1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. Tokyo 7th シスターズ>
  4. 【動画あり】『Tokyo 7th シスターズ』のリズムゲームの全貌が明らかに

【動画あり】『Tokyo 7th シスターズ』のリズムゲームの全貌が明らかに

2013-12-28 16:00 投稿

編集者がHARDに挑戦! 動画におさめました。

iPhone、Android向けスマートフォンアプリ『Tokyo 7th シスターズ』は、近未来のトーキョーを舞台にアイドルたちをトップスターへと成長させていくリズム&アドベンチャーゲーム。総勢50名以上のキャラクターが登場し、アニメさながらのフルボイスのシナリオを全50話収録している点が特徴的だ。スカウトを進めていくことで、笑いあり、涙ありのアイドル成長ストーリーを堪能できる。ファミ通Appでも何度も記事として取り上げてきたが、今回はいまだ謎のままであったリズムゲームパートを中心に、プレイ動画といっしょに紹介していこう。

【事前登録はこちら】

※『Tokyo 7th シスターズ』の公式サイトはこちら

【関連記事】
※つぶやけばPS4が当たるキャンペーン開始! Kz(livetune)氏が手掛ける『Tokyo 7th シスターズ』のOPも公開!
※【動画あり】アニメさながらのボリューム&クオリティー『Tokyo 7th シスターズ』を触ってきた

ユーザーがもっとも気になるリズムゲームにチャレンジ!


プレイ動画はいかがだったろうか? 音楽ゲームに自信のある編集者が何度もHARDに挑戦していたが、簡単そうに見えてじつはこれが意外にムズカシイ……。ここではリズムゲームパートの、基本的な紹介を行っていくぞ。

“ソロステージ”と言われるリズムゲームを遊ぶには、ソロステージチケットが必要。チケットは、ログインボーナスやイベント報酬、課金などで手に入れることができる。アイドルには、親密度やファン数といった項目があり、リズムゲームこなしていくことでふたつの数値が上昇。親密度を一定数以上まで上げれば、そのアイドルとのイベントが発生する。ここでしか見られない、アイドルたちのかわいらしい一面を見ることができるぞ。また、ファン数については、全アイドルのファン数の合計で、プレイヤーどうしのランキングを争っていくことになる。ファン数や親密度は、同じアイドルでも違うイラストのカードを手に入れたり、同じイラストどうしのカードを進化させたりすれば、最大値がアップする仕組みだ。

実際のゲームの流れは、ファン数や親密度を上げたいアイドルをひとり選択。ここで選ぶことができるアイドルは、プレイヤーがカードを入手したことがあるアイドルのみ。そのつぎに、リズムゲームで遊ぶ楽曲を決める。配信開始時は、Kz氏が手掛けるオープニングアニメの楽曲『Star☆Glitter』の1曲のみだが、随時追加されていく予定だ。そして楽曲の難易度(EASY・NORMAL・HARD)を選んで、いざプレイ開始となる。

曲が始まると、画面上にリズムに合わせて☆マークが出現。つぎに、その☆マークに重なるように画面の四方八方から★マークが出てくるので、ちょうど重なるタイミングで画面をタップしよう。タップするのは基本的に画面のどの場所でもオーケーなので、自分なりのタップポジションを見つけ出そう。タップしたタイミングによって、GREAT・GOOD・BAD・MISSと4段階の判定があって、その判定やコンボ数によってスコアーが伸びる。画面左上にはテンションゲージがあり、このゲージが0になるとゲームオーバーになってしまう。もちろんタップの判定で、BADやMISSを連発してしまうとゲージは減ってしまうし、GREATやGOODを出せばゲージは増えていく。

 
 

リズムに合わせて流れてくる星には3種類のパターンが存在し、これによりタップの方法が変わる。

 
▲【ノーマルスター】画面のどこでもタップオッケー
▲【ロングスター】帯の最初の星から最後の星のあいだ画面を長押し
▲【ジャストスター】スターが重なる位置をタップしなければならない

また、もっとも本作のリズムゲームで特徴的なのが、画面上に流れてくる☆マークの出現のしかたが毎回ランダムであること。なので、音楽ゲームでいう“譜面を覚える”というより、“リズムの感覚を覚える”に近い。もともと音ゲーをやっているプレイヤーは、毎回違う譜面で新鮮な気持ちでプレイできることだろう。また、音ゲーに自信のないプレイヤーは、リズムの感覚を体で感じてタップしていけば、EASYやNORMALは経験を積めばラクにクリアーできるはず。お気に入りのアイドルとの親密度をどんどん上げていこう。

担当ライター竹中プレジデントのプレイインプレッション

音ゲー未経験者(ダンスのヤツはちょっとやったことあるくらい)の竹中プレジデントが、『Tokyo 7th シスターズ』のリズムゲームに挑戦。担当編集者と違って、僕は音ゲー自体初めてなので、もちろん難易度はイージーを選択。イージーだと、流れてくるスターの数が少ないので、落ち着いてタップできます。

が、しかし!

ときどき出現する“ジャストスター”や“ロングスター”にまったく反応できずにMISSを連発。うーん……なんでだろ? 少し考えてみると、ノーマルスターが画面上のどこをタップしてもよい、ということが大きく影響しているように思います。気の緩みというか……突然のピンポイント指定(ジャストスター)やホールド(ロングスター)が、一瞬の迷いを生んでしまうようだ。悔しいので、撮影後の打ち合わせそっちのけで練習開始! 周りに邪魔にならないように、イヤホンつけて部屋のすみっこでプレイしました(笑)。イヤホンをつけてプレイしてみてすぐに気づいたのが、音楽がしっかり聞こえると、タップのタイミングが合わせやすいということ。僕のような初心者は、イヤホンをつけてまずはプレイするといいかも? さっき書いた「“リズムの感覚を覚える”に近い」というのは、こういうところからきているのですよ。あと、何度か練習するうちにわかったことは、“ロングスター”と“ジャストスター”が流れてくるタイミングは、プレイごとに変わらないということです! なので、くるタイミングさえ覚えてしまえば、ノリノリでノーマルスターをタップすればいいのです。そしたら、いつのまにか「お、俺いけんじゃん!」なんて思うようになりますよ(笑)。リズム感のない僕でもすぐに慣れることができたので、初心者の方でもすぐにできると思います!

ゲーム要素はすべて出揃った!!

今回ご紹介したリズムゲームパートは、新しいアイドルを発掘するためのスカウトやスカウトの各エリアを達成したときにシナリオを開放するのと同じように、日々ゲームを楽しむ要素のひとつになる。そして、自分のお気に入りの女の子を見つけて、彼女たちだけでユニットを組んでほかのプレイヤーと激しいステージバトルを行っていくことになるだろう。

ファミ通Appでは『Tokyo 7th シスターズ』を何度も取り上げてきたが、本作の魅力を十分におわかりいただけたのではないだろうか? あとは2014年1月上旬の配信を待つのみ、といったところ。配信後も、まだまだ彼女たちの活動を追っていくのでお楽しみに!

iPhone版事前登録でこれもらえる!!

iPhone版の事前登録特典として、登場キャラクター“七咲 ニコル”の限定レアカードをプレゼント! ここでしか手に入らないオリジナルカードをぜひともゲットしよう。

【事前登録はこちら】

※『Tokyo 7th シスターズ』の公式サイトはこちら

Tokyo 7th シスターズ(トーキョーセブンスシスターズ)

ジャンル
アイドル育成リズムゲーム
メーカー
Donuts
配信日
iOS版2014年1月上旬配信予定/Android版今冬配信予定
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧