1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 閃光神姫イージスコード>
  4. 『閃光神姫イージスコード』 開発陣vsファミ通Appガチンコ推理戦勃発!

『閃光神姫イージスコード』 開発陣vsファミ通Appガチンコ推理戦勃発!

2014-01-03 12:00 投稿

純度100%混じりっ気なしの対戦が始まる

『アクエリアンエイジ』のカードイラストと、古典ゲーム“マスターマインド”が融合した新感覚のカードバトルゲーム『閃光神姫イージスコード』。

タカラトミーエンタメディアとマトリックスが手掛ける本作に関する記事は、これまでファミ通Appで連載してきた。前回、『閃光神姫イージスコード』のプロデューサー&ディレクターのインタビュー記事が掲載され、本作の魅力や初心者~上級者に向けたアドバイスなど、貴重な情報満載の内容となった。

[関連記事]
※『閃光神姫イージスコード』開発陣が語る! TCGファンからライト層までハマるその魅力

その記事に感化されて気持ちが大きくなってしまった男がいた。そう、“自称”ファミ通イメージキャラクターのファミキングである。どうやら彼は最近『閃光神姫イージスコード』にハマっているようで、連載記事を欠かさずチェック。前回の記事を読み、「相手が決めた3桁の数字を当てるコツも載っておったし、もはやワシに敵なしじゃ!」と自信を付けたというわけ。学生時代、数字を恐れて文系を選択した男とは思えぬ発言だが、ついには「『イージスコード』を作った者どもに勝って、作品の権利をいただくとしようかの」と身勝手な青写真を掲げる始末。周囲の編集者の制止を振り切り、ファミキングは単身『閃光神姫イージスコード』配信元のタカラトミーエンタメディアに向かった。

▲タカラトミーエンタメディアに到着するなり、根拠のない自信を振りまくファミキング。相手の数字を探る推理力など皆無な鈍感力満点のこの男の行く末が、いささか心配である。

正月早々、とんでもない“カブキ者”に目を付けられたタカラトミーエンタメディアだが、受付に客人がいる以上対応しなければならない。同社の佐野芳美女史が、恐る恐るファミキングに接触を試みることに……。

▲まるで変質者を見るような冷たい視線をファミキングに送る佐野女史。ちなみにこの日のファミキングは、いつも履いているスパッツを忘れているため(洗濯して干しっぱなし)、ある意味変質者扱いされても文句は言えない。

「ご用件は?」という佐野女史に対し、『イージスコード』開発者と対戦させろと無理難題をぶつけるファミキング。もちろんお正月なので開発者がいるわけもなく。困った佐野女史が「私でよければ対戦させていただきます」と提案するも「お主に勝っても(作品の権利がもらえないから)意味がないじゃろ!」と聞く耳を持たないファミキングだったが、何かをひらめいたのか、態度を一転させて佐野女史との対戦を決意! 嫌な予感がする……。

ファミキング vs タカラトミーエンタメディア佐野女史『イージスコード』対決!

開発者に勝って作品の権利を奪うという当初の目的からは外れたものの、佐野女史との『イージスコード』真剣勝負に挑むこととなったファミキング。果たして彼は、この戦いに勝利して何を得ようとしているのか!?

ファミキング
【デッキ構成】
炎『渡来愛花』LV55 炎の鼓舞Lv4
森『ラグエル』LV50 不可視の銃弾LV5
炎『星野飛鳥』LV40 魔力の目覚め
森『悪魔の瘢痕』LV42 魂の解放
海『ポーラ・ウァレンティヌス』LV42 ヒールLv4
森『アイアコス』LV45 攻防の波動
炎『バイオミメティクスアーマー』LV40 プロテクトLv4
森『ニーズヘッグ』LV40 森の鼓舞Lv4
 炎『ウェスティ』LV36 ウェスティの助言
▲しつこいようだが、ファミ通のイメージキャラクターを自称する王様。自分がいちばんになれるゲームなら何でも好き。コンセプトはHitを当てるのが得意なので、いいタイミングで魂の解放を使い一気に勝負を決める前のめりなデッキだ。
佐野芳美女史
【デッキ構成】
炎『柳生伊予』LV40 一閃の斬り込みLv4
炎『鹿島栞』LV33 プロテクトLV3
炎『各務柊子』LV33 瞬息の叩き込みLv3
海『ミクト・メンカリナン』LV30 プロテクトLV3
森『亜夜と美夜』LV31 ライフドレイン
海『セクメト』LV30 プロテクトLV3
森『秋月エリ』LV30 瞬息の叩き込みLv3
炎『藤宮真由美』LV21 防御壁Lv2
 炎『猫女将』LV25 ヒールLv2
▲タカラトミーエンタメディアでキャラクター系コンテンツを担当する癒し系お姉さん。好きなゲームは手軽に遊べるライトゲーム。ちなみに今回のデッキは「回復&防御」を強めに組み、持久戦に持ち込み3HITを目指すというコンセプト。

そしていよいよゴングが打ち鳴らされた!

▲パッと見、休憩中にスマートフォンをいじりながら談笑している男女に見えるが、すでにデッキ構築と相手の数字を当てる推理戦が始まっているのだ!

【試合経過~佐野女史の数字(813)、王様の数字(840)~】

1ターン目王様……974を選択して0Hit/0Blow。これで974が候補から外れるので、「まずまずの出足じゃ♪」とご満悦。

1ターン目佐野……1ターン目のダメージを受けて「王様のほうが強そうですね!」と感心する佐野女史は134を選択。0Hit/1Blowとなり、どの数字が1Blowなのか早くも悩むことに……。

2ターン目王様……580を選択して0Hit/1Blow。1Blowながら、カードの攻撃力にものを言わせてかなりダメージを与える。

2ターン目佐野……アクションスキルで防御を固める堅実ぶりを見せた後、567を選択して0Hit/0Blow。567が候補から消え勝負はこれから!

3ターン目王様……さきの1Blowが8と仮定して8残しの861を選択し、1Hit/1Blowに。狙い通りの流れ……なのか?

3ターン目佐野……長期戦に持ち込むためにスキル発動で防御し、1ターン目の1Blowを1と仮定して891を選択。1Hit/0Blowとなり本人的には1がHitと確信か!?

4ターン目王様……8が1Hitだと確信したので、6と1のどちらが1Blowか推理。1を残して812を選択。見事2Hit/0Blow。

4ターン目佐野……2Hitを出されて動揺したのか、1Hitと予想した1を外して093を選択。0Hit/1Blowという結果となり、若干泥沼にはハマった感は否めない。「いつもはこんな感じではないんです……」と力なくつぶやくしかなかった。

▲4ターン目終了の時点で、佐野女史の3桁の数字を導き出した王様は大勝利を大確信してこの不敵な笑み! 正直イラッと来る。

5ターン目王様……974、50(2ターン目で8が1Blowなので)、6と2(3~4ターン目の結果を受けて)が除外なので残る数字は……3。

▲王様、5ターン目で813を選択して見事3Hit! 佐野女史のHPをゼロにして勝利をもぎ取った。

数字が苦手なファミキングが勝利するという結果に驚きを隠しきれないが、冒頭のあの自信はまんざらでもなかったようだ。こんな怪しい男に敗北を喫し、傷心の佐野女史にファキングが追い打ちをかける。「ワシが勝ったということは……わかっておろう? 今度はお主の携帯電話の番号も当てたいのぉ~」と数字をかけて佐野女史の電話番号を無理やり聞き出そうとするファミキング。佐野女史、大ピンチ!

▲「良いではないか、良いではないか」と悪代官ばりにワルノリするファミキング。佐野女史も助けを求めるが、新年早々オフィスに誰もいるはずもなく……。

そのとき! ひとりの男がファミキングの悪行に見かねて事件現場に駆け付けたのだ。その男とは、『閃光神姫イージスコード』を開発するマトリックスの籔田浩昭ディレクターである!

▲会議室から聞こえた佐野女史の悲鳴を聞きつけ、颯爽と現れたの籔田ディレクター。しかし、ファミキングの珍妙な衣装と間抜け面を目の当たりにし、イメージしていた事件現場とのギャップから思わず笑ってしまった!

ファミキング vs マトリックス籔田氏『イージスコード』対決!

まさか新年早々、ディレクターがオフィスにいるとは! しかしファミキング的にはオールオッケー♪ ここで籔田氏を倒せば念願の『閃光神姫イージスコード』の権利を奪えるからだ。ということで、早速ファミキングは「勝負せい! ワシが勝ったらこの女子の電話番号もゲームの権利もいただくぞよ!」と強欲の限りを尽くした要求をする。もちろんここで逃げるわけにはいかない籔田氏も対戦を承諾した。

籔田浩昭氏
【デッキ構成】
森『ラブキューピッド』Lv88 ヒールLv2
森『トライ・オブザーバー』Lv100 防御壁Lv2
森『アイ・オブ・ウィークネス』Lv100 森の鼓舞Lv3
森『ゾアントロープ』Lv28 ヒールLv2
森『ゴールデンレトリバー』Lv87 防御壁Lv2
森『ユニバースシンガー』Lv28 森の鼓舞Lv2
森『クローンホステス』Lv100 力の解放Lv2
森『挑発』 Lv100 プレッシャーLv1
 森『観艦式』Lv100 力の解放Lv2
▲本作のディレクターを務める籔田浩昭氏。過去にリメイク版の『FF3』や『4』、『光の四戦士』、『FFXI(アドゥリンの魔境)』、『ミステリールーム』などを手掛ける。今回のデッキの狙いについては、「基礎的なスキル(防御壁、ヒール、攻撃アップ)をバランスよく使えるような構成にしてみました。またクエストとMP召喚で手に入るユニットで組んでいるのもポイントです」とのこと。

ついに開発者と対決するという当初の目的にたどり着いたファミキングと、ディレクターとしてのプライドを賭けた籔田氏による戦いの火蓋は切って落とされた!

▲ついにラスボス的な立ち位置の籔田ディレクターとの対戦にこぎつけ、ファミキングも気合入りまくり! こんな怪しい男に負ければディレクターの座が危うい籔田氏も静かに闘志を燃やす。

【試合経過~籔田氏の数字(614)、王様の数字(374)~】
1ターン目王様……1戦目と同じデッキで挑む王様。まずは439を選択し、0Hit/1Blowに。まぁ最初はこんなものだ。

1ターン目籔田……934を選択し、いきなり0Hit/2Blowを出した籔田氏。これがディレクターの引きの強さか!?

2ターン目王様……2Blowを出されて若干焦る王様。3が1Blowだと予測して356を選択するも0Hit/1Blowに。これは3は確定なのか? はたまた5か6がBlowなのか?

2ターン目籔田……王様の動揺をよそに、1ターン目の2Blowを確定させるべく、3と4残しの431を選択。0Hit/2Blowとなり、籔田氏の中である程度数字が絞られつつあるようだ。このターンでアクションスキルの防御壁をしっかり使うなど、一切油断はしていない。

3ターン目王様……2ターン目も1Blowだったため、3が当たりの数字か確定させたい王様。3桁目に3を入れた713を選択すると1Hit/0Blowに! これで3は確定か!?

3ターン目籔田……3と4を当たりの数字と判断した籔田氏は、残る数字を探すため、それまで選んでいない267を選択。ここで0Hit/1Blowとなり、ピンと何かひらめいた籔田氏。どれかが当たり数字であることを突き止めた様子……。

4ターン目王様……3以外の当たり数字を探るべく、まだ選んでいない数字を順番に潰す作戦に出る王様。023を選択すると、まさかの0Hit/0Blow。そう、王様が予想していた3はそもそもハズレの数字だったのだ!

▲自分の推理が間違っていたことが判明し、ショックのあまりファミキングもご覧の表情。籔田氏もすでに勝利を確信したのか笑みがこぼれる。

4ターン目籔田……パニックに陥った王様をしり目に、3Hitを確信した籔田氏は、森の鼓舞を発動! 薮田氏のデッキはすべて森属性ユニットのため、攻撃力が大幅にアップ! そして選んだ数字は374……見事に3Hitを叩き出し、王様に引導を渡したのだった。

▲籔田氏は3ターン目まででファミキングの3桁の数字を導き、3Hitで見事に仕留めて見せた。ディレクターとして貫録勝ち!

さすがの推理力を見せて、ファミキングを返り討ちにした籔田ディレクター! 悪事の限りを尽くしたファミキングから『閃光神姫イージスコード』の権利と佐野女史の身を守り抜いたのだ。

▲籔田ディレクターの実力を思い知らされたファミキングは、「まだまだ修業が足りなかったのぉ。一から出直してくるわい……」と王国へと帰っていった。

というわけで今回はファミキングと開発者によりフリーバトルの対戦の模様をお届けした。本作はこのように友だちと顔を突き合わせて対戦することもできれば、ネットワークを介して遠くにいるフレンドやほかのユーザーとも対戦することができる! 数字を推理するハラハラドキドキのバトルは一度体験してみる価値あり! まだプレイしていない人は、『閃光神姫イージスコード』をぜひプレイしてみよう。

※『閃光神姫イージスコード』まとめページはこちら

閃光神姫イージスコード

ジャンル
カードバトル
メーカー
タカラトミーエンタメディア
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone、Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧