1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第232回『プランちゃん、究極進化します!』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第232回『プランちゃん、究極進化します!』

2013-09-24 15:55 投稿

『パズドラ』攻略&大塚角満のブログはファミ通App
iPhone版はこちら →Android版はこちら

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

プランちゃん、究極進化します!!

書きたいことが山ほどありすぎて、途方に暮れているのですが。ざっと列挙すると、

・『ドラゴンズドグマ』とのコラボダンジョンスタート!
・光の神秘龍、クリスタルスカルのダンジョン始まる!
・富山県高岡市とコラボしたヘンなダンジョンの裏側
・たまドラチャレンジのその後
・東京ゲームショウでのトークイベント詳報

うーん、盛りだくさんすぎる。

さてどれから書こうかな……と考えてみたのだが、やはりここはニュース性が強いものからパパッとお知らせしたほうがいいと判断。そこでいちばん下にある“東京ゲームショウでのトークイベント詳報”ってところから書きたいと思う。9月21日、エンターブレインブースにおいて、俺とパズドラの山本大介プロデューサーによるユルいトークショウが行われたのだ。

とは言えここで書きたいことは、ぶっちゃけひとつしかない。だって、前日に飲み過ぎて顔は腫れぼったいし4月29日のパズドラ感謝祭の“リベンジ”ってことで山本さんと勝負した“パズドラチャレンジ”のタイムアタックではヒドいこと(俺、タイムオーバー……)になるしで、まったくいいところを見せられなかったんだもの……。

嗚呼……。これ、またしてもトラウマになってしばらく熱血パズドラ部を更新できなくなるわ……と思っていた矢先、山本さんがわざとらしく「あっ!」と言い、こんなことを発言した。

「じつは今日、サプライズを持ってきたんですよ」

そう言って、カバンをごそごそと探り始める。ナンダナンダ。何が始まるんだ? こんなこと、台本(目黒が作った、“フリートーク”とだけ書かれた紙のこと)には書かれていなかったぞ。ま、まさか、絶対に公の場では見せられない、飲み会中の俺の痴態!? そ、それとも、こっそりと前夜のカラオケボックスの乱痴気騒ぎを録音していて、それを流すつもりなのでは!?

なんてことを考えて震えていると、山本さんは「これです!!」と言って、クリアファイルに入ったA4サイズの紙を取り出した。……それがコレなんだけど!!!

▲Twitterでは公開したけど、それを見ていない人は驚くはず!

コレを見た刹那に我を失った俺、ワァワァギャアギャアと騒ぎ出す。

「……え!! ええええっ!!? マ、マジっすかこれ!! このイラストの子は……プランちゃんですよね!!!?」

この女の子、そして乗っているドラゴンは明らかに、単行本『熱血パズドラ部』についてくるモンスター、プランちゃんだ。しかしどう見ても、プランとも覚醒プランとも姿が違う。こ、これはまさか……!! ついに“アレ”が実現するのか!!? 驚きのあまり瞳孔が開いてしまっている俺に向かって、山本さんはキッパリと宣言してくれた。

「はい、ついにプランちゃんを究極進化させようと思います! じつは、誰にもナイショでイラストを発注していて、ホントについさっき完成したばかりですよw」

やったああああああ!!! プラン、究極進化キタァァァアアアアアア!!!!!><

『熱血パズドラ部』が発売されてから、ちょうど1年。いつの日か究極進化を遂げて、いま以上にパズドラーの皆様にかわいがってもらえたらなぁ……と思っていた矢先だったので、このサプライズはうれしかった。『熱血パズドラ部』の誕生日プレゼントとしてこれ以上のものはないなぁ……と、ステージ上でジーンとしながら考えておりましたよw

ステージを降りると、プランちゃんを描いてくれたパズドラ絵師さんのひとり、池屋さんが手を振っていた。そこに駆け寄り、感激の意を伝える。

「うおおおっ!! 池屋さん!! とんでもないサプライズ、ありがとうございます!!! 究極プラン、めっちゃかわいいし!!! いやしかし、ぜんぜん知らなかったですわ!!」

すると池屋さんはいたずらっぽく笑いながら、こんな話をしてくれた。

「そりゃ知らないですよねw 大塚さんを驚かせようと、数日前から私と山本Pのふたりだけで極秘裏に進めていましたからw 広報も、いま初めて知ったんじゃないかなぁ~?」

その瞬間、俺は背後に強烈な視線を感じた。恐る恐る振り向くと……!

「まーたおまえら、勝手なことしやがってからに!!!w プランの究極進化なんて、初めて聞いたわ!!!」

そこにいたのは、パズドラの広報さん。神秘龍のときといい今回といい、山本さんと俺には振り回されがちである。俺と山本さんは顔を見合わせてニヤリと笑い、

「わぁ! 逃げろ逃げろ!!w」

と言って、ブースから駆け出したのであった。

 

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)
『パズドラ』のアイテムもついてます!
『ファミ通App NO.009 Android』9月5日発売!
★Amazonでの購入はこちら!

パズル&ドラゴンズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/パズル
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧