1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ケリ姫スイーツ>
  4. ステージ攻略>
  5. イベントステージ>
  6. 【姫さま攻略・その31】ハロウィンパーティ到来!

【姫さま攻略・その31】ハロウィンパーティ到来!

2013-10-30 14:16 投稿

『ケリ姫スイーツ』のまとめサイトができました。

味覚の秋。収穫祭。王国ではハロウィンのお祭が始まった。
この日ばかりはモンスター退治もお休みだ。当番の衛兵を除いて、兵士たちはお城に押し寄せる小さなモンスター、子どもたちの相手をするのだ。

▲ハロウィンパーティ開催中!

「トリック オア トリート!」
「はいはい、坊や、壁に落書きしないでね。ドーナツをあげますよー」
「トリック オア トリート!」
「やあ、お嬢ちゃん、武器庫にイタズラはやめて、わたあめをあげるから」
「イケメン オア スイーツ!」
「はいはい、イケメ……、え? なんだって?」
「イケメン オア スイーツ!」
「…………?」
「イケメン……か、スイーツ……ちょうだいよぉ」
「ラット、なんだかこのカボチャ、ヘンだぞ」
「ヘンじゃ……ないわよー」
「おいみんな、このカボチャ頭、脱がすぞ」
「きゃー、やーめーてぇー、もーぅ」
「わっ」
「あっ」
「やっぱり!」

▲公式サイトでハロウィン壁紙をプレゼント!

「姫さまぁ、ナニやってるんですか」
「だってぇ、イケメンとお菓子がほしいんだものぉ」
「姫さま、今日は王家が町の人々を接待する日なんですぞ」
「ハロウィンは、国のために働く人のための収穫祭ですよ」
「姫さま、もう大人なんですから……」
「いいもんいいもん、じゃあひとりでイケメン探しに行ってくるっ」
「あ、ちょっと……おーい、手の空いてるメンバーいるか」
「へへーい」
「姫さまが”プチ家出”だ。同行するように!」
「わっかりましたぁ」

▲スペシャルステージ”ハロウィンパーティ”出現

「なんだか、今日はお月さまも大きいわねー」
「街もハロウィンの飾りでいっぱいですなあ」
「しかし姫さま……」
「なによ」
「みんなカボチャ顔ですな……」
「誰がイケメンなのか、わからないわね」
「いや……これはおかしい」
「どうした、スパイク」
「ハロウィンのカボチャは、ジャック・オー・ランタンというんだ」
「ランタンって、つまり提灯ってこと?」
「そう。魔除けの提灯だ。カボチャを繰り抜いて顔を作り、内側から光らせる」
「かぶり物のお面じゃないんだね」
「まあ、仮装のひとつとして被る人もいると思うけど……」
「みんなが被ってるなんて奇妙だ」

▲仮想した町の人……いや、モンスターだ。

そこへ遠くから悲鳴が……!
「おい、あれを見ろ」
「カボチャが町の人を襲ってる!」
「姫さま、あれはもしかして、本物のモンスターでは」
「そうね。あんたたち、やっつけてらっしゃい!」
ケリッ、ケリッ、ケリッ、ケリケリッ!!
「うぉーーー」
「やっぱりーー」
「パーティの夜もーーー」
「蹴られちゃうぅぅぅーーー!」

ハロウィンステージで蹴りまくれ!

ところで、ハロウィンってなんだろう?
ハロウィンはヨーロッパを起源とするお祭だ。収穫祭の時期に、先祖や家族の霊が帰ってくる。日本のお盆に似ているね。だけど、ハロウィンでは、家族の霊に紛れ込んで、悪霊もたくさんやってくると信じられている。そこで魔除けのおまじないとして、カボチャを繰り抜いたジャック・オー・ランタンを飾った。

この習慣がアメリカにわたってお祭となった。子供たちが悪霊に扮し、ジャック・オー・ランタンを掲げた家に行き「トリック オア トリート!」と唱える。「おやつをくれないとイタズラするぞ!」というわけだ。もっとも実りの豊かな時期に、ご近所との親交を深めようってことなんだね。

ところが、わが王国では子どもたちのふりをしてモンスターたちがやってきた。スペシャルステージ “ハロウィンパーティ” だ。パパグリがカボチャを被り、巨大化アイテムがドーナツからキャンディに変わっているなど、ハロウィンの雰囲気たっぷりで楽しいぞ。

▲巨大化アイテムはキャンディだ。

スペシャルステージ “ハロウィンパーティ” は、11月5日の06:59まで。11月1日の10:59までは600万DL記念”プレミアムゴールドラッシュ”を併催中で、このステージも金箱ドロップ率が上がっているぞ。ステージ限定アイテムをゲットするチャンスだ!

▲スペシャルな金箱アイテムたち。ドレスはすべて金箱ドロップアップ系だぞ。

スペシャルステージ “ハロウィンパーティ”を攻略しよう!

Stageの背景はオリジナルのハロウィン仕様。モンスターはドーナツ草原のパパグリ、シャーベット洞窟のキョロリとボロキレ。Bossはガウガウだ。地面は平坦で穴などのトラップはなし。敵の配置も横並びが多く戦いやすい。Battleごとの敵の配置は同じで、Rankが上がると敵のレベルも上がっていく。どのRankも☆☆☆でプレミアムチケットをゲットできる。収穫祭のボーナスステージといっていいかも?

▲Rank1、Battle1。

Rank1の敵はLevel4、中ボスはLevel6、ラストボスはLevel8。『ケリ姫スイーツ』を始めたばかりの人も安心して☆☆☆を狙える。初期メンバーで戦う場合は左のパパグリを剣士で、上のボロキレと右のパパグリは魔法使いのメテオストライクで同時に攻撃。

▲Rank2、Battle2。

Rank2の敵はちょっと上がってLevel42から。Battle2の配置は空中2体、その両側に地上1体ずつ。敵の位置が近いので、剣士と魔法使いの2回で倒せそう。左から2番めのキョロリを剣士で倒し、右側2体を魔法使いで倒す。左のパパグリは剣士の2回めの自動攻撃で倒せる。

▲Rank3、Battle3。

Rank3の敵はLevel79から。Battle3は中ボスとして大きなパパグリが登場する。障害物の丘の向こうに敵がいるから、よく狙って強く蹴りださないとムダゲリになってしまうぞ。まずは剣士で丘の上のキョロリを倒し、魔法使いを丘の上に着地させる瞬間にタップキルを発動しよう。ビギナーにはちょっと厳しいかも。巨大化キャンディは必ず取って、強い助っ人に助けてもらおう。

▲Rank4、Battle4。

Rank4の敵はLevel146から。かなり手応えがある強さだ。ハートがあるので、弱っているメンバーがいたら1ケリ目で回復しつつ、左の空中にいるキョロリを倒そう。パパグリとボロキレは、魔法使いのメテオストライクではやや苦手とする配置。空中のボロキレを優先し、パパグリは他のメンバーで。

▲Rank5、Battle5。

Rank5の敵はLevel260。Level170台のメンバーでも1回目で☆☆☆は難しい。金箱ドレスを狙いつつ、早ゲリ戦、王冠戦と分けて戦おう。Battle5は大ボスのガウガウだ。なんととんがり帽子のハロウィン仕様。弱点は他のStageと同じ頭としっぽ。しっぽは届きにくいので、頭を集中的に狙おう。強い剣士なら、キャンディで巨大化しつつ頭を叩けば大ダメージを狙えるぞ

▲ガウガウのハロウィン姿。とんがり帽子で魔法使い風だけど、攻撃はいつもと同じ。魔法は使わないから安心して!
『ケリ姫スイーツ』のまとめサイトができました。

ケリ姫スイーツ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み、Android 2.2 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧