1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ハローヒーロー>
  4. 【ハローヒーロー攻略】強化と転生の気になるアレコレをスッキリ解消

【ハローヒーロー攻略】強化と転生の気になるアレコレをスッキリ解消

2013-09-06 12:00 投稿

味方を強化しよう!

ゲームオンから配信中の3DRPG『HELLO HERO(ハローヒーロー)』の攻略がスタート。第1回目では、強化と転生についてのちょっとしたコツや注意点を紹介していこう。

まずヒーローを強くするには3つの方法があり、ひとつは戦闘でヒーローを鍛える”レベルアップ”。もうひとつはベースとなるヒーローに、他のヒーローを合成させる”強化”。あとは戦闘などで手に入れた武器、防具を”装備”させる方法がある。これらの方法を使ってヒーローを強くしていくのだが、ここではレベルアップと強化について詳しく説明する。

【レベルアップ】

レベルアップは、ステージに出て、敵を倒して経験値をためることでヒーローのレベルが上がり、強くなる方法。ヒーローを強くするオーソドックスな方法となる。レベルは30が上限となり、それ以降はレベルが上がらない。戦闘でもらえる経験値の量はステージによって上下する。例えばステージ「1-3(赤キノコの森の3つ目)」で戦闘した場合と「5-1(トゲトゲ高原のひとつ目)」で戦闘した場合、経験値の差が見て取れる。

ph02▲こちらが「1-3(赤キノコの森の3つ目)」で戦闘した場合

ph03▲こちらが「5-1(トゲトゲ高原のひとつ目)」で戦闘した場合

どちらも条件は同じ。★1の同一ヒーローで、ともにレベル1で始めたときの結果になる。結果は歴然としていて、「1-3(赤キノコの森の3つ目)」で戦闘した場合は1レベルも上がらず、「5-1(トゲトゲ高原のひとつ目)」で戦闘した場合は4レベル上がっている。お気づきの方も多いと思うが、レベルを上げたいならできるだけ難易度の高いステージで戦闘したほうが効率よくレベル上げが可能。しかし、敵が強くなればなるほどレベル1のヒーローなんて瞬殺されてしまうもの。そこで、オススメしたいのが盾1回復1(蘇生ありは尚可)のレベル30の強力なヒーローを入れて、ステージ4、5、6面のあたりの敵を狙うと効率的にレベルが上げられる。

【強化】ph04
強化を行うには、強くしたいベースとなるヒーローと、素材となるヒーローそれぞれ1体ずつ必要となる。素材となるヒーローはいなくなるため、使用していないヒーローを選ぶといいだろう。強化を行うとヒーローの名前の横に「+値」が加算され、最大で「+5」まで強化が可能。注意点としては、「+」がついているヒーローを素材に選んだ場合、その素材ヒーローの「+」も引き継がれると思いがちだがそうではなく、「+」の値は無視されるので気をつけよう。なお、ベースのヒーローのレア度より、高いレア度のヒーローを素材にすることはできない。

[強化の費用と確率]
★1
+0→+1 500
+1→+2 800
+2→+3 1100
+3→+4 1400
+4→+5 1700
★1の素材で強化した場合は100%

★2
+0→+1 1100
+1→+2 1760
+2→+3 2420
+3→+4 3080
+4→+5 3740
★2の素材で強化した場合は100%
★1で強化した場合は50%、強化ポイント25

★3
+0→+1 1700
+1→+2 2720
+2→+3 3740
+3→+4 4760
+4→+5 5780
★3の素材で強化した場合は100%
★2で強化した場合は50%、強化ポイント35
★1で強化した場合は25%、強化ポイント15

※強化ポイントとは
強化ポイントとは、強化に失敗したときに貯まるポイントのことで、このポイントが100まで貯まると、★関係なく強化成功率が100%になる。

強化すると、ベースヒーローのステータス10%が強化としてステータスに上乗せされる。ステータスの10%が上乗せされるということは、レベルを上げてから強化したほうがいいのか? もしくはトータル的にステータスは変わらないのか? 疑問に思った方も多いはず。そこで、どういう結果になるのか試してみたので参考にしてほしい。

ph05▲こちらが「レベル1」のときに+5まで強化したヒーロー。

ph06▲こちらは「レベル30」になってから+5まで強化したヒーロー。

レベルアップのときと同じように、同じヒーローを使用し、条件は合わせている。結果的には変わらないという答えになった。そのため、好きなときにレベルを上げ、好きなときに強化して問題ない。
転生でより強いヒーローに!

最初にヒーローを強くする方法は3つと説明したが、実は”転生”もヒーローを強くさせる方法になる。ではなぜ、転生をはずしたかというと、最初の3つは「ひとりのヒーローを最大限強くする方法」になる。というのも、転生の注意点でもあるのだが、転生を行うと「全く別のヒーローが生まれる」のだ。もちろんレア度は上がり、基本ステータスも増え強くなっていることは確かなのだが、別のヒーローになってしまう。そのため、転生を行う際は自分のパーティバランスを考えてやらないととんでもないことに……。私自身、唯一の回復役を転生させてしまい、一時期パーティに回復役がいないという状況に。必ずしもベースヒーローと同じタイプのヒーローが生まれるとは限らないので注意しよう。

ph07
転生を行うには条件がある。以下、3つの条件を満たして初めて転生ができる。

  • レア度(★)が同じであること
  • ベース、素材ともにレベル30であること
  • ベース、素材ともに強化値が+5であること

 

ph08▲転生を行うとどちらのヒーローもいなくなってしまう。そのため、パーティのコアであるヒーローは転生させないようにしよう。

ph09▲転生すると全く別のヒーローに。どんなヒーローになるかは、転生してからのお楽しみ。

転生のメリットとしては、ベースヒーローのレア度よりひとつ上のレア度のヒーローが生まれてくるということ。そのため、★1のヒーローでも転生を続けていけば★5以上になるということだ。カラットは比較的よく手に入るものの、カラットで手に入れたヒーローは大体★3。応援ポイントで手に入るヒーローは大体★1。ステージで手に入るのは★1とたまに★2のヒーロー。このことから★4以上のヒーローは滅多に手に入らない。そのため、最初から積極的に★1★2のヒーローのレベルを上げ、強化し、転生させて★3のヒーローを作るようにしよう。転生するとどんなヒーローになるかわからないので、お気に入りを決めて鍛えるというより、手に入ったヒーローを次々に強化、転生させるといいだろう。

ph10
ph11▲ちなみに、転生で全く別のヒーローが生まれるのは、それぞれ別のヒーローをベース、素材に選んでいるからなのでは? と疑問に思ったので、念のため同一ヒーローでの転生も試みてみました。結果はご覧のとおり全く別のヒーローになりました(笑)。

なお、転生だけのキャラを育てる場合は”盾役”を育てるのがオススメ。なぜならHPや防御力が高く、レベルを上げるために難易度の高いステージに進んでも倒れにくいからだ。バトルで力尽きると経験値が入らないので、★1★2の盾役がいたら転生用に育てるといいだろう。

HELLO HERO(ハローヒーロー)

メーカー
ゲームオン
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS:iPhone、iPod touch および iPad互換、iPhone 5 用に最適化済み iOS 5.0以降が必要 Android: Android 2.3(Gingerbread)以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧