターで高得点を稼ぐには?

2014-01-24 20:36 投稿

ただクリアーするだけではダメ

帝都ランドールで参加できるフロンティアハンターでは、バトルで得た評価ポイントの合計によってさまざまな報酬がもらえる。当然、ポイントが多いほど報酬もいいものになっていくが、策もなく挑んでも高評価を得るのは難しい。そこで、フロンティアハンターで高評価を得るためのポイントを紹介しよう。

[関連記事]
【ブレフロ攻略】フロンティアハンターに挑む

【ブレフロ攻略】フロンティアハンターで110万点超えを目指す

フロンティアハンターで挑めるエリアはそれぞれ5回のバトルで構成されている。より多くのポイントを稼ぐには、各バトルで獲得可能なボーナスを理解することが大切。おもなボーナスの種類は下記の通りで、各ボーナスでもらえるポイントはエリアごとに異なっている。

【各バトルで獲得できるおもなボーナス】
・スパーク発生:スパークが発生すると獲得できる
・オーバーキル:敵のHPがなくなった後も攻撃を続けると獲得できる
・マルチキル:同じターン内に複数の敵を倒すと獲得できる
・BBキル:ブレイブバーストを使って敵にトドメを刺すと獲得できる
・弱点属性攻撃:敵の弱点となる属性で攻撃すると獲得できる
・アタックボーナス:敵に与えたダメージに応じて獲得できる
・3ターン以内撃破:3ターン以内に敵を全滅させると獲得できる
・アイテム未使用:アイテムを使わずに敵を全滅させると獲得できる

重要なのはオーバーキル、マルチキル、BBキル

高評価を得るために注目したいのが、オーバーキル、マルチキル、BBキル。これらのボーナスを利用したオススメの戦法は、まず敵をターゲットして1体ずつ攻撃し、倒してしまわないように注意しながらHPを減らす。すべての敵のHPを倒せる直前まで減らしたら、後はブレイブバーストを使用して一気に決着をつけるというもの。ブレイブバーストを使う前に総攻薬を使用して、味方の攻撃力を上げるのも評価ポイントを増やすのに有効な手段だ。

なお、エリアをクリアーしたときに味方が一度も戦闘不能にならなかった場合、全員生存ボーナスを獲得できる(復活薬を使って復活した場合は不可)。敵がそれほど強くない未開拓領域・序地や未開拓領域・中部では積極的に狙っていきたい。

ポイントを稼ぎやすいユニットの特徴
・攻撃力が高い
・攻撃のヒット数が多い
・敵全体を攻撃できるブレイブバーストを持っている
【一例】神姫セフィア、夜姫神キクリ ほか

各エリアごとの攻略

未開拓領域・序地
出現する敵が弱めなので、HPを減らそうと攻撃をしけたらそのまま倒してしまった、ということもザラにある。そこでスパーク発生やオーバーキルなどのボーナスを狙って、1体ずつターゲットして集中攻撃を仕掛けていくのがオススメ。味方が十分に育っているなら回復役のユニットを外して、攻撃力の高いユニットでパーティーを編成するのもアリだ。また、ここでは敵がすぐに倒せてしまうため、ブレイブバーストゲージが溜まりにくい。光の覇神アイムや創竜姫アーシェといった、ターン経過でブレイブバーストゲージが溜まるスキルを持つユニットをリーダーにし、ガードをしながらゲージが溜まるのを待つという戦法も有効だ。

未開拓領域・中部
出現する敵が未開拓領域・序地よりも強く、未開拓領域・奥地よりも弱い、ほどほどの難度のエリア。前述したオーバーキル、マルチキル、BBキルを狙っていく戦法でポイントを稼ぐといいだろう。

未開拓領域・奥地
敵の攻撃が非常に激しく支給されたアイテムだけでは回復が間に合わないことも多いため、回復役のユニットをパーティーに入れたい。また、リーダーやフレンドには、特定の属性のユニットのHPを10%上昇させるリーダースキルを持つ☆6のユニットを選ぶと生存率が格段に高くなる。バトルでは、敵のHPを減らしてマルチキルを狙いたいところだが、一度にすべての敵を倒そうとするのは無謀だ。最初に相性の悪い属性のユニットや攻撃力の高いユニットを優先して倒し、それから2体同時、3体同時のマルチキルを狙うといい。

各エリア、バトルに出現する敵の種類はある程度決まっているが、実際に挑戦してみるまで何が出てくるかはわからない。敵の数や種類によってポイントの稼ぎやすさに差が出るため、根気よく何度も挑み好高評価を目指そう。

[関連記事]
【ブレフロ攻略】フロンティアハンターに挑む

【ブレフロ攻略】フロンティアハンターで110万点超えを目指す

▲『ブレフロ』攻略まとめページはこちら▲

ブレイブ フロンティア

ジャンル
RPG
メーカー
エイリム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone/iPod touch/iPad iOS5.1以降の対応機種、Android 2.3以降、Kindle Fire、Kindle Fire HD

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧