1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 三国志乱舞>
  4. 『三国志乱舞』新乱舞戦に新兵科登場 大型アップデート目前!

『三国志乱舞』新乱舞戦に新兵科登場 大型アップデート目前!

2013-08-30 21:00 投稿

新乱舞戦に新兵科 大型アップデート目前!

『三国志乱舞』リポート8回目をお届けする、ライター岩崎ヒロコです。このところ、掲示板でのレスの早さや数、助っ人一覧に表示されるフレンドの名前などから、『三国志乱舞』のプレイヤー人口が増えてきたなぁと体感しております。しかも皆さん、乱舞戦への出席率が半端ない! 週末の早朝の回などは、岩崎はほぼ間違いなく眠気に負けて夢の中から応援しているのですが(週末朝の特撮番組はすべて録画で、お昼に起床します)後からログを確認すると、皆さんちゃぁんと出席なさっています。素晴らしい! 週末朝の乱舞戦出席をクセにすれば、健康的な生活が送れるはずですね。岩崎も努力だけはしてみることにします。さて、曜日も時間も選ばずに最高の盛り上がりを見せる『三国志乱舞』。どうやら、新しい動きがあるようです。

[最新記事]
※関羽ファンがドキリとする最新イベントをリポート
※セクシー水着の張飛を進化させたい!
※水着の武将とスイカを巡ってセクシーバトル
※デッキ編成に目覚めると楽しさが加速!
※水着姿の武将や新兵科の追加でワクワクが止まらない!

 

大型アップデートの内容を予想してみる

皆さん、お知らせコーナーはチェックしていますか? 少し前から、気になる告知が出ていますよね。大きな告知はおもにふたつ。限られた情報から、岩崎が勝手に内容を予想してみます。予想ですから、当たってたら褒めてくださいね。

▲「乱舞戦が乱舞戦・天にバージョンアップ」こちらについては、ある程度確かな情報が出ていますね。
▲「天下統一戦を実装する」とのことです。現在出ている情報から察するに(1)ギルド単位での戦い (2)勝ち続けてランクアップ (3)上位ランクギルド専用の戦いがある……ということのようです。天下統一、とありますから、もしかしたら魏呉蜀の中から所属する国を決めるのかな?
▲乱舞戦の結果により、ギルドに称号が付与されるようです。天下統一戦の説明に「乱舞戦からつながる……」と書かれていますから、もしかしたら乱舞戦で勝ち星を重ねて良い称号を得ると、天下統一戦に参加できる……という流れなのかもしれません。 

上記のほか、2013年9月1日には新武将と新兵科の実装が予定されています。騎兵初の遠距離攻撃”弓騎兵”。これはいち早く欲しいですね! ある程度手持ちの武将が揃ってきて、ステージごとにデッキを組み直す必要が出てくると、「この兵科でこういう攻撃ができたらいいのに……」と思う場面が多々あります。

たとえば、敵に特殊兵が多く、一体でも多く騎兵をデッキに入れたい場合。騎兵はこれまで近接攻撃しかできませんでしたから、2体以上をデッキに入れると、中列と後列の騎兵は、前列がやられて前に出るまで何もできずに待っているだけという、もったいない状況でした。弓騎兵がいれば、騎兵でありながら後列からも攻撃に参加することができるので、無駄なく手数が出せます。

騎兵メインでデッキを組む際は、たいていリーダーも騎兵にしてリーダースキル”騎兵指揮”で全体の戦力を上げていくのですが、弓騎兵がいればこれまでより多くの騎兵をデッキに入れることができますので、リーダースキルの効果も存分に発揮できます。弓騎兵の実装、心待ちにしております!

▲特殊兵が多いステージでは、騎兵のパワーで攻め込みたいのに、前列しか攻撃ができませんから、後ろのメンバーは「暇なんですけどぉ。つーかむしろただの的?」と言いながら、敵の遠距離攻撃をただ受けながら待つだけでした。そうなると仕方なく弓兵や特殊兵などの遠距離メンバーを入れるものですから、騎兵は出せても2~3体まで。ステージによっては、もどかしい思いをすることもありました。 

独立してギルドを設立してみた、その後

前回、ついに自分でギルドを起こしてみた岩崎。掲示板に書き込みをし、手動で承認をしながら少しずつギルドを育て始めました。そして、この新たなギルドで参戦する初めての乱舞戦が開催されたのです! 設立したばかりのギルドでどこまで戦えたのか……その経過をお知らせしますね。

▲新ギルド設立から数日で、加入希望者が続々と! じつは、乱舞戦の期間中はギルドを移籍しても、期間終了まではこれまでに在籍していたギルド(連合)での戦いになるため、移籍の意味がないのです。乱舞戦と乱舞戦のあいだに当たる空白の期間に、ギルド移籍がさかんに行われるようです。新ギルド設立をお考えの方は、この期間にするといいですよ。
▲掲示板もほどよく盛り上がっております。こうするコツは、リーダー自らがときどき発言をすることです。新メンバーが加入したら、軽く紹介してあげるのもよいですね。
▲このコンボ感、久しぶり! まだギルドメンバーが20名に満たないので、連合を組んだメンバーに恵まれたこともありますが、乱舞戦は本当に盛り上がりました。
▲乱舞戦が盛り上がり大いに楽しめた副産物で、報酬もこれまで以上にガッポリ届きました。ほかのメンバーの力になれるよう乱舞戦→クエストでBP回復を必死に繰り返しましたから、レベルも上がっています。

以前もお話させていただきましたように、本作にはいろいろな楽しみ方があります。ひとりでひたすらクエストをこなし、三国志の物語を楽しむもよし。武将収集して、きれいに埋まった図鑑を愛でるもよし。でも岩崎は、やはり乱舞戦を楽しまなくちゃもったいないなぁと思います。これから始まる「乱舞戦・天」も、ギルドの絆がキーワードとして挙がっていますし、いまのうちに方針が合うギルドに移籍したり、掲示板でコミュニケーションをとるなどして、アップデートに備えることをおすすめします。

 

最近の必殺技事情

以前、バランスタイプのデッキを組んでいたころは「仲間の攻撃力や防御力を上げ下げする必殺技よりも、直接ダメージを与える必殺技のほうが使いやすい」と書きました。しかしその後、デッキをいじくりまわしているうちに、最近ではステータスアップ・ダウン系の必殺技を多用しています。イベントの手強いクエストの攻略に挑んだ際、ダメージ系の必殺技を多発しても勝てなかった相手に、ステータスアップの必殺技で挑んだら勝てたのです。

どちらの場合もデッキは組み直さず歩兵2、弓兵2、特殊2(仲間含む)という構成。クエストは、ボスの騎兵が手強くて負けていました。そんなボスに対して攻撃力ダウンの必殺技を使ったところ、これまでは瞬殺されていた前列の歩兵が保ったのです。それに加え、弓兵の攻撃力アップの技を使ったら、防御力が高くて倒せなかったボスのHPがごそっと削れました。弓兵の攻撃力アップですから、効果があった武将は2体だけのはず。それでもこんなに効果が出るとは……。

イベントではたまに、同じ兵科の敵がごっそり大量に登場することがあります。そんな時はダメージ系の必殺技で一網打尽にするのがよいですが、強いボス一体につまづいた場合は、ステータスアップ・ダウン系の必殺技で挑んでみてください。

▲この必殺技が、勝利に導いてくれました。1ゲージ消化で、攻撃力32%アップはオイシイですね。この武将だけでも、32%アップで攻撃力約4800! しかも1ゲージですから、戦闘開始から終了まで発動させ続ける方法も有効ですね。

[関連記事]
※関羽ファンがドキリとする最新イベントをリポート
※セクシー水着の張飛を進化させたい!
※水着の武将とスイカを巡ってセクシーバトル
※デッキ編成に目覚めると楽しさが加速!
※水着姿の武将や新兵科の追加でワクワクが止まらない!
※もしも孔明(女)と張飛(女)が水着に着替えたら!?
※もしもカクが水着になったら!?
※もしも貂蝉が水着に着替えたら!?水着姿を大公開
※頼られるのが快感な乱舞戦の魅力をリポート
※可憐な黄忠(女)など新武将がついに登場
※世界で名を上げるためのヒロコ的基礎知識
※女性ライターをも虜にした戦場で舞い乱れる多人数バトル!

三国志乱舞

メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4以降、iPod touch 第5世代以降、iPad互換 (第三世代以降)

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧