1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第231回『神秘龍、最後の刺客は“オーパーツ・オブ・オーパーツ”!』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第231回『神秘龍、最後の刺客は“オーパーツ・オブ・オーパーツ”!』

2013-09-18 15:20 投稿

『パズドラ』攻略&大塚角満のブログはファミ通App
iPhone版はこちら →Android版はこちら

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

神秘龍、最後の刺客は“オーパーツ・オブ・オーパーツ”!

さきほどTwitterで「今日もパズドラ部は更新します。ご期待を」とつぶやいたら、目ざとい方々が「光の神秘龍!?」と反応してくれました。ありがたやありがたや。そこでせっかくなので期待を裏切り、“誕生日の昨日は地獄の原稿漬けでした(しかも現在進行形)”という誰も読みたくないコラムを書こうかと思うのですが、どうですかね?

……え? 「文字数稼ぎしてないで、とっとと読みたいことだけ書けバカ!」ですって!? ちくしょー……。いつかどこかで書いてやるからな……。

というわけで、273文字ほど文字を費やしたので、ぼちぼち本題に入るとするかな。……そう、皆さんお待ちかねの“あの情報”ですよ!!

以前、神秘の絵画龍・ナスカのモチーフとなったオーパーツ“ナスカの地上絵”を解説する中で、俺はこんなことを書いた。

“その名を口にしたとき、老若男女から「それ知ってる!」「聞いたことある!」「実物を見てみたい!」という反応が返ってくるオーパーツは、俺が考えるに“ふたつ”しか存在しない。(中略)俺がオーパーツ好きになったきっかけであり、「いつかこの絵画の近くに永住して、ずっと眺めていたい」と思わせた少年時代の憧れは、絶対に神秘龍のひとつに加えてほしいと考えていた”

ナスカの地上絵の存在をきっかけに、地球という星は不思議に満ち、人智の及ばぬ事象の宝庫だということを知って、俺はすっかりオーパーツの虜になった。図書室で借りる本は“世界の七不思議”とか“大予言”といったオカルト系のものばかりになり、買う本もマンガが減って、『ムー』や『ニュートン』といった超常現象や科学を扱うものが増える。中学2年生くらいのときの話だ(当然、科学誌に書いてあることの99.9パーセントは意味不明だったがw)。

そんなオカルト&科学誌の中でオーパーツの特集が組まれたとき、ナスカの地上絵と並んで扉ページや巻頭で扱われる超メジャーな“物体”があった。いや、超メジャーどころか、「これこそがオーパーツ。オーパーツの顔」という立ち位置であり、この存在があったからこそ、オーパーツという不確かなものにスポットが当たった……という扱いですらあった。

実際、件の物体の存在感は群を抜いていた。

美しさ、精緻さ、ルックス、神秘性、不思議さの度合い……といった、オーパーツを形作るあらゆる要素が飛び抜け、文字通り中学2年だった俺の厨二ゴコロを刺激してやまない。当時から「フェイクだ」という声も根強かったけど、それを考慮してもこのオーパーツの輝きは失われるものではないと思うのだ。

……と、たっぷり語ったところで、神秘龍シリーズ最後の刺客を発表しましょう。

少年時代に誰もが、その美しい結晶の向こうにロマンを見たオーパーツ・オブ・オーパーツ、“水晶の髑髏”。光の神秘龍は、この最強のオーパーツがモチーフです!

ご覧ください。

命宿せし水晶のドラゴン、その名も“神秘の結晶龍・クリスタルスカル”がこれです……!!!

す、すげえ……!! まさにクリスタルスカルドラゴンだ……。子どものときに見たオカルト雑誌のグラビアから飛び出してきたような、そんな懐かしさすら感じるし……。水晶の髑髏をモチーフに選んで、本当によかった……(感涙)。

この神秘龍シリーズ最後の刺客は、来週の月曜日(9月23日)よりスペシャルダンジョンに現れます!!

正式名称:神秘の結晶龍・クリスタルスカル
配信予定:2013/9/23 ~ 2013/10/6

ぜひゲットしちゃってください!!!

……いやしかし、この神秘龍シリーズの紹介文書くの、本当に楽しかった~!! ここぞとばかりにかっこいい表現を使いまくって、我ながら「プレイ日記や妄想文もいいけど、じつはこういう文章を書いているときがいちばん楽しい!!!」と再確認したよ(笑)。

またチャンスがあったら、なんかやらせてくださいね、山本さんw

◆告知! 東京ゲームショウ2013でトークショー!◆

またまた告知させてください!
明日からいよいよ東京ゲームショウ2013が始まりますが、来る9月21日のエンターブレインブースにおきまして、僕とパズドラの山本大介プロデューサーによるトークショウを実施します! 去年も同様のトークイベントをやらせてもらったのですが、今年はさらにパワーアップして(ホントか!?)、いろいろしゃべっちゃおうと思っております! ……まあ現状、決まっているのは日時くらいなんだけどな!!! まあ、ここでしか話せない裏話なんかをしゃべるつもりなので、東京ゲームショウ2013にお越しのパズドラーの皆さんは、ぜひぜひ足を運んでみてくださいね!

熱血パズドラ部トークショー

日時:9月21日12時10分~12時50分
場所:東京ゲームショウ会場、エンターブレインブース(しなハウス内) Hall6 6-S2
ニコ動:しなハウス in TGS2013

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)
『パズドラ』のアイテムもついてます!
『ファミ通App NO.009 Android』9月5日発売!
★Amazonでの購入はこちら!

パズル&ドラゴンズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/パズル
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧