1. サイトTOP>
  2. カエルの主人公は鉄板!? ドラマティック弾丸アクションRPG『ウチの姫さまがいちばんカワイイ』

カエルの主人公は鉄板!? ドラマティック弾丸アクションRPG『ウチの姫さまがいちばんカワイイ』

2013-11-23 12:00 投稿

カエル×ゲーム=名作の予感!?

ゲーマー諸君に朗報がある。ここに新たなる名作が誕生した。まず思い出してほしいのは『カエルの為に鐘は鳴る』と『クロノトリガー』。ジャンルは違えど、どちらもゲーマーにとっては忘れられない名作である。さて、このふたつのゲームにはある共通点があるのだが、おわかりいただけただろうか? そう、どちらもカエルが大活躍するゲームなのだ! そして、今回紹介するアプリゲーム『ウチの姫さまがいちばんカワイイ』だが、これもまたカエルがバッタバッタと敵をなぎ倒すカエルゲーなのである。つまり、名作になる素質は十分!

本作の魅力は大きく分けてつぎの2点

•指先ひとつで大軍を蹴散らす爽快なピンボール的バトルアクション。ザコ戦も含め戦闘がとても楽しいから、ノンストレスで遊べるぞ!
•登場する姫さまが個性豊かでとにかくカワイイ! 外見だけではなく性格や年齢、趣味まで設定されているので愛着が持てる!

キミもカエル王子となって姫さまを集め、「ウチの姫さまがいちばんカワイイ!!」とニヤニヤしてみない?

▲姫さま以前に案内役の妖精がカワイイじゃないか!! 主人公は呪いでカエルにされた王子さまらしいが……。

ザコ戦も楽しいバトルシステム!

さて、カエルにされてしまったキミの任務は、数回のバトルで構成されるクエストに挑戦して、魔王軍に囚われた各地の姫さまを救うことだ。助けた姫さまにはそれぞれレアリティーや属性、スキル、能力値が設定されていて、パーティを組むことでカエルの能力を補ってくれるぞ。クエストに挑むにはカエル自身の“ヤルキ”が必要。ヨソのゲームならスタミナとか魔力とか表現される例のアレであるが……それはスタミナや魔力と違って、なんとかなるだろ!!(笑)

筆者のツッコミはさておき、気を取り直してバトルの解説をしよう。基本操作はじつにシンプルで、指1本で遊べるようになっている。

▲画面中央のカエルをドラッグし、パチンコの要領で引いて絞って放す!

放たれたカエルは身の丈以上もある大剣を振るい、接触した敵を次々と斬りつけていく。障害物に接触すると反射して曲がるので角度を考えて弾けば連続ヒットし、コンボとなってダメージアップが期待できるぞ。画面右上にある剣のゲージがなくなるまでカエルは跳び回るようだ。

直接敵に立ち向かうのはカエルだけで、そのカエルに力を与えるのが姫さまパーティの役割だ。画面の下部に表示されているアイコンが姫さまの能力値で、色は属性を、剣マークは攻撃力を表している。カエルを弾くとき、1ターン目は1番左の姫さま、2ターン目は左から2番目の姫さま……といった具合に、力を授ける姫さまがスライドしていく。先の画像では、カエルは攻撃力14の水属性で突撃をしかけたというわけだ。

ちなみに、HPの表示がひとつしかないことにお気づきだろうか。それは敵の攻撃を一身に浴びるのもカエルの役目だからだ。姫さまたちには指一本触れさせない……姿はカエルになろうとも、実は男気溢れるナイスなカエルなのだ!

▲敵には円形のHPゲージと数字がついている。この数字で何ターン後に攻撃してくるのかわかる仕組みだ。

カウントダウンをしているのは敵だけではない。実は姫さまのアイコン下にも数字がついているのだ。これがゼロになると、姫さまの特殊能力“姫魔法”が発動可能になる。内容はカエルの体力を回復するもの、弾かれたカエルが敵を貫通するようになるものなどさまざまだ。

▲“静姫 伊勢 静”の“神楽舞”を発動! カエルが4人に分身する超強力なスキルだ! もう画面はハチャメチャ(笑)。

カエルと姫さまたちが力を合わせることで戦闘は進んでいく。『ドラクエ』の作戦でたとえるなら、「おれにまかせろ」である。ステージによっては巨大なボスが立ちふさがることもあるが、ボスは貴重なアイテムを持っているので、戦力を増強するチャンスでもある。序盤のボスは顔見せ程度の強さなので、気軽に挑むといいだろう。

▲最初のボスは威厳……のかけらもなし! カエルも余裕のドヤ顔フィニッシュだ。

ウチの姫さまがいちばんカワイイ

なんだかんだあってクエストをクリアーしたら、お待ちかねの報酬確認だ。手に入るのはカエルのレベルアップに必要な経験値、ゲーム内通貨の“ケロ”、そしてクリスタルである。このクリスタルに姫さまが封じ込まれているのだ!!

▲姫さまはお礼のメッセージとともに“姫の部屋”に入る。プロフィールも個性的でおもしろい。
▲プロフを消してイラスト鑑賞も可能。あれ、下着が見えるようになった気もする……(笑)……きっと幻覚だろう。

このように、クエストに挑んでバトルに勝利し、姫さまを集めるのがゲームの目的。“姫の部屋”に入った姫さまは、パーティ編成や強化・進化が可能となる。強化•進化の仕組みはいわゆる合成なので、ベースは残るが素材にした姫さまはいなくなってしまう。また、不要な姫さま(ひどい表現……)を“国へ還す”ことで、本国から謝礼をもらうこともできる。

▲“姫の強化”で同名カードを選ぶと“愛情度”の上限があがる。愛情度が多いほど、カエルの攻撃時間が延びるぞ。
▲“姫の進化”には特定の姫さまを使わなければいけないが、進化に必要な姫さまの具体的な入手方法が確認できる仕様。これは便利!!
▲一国の姫が50ケロ……だと? 日本円に換算するといくらなんだろう。聞きたくない!

ちなみに、姫さまはガチャでも入手できる。ソーシャル機能(後述)で手に入るポイントで回す“ポイントガチャ”と、課金や特定のクエストクリアーで手に入る“星くずのカケラ”で回す“星くずガチャ”があり、時期によっては特定の姫さまの出現率が上がるイベントなども行っているようだ。こまめにチェックしてみるといい。

▲ガチャ画面ではイチオシの姫さまが確認できる。この姫さまは進化するとスタンドが覚醒!?

パーティ編成についても触れておこう。自分で用意するのは1人のリーダー姫と3人のサブだ。レア度の高い姫さまはリーダー姫にしたときのみ常時発動するリーダースキルを持っている場合があるので、手持ちを確認してみよう。

なかにはかなり強力な効果もあるので、要チェックだ。また、クエストに挑むときには、ソーシャル機能としてほかのプレーヤーのリーダー姫を借りる仕組みになっている。そのままクエストをクリアーすれば“フォロー”が可能となる。“フォロー”した相手から“フォロー”されれば、今後は“ベストフレンド”となって、借りたリーダー姫のリーダースキルが発動するようになるぞ。たくさん“フォロー”されるように、こちらも強力なリーダーを選んでおこう。

ヨソの姫さまもやっぱりカワイイ

紳士諸君にさらに朗報がある。手に入れた姫さまの情報は“姫図鑑”に記録され、パーティメニューからいつでも見返せるようになるのだが、実はこの図鑑、借りたリーダー姫の情報も記録されるのだ! つまり、ソーシャル機能を積極的に使っていけば、入手していない超貴重な姫さまも鑑賞できるのである!

▲妖艶な姫さまもいてドキドキするぜ! 年齢999才、誕生日2月29日なんて濃い設定の姫さまもいるようだ。

ただここで、紳士諸君に悲報がある。「ヨソの姫さまもやっぱりカワイイ!!」というのが正直なところ。しかし残念ながら、ヨソの姫さまはプロフ画面で姫さまの全体像を拝むことができない。実際にその姫さまを救出するまで、プロフのボックスが消えないのである。笑えぬ喜劇だ! ギギギィ……。

そういうわけなので、気になる姫さまを見かけたら、何としてでも自力で入手してほしい。カエルだって、“ヤルキ”と応援してくれる姫さまがいれば絶大な力を発揮できるのだから。さぁ、今こそ姫さまを助ける冒険に旅立とうではないか、紳士諸君! ケロー!!

余談だが、今回のプレイ環境(iPod touch)では少々動作が重く、落ちてしまうことがあった。オプション画面で“高解像度モード”をオフにすれば軽くなりそうだが、オンとオフの差がかなり激しいので悩みどころ。最後に比較の画像も掲載するので、参考にしてほしい。

▲左が高解像度モードをオフにしたもの。画面が大きいほど差は顕著に出てしまう。

『ウチの姫さまがいちばんカワイイ』

ジャンル
RPG
メーカー
サイバーエージェント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 4.3 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧