1. サイトTOP>
  2. 60万人が熱狂している今注目の爽快3DRPG『ハローヒーロー』

60万人が熱狂している今注目の爽快3DRPG『ハローヒーロー』

2013-09-15 12:00 投稿

癒し系ヒーローRPGの登場!

2013 年8月28日に配信され、早くも60万DLを突破した『ハローヒーロー』。本作は、戦闘、マップ、ヒーローがすべて3Dで表現されており、爽快な戦闘が楽しめるフル3DRPGになる。“ヒーロー”と呼ばれるキャラクターを集めて、侵略者が襲い掛かる銀河を守り、平和を取り戻すことが目的。一見するとコアゲーマー向きのゲームに見えるが、そんなことはなく、ライトゲーマーからRPG好きまで、幅広いユーザーが楽しめるようになっている。レベルを上げれば操作がほとんどいらないぐらい楽なのも、継続して遊んでしまうポイントだ。ゲーム性もしっかりと担保されており、キャラクターを集めて育成し、戦闘を楽しむというRPGの醍醐味を十分に味わえる。 他プレイヤーとの交流や戦闘、ワールドボス、ランキングなど熱くなれる要素も満載で、まさに理想のスマホRPGと呼べる1本。

 

遊びやすいシステムに感動!

前述の通り、ゲーム画面を見る限り、その雰囲気からはゲームスキルが求められるように思いがちな本作。実際ゲームを始めても、戦闘があってスキルがあって、 それを発動させる必要があって……と、少し面倒に思われる人も多いはず。しかし、ゲームに慣れるつもりで少し進めていくと、“オート機能”と “2倍速”という機能が解放される。2倍速は、戦闘速度を速めるもの。オート機能は、戦闘を自動で行ってくれるというもの。このふたつが利用可能になると、ゲームの快適さが格段にアップする。

オート機能の使用前も、通常攻撃は自動でスキルを任意で発動する仕組みだが、オート機能ではスキルもコンピューターの判断で使用してくれる。そのため、パーティを編成し、戦場に送り出すだけサクサクとゲームを進行できるのだ。これらの機能のおかげで、ゲームの敷居が下がっただけでなく、ストレスなく遊べるため、何度も遊ぶ中毒性のあるゲームに仕上がっている。もちろん戦闘を極めたい人は、オート機能を外して、自分のタイミングでスキルを発動させることもできる。

 

育成を楽しもう!

本作の特徴でもあるヒーローの数々。その数はなんと180種類以上存在し、今もなおアップデートで増えている。そんな数多くのヒーローを集め、育てるのが最大の魅力だ。ヒーローは主に戦闘やチケット(ガチャのようなもの)から手に入るのだが、他のゲームとは違い優れているのは、ランクが上昇する転生システムを利用することで、高ランクのヒーローが無課金で手に入るという点。課金すれば早く強くなれるが、課金しなくてもレア度の高いヒーローを手に入れられるのは非常に嬉しい。課金で手に入る “カラット”と呼ばれる宝石は、実際に課金しなくてもゲーム中で手に入るため、その点もユーザー目線の対応でありがたい。

手に入れたヒーローは、タイプ やスキルなど、特徴が異なっており、それらのパーティバランスを考えるのも楽しみのひとつ。スキルの組み合わせにこだわって編成したパーティで、アリーナやデュエルで他プレイヤーと腕試しするのもいい。もちろん、手軽に遊びたい人は見た目重視の編成でも、ゲームの進行に何の問題ない。どんなプレイヤーでも、どんな遊び方でも楽しめる懐の深い作りになっているのだ。

他プレイヤーとの交流が秀逸!

他プレイヤーと交流する機能は、これまでのスマホゲームでも多く見受けられた。しかし、『ハローヒーロー』ほど、人と人の交流が目に見えて盛んなゲームは稀。その大きな要因が、“チャット機能”だ。チャットといっても、1対1でやるようなものでなく、ひとつのチャンネルに最大100人の不特定多数の人間が参加するグループチャットで、なんと1000チャンネルある。そこでは、攻略情報を交換しあったり、フレンドの募集や世間話をしたりと、常に交流が行われている。わからないことがあれば、聞けば誰かが答えてくれるし、話しかけなくても攻略情報などためになる情報が自然と入ってくることも。ゲームを遊んでいると、チャット情報が次々に流れてくるので、そこからゲームの盛り上がり度が伺える。また、“誰かがリアルタイムで遊んでいる!”ことがダイレクトに伝わってくるのも、同じゲームをプレイしているひとりのユーザーとして単純にうれしい。

その他にも、フレームレートなどの細かい設定ができることや、クエストだけで終わらない幅広い遊びなど、開発者の気配りが感じられる。配信2週間ほどで60万DLを突破したのも納得の一本。遊んでみる価値は……アリ!

HELLO HERO(ハローヒーロー)

メーカー
ゲームオン
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS:iPhone、iPod touch および iPad互換、iPhone 5 用に最適化済み iOS 5.0以降が必要 Android: Android 2.3(Gingerbread)以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧