1. サイトTOP>
  2. 成人式で盛り上がりそうなパーティアプリをひとりで遊んでみた

成人式で盛り上がりそうなパーティアプリをひとりで遊んでみた

2014-01-12 10:00 投稿

思い出に残る日にしよう

1月13日に控えた成人の日。この日はきっと、久しぶりに会う面々と、懐かしさを覚えながらの楽しい時間となることだろう。しかし、ただただテンプレート通りに成人の日を楽しむというのも味がない。アプリをうまく活用して、成人の日を、ただの同窓会の日にするのではなく、特別な思い出を作る日にしてみてはいかがだろうか?

ここでは、成人の日に使うと、ちょっと盛り上がるかもしれないアプリを紹介していくとともに、実際に使ってみてのレポートも記していくぞ。ただ、レポートに関しては一人で使ってみた場合でのものになるが……。

パーティアプリをひとりで遊ぶとむなしい!(当たり前だw)

それでは、さっそくアプリの紹介とレポートに移ろう。

爆弾パーティ!

価格:無料
メーカー:PocketCraft

架空の爆弾がセットされたiPhoneを順番に回して、爆発した時点で爆弾を所持していた人が負けというパーティゲーム。手っ取り早く罰ゲーム対象を決めるのに役立つ。

▲デフォルト搭載のモードは、箱の中に隠されている爆弾を当てないように、箱を開けていくルール。制限時間以内に決断できなくてもアウトだ。
▲課金をすれば、動物の鳴き声を増やしながら記憶していくモードや、簡単な計算を解いていくモードなど、お題をクリアーして爆弾を回すものが追加される。

【ひとりで遊んでみた】
予想通り、ひとりでやるのはツライ。デフォルトで搭載されている爆弾当てゲームは、ひとりだとただヒントのない『マインスイーパ』のようなもの。無理して一喜一憂してみたが、部屋にこだまする歓喜の声がむなしさを冗長させるだけだった……。しかし、みんなと遊べば『黒ヒゲ危機一髪』的なノリで楽しめるアプリだろう。アプリ内課金を利用すれば、ゲームモードも追加されるので、利用するたびに新鮮に楽しめるはずだ。

合コン宴会にお絵かき伝言ゲーム!

価格:無料
メーカー:tac

お題に沿った絵をiPhoneの画面上に描き、それを次の人へとバトンタッチ。iPhoneを手渡された人は、受け取った画面に書かれている絵をヒントに、お題が何なのかを推察。推察したものをまたiPhoneに描き次の人へと渡していき、最後の人がお題は何だったのかを答えられれば正解。とまぁ、テレビで見る伝言ゲームのイラストバージョンをアプリにしたもの。こちらは、チーム戦での盛り上がりが期待できる。

 
▲基本的にお題はアプリ側が決めてくれるが、出題者がお題を決めることも可能。

【ひとりで遊んでみた】
イラストを使った伝言ゲームは、個性的な絵を描く人がひとりいるだけで、盛り上がりは必至! きっと楽しい時間がすごせるに違いない。試しにこのアプリもひとりでやってみたが……。結果はお察しの通り。答えが分かっているのに、その答えを改めて求められると「お前の絵が下手すぎて伝わらないから、世間様に説明して差し上げろ」と罵られているような感じがする。ツライ。

ミュージック クイズ パーティ

価格:200円[税込]
メーカー:Solaris

iPhone内に保存されている音楽を利用したクイズ数種が楽しめる。イントロクイズはもちろん、曲の最後から曲名を当てるアウトロクイズ、音楽を使った神経衰弱などが収録されている。同じ音楽で育ってきた世代と盛り上がるには、もってこいのアプリ。

▲最大4人まで遊べる仕様となっているが、出題者を用意し、エンドレスモードを活用すればそれ以上の人数でのプレイも可能。

【ひとりで遊んでみた】
自分たちがよく知る楽曲でイントロクイズを楽しめるというのは、なかなかに面白い。話題の最新曲から、中高生時代に流行った名曲など、クイズの傾向を決めるのは、iPhoneの所有者次第なので、クイズの難易度も設定しやすそうだ。それになにより、ひとりプレイ専用の“エンドレスモード”が搭載されているため、ひとり遊びでも十分楽しめるはず! ということで、さっそくソロプレイをしてみたのだが……。私は基本アルバムをiTunesストアでジャケ買い(CDケースの見た目だけで買う形)する人間なので、曲名にはとんと疎いのだ。しかも、その曲たちがiPhone内に大量に入っている。答えられるはずもなかった……。

inReverse Party Game – “ロシアの人気テレビ番組ゲームのアナログ

価格:100円[税込]
メーカー:Silent Media
備考:無料版あり

自分の声や、アカペラで歌った音を録音し、それを逆再生。何を言っていたのか、何を歌っていたのかを当てるゲームができるアプリ。何を言っているのかは当てるのが非常に難しいため、出題をする場合はアカペラで何かを歌って問題にするのが吉。

▲無料版でも機能はしっかりとしており、十分に遊べるぞ。
▲アカペラで歌うものが決められない場合は、下にオススメの曲が表示されるので、これを利用しよう。

【ひとりで遊んでみた】
これは面白い! アカペラで歌った音楽を逆再生すると、メロディーラインが逆になるどころか、歌詞も逆さになってしまう。しかも、歌詞は逆再生されると、母音と子音が逆になる形になる(例:「かきくけこ(kakikukeko)」の逆再生は「おけくきかく(okekukikak)」に聞こえる)ので、解読が困難。音楽的な感性と、頭の柔らかさが問われる。
これは、ひとりでやっても意外と面白い! 答えは最初からわかってしまっているが、自分の声の逆再生を聞く機会というのは、日常ではまずないものだ。ケラケラと笑いながら楽しむことができた。ただ、あまり夢中になってひとりでこのアプリを利用していると、ふいに訪れるであろう虚無感が、心に凄まじいダメージを与えると予想される。ご利用の際は用法用量を守って、正しく利用しましょう。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧