1. サイトTOP>
  2. 『三国志乱舞』関羽ファンがドキリとする最新イベントをリポート

『三国志乱舞』関羽ファンがドキリとする最新イベントをリポート

2013-08-23 19:00 投稿

関羽強すぎ! 武神イベント攻略

『三国志乱舞』リポート7回目をお届けします。毎度どうも、ライター岩崎ヒロコです。今回は、現在開催中のイベント“武神、関羽の最期”について掘り下げて参ります。三国志と言いますと、魏の曹操、呉の孫権、蜀の劉備、そして無所属(?)の呂布らがカッコよく戦う物語……というイメージが強いですよね。いや、その通りなのですが、やっぱり歴史に基づいた作品ですから、主要人物が命を落としてしまうこともあります。今回の関羽イベント、舞台は樊城。

関羽ファンであれば「関羽、逃げて-!」と叫びたくなる場面です。この悲壮な場面をイベントの舞台に持ってくるとは! 新鮮な喜びと驚き、そして同時開催中のイベント“ナイショの夏教えます”とのテンションのギャップにクラクラします。関羽最期の戦いと湯上がり貂蝉ちゃん、どちらも存分に楽しんで参りましょう。

[最新記事]
※セクシー水着の張飛を進化させたい!
※水着の武将とスイカを巡ってセクシーバトル
※デッキ編成に目覚めると楽しさが加速!
※水着姿の武将や新兵科の追加でワクワクが止まらない!
※もしも孔明(女)と張飛(女)が水着に着替えたら!?

 

編成のバランスが難しい!

イベント“武神、関羽の最期”は、全部で5つのステージがあります。もちろん、先に進むほど難度はアップ。まずは、ひとつでも先のステージを出現させることを目標に挑んでみます。ステージクリアでもらえる報酬も豪華ですから、手持ちの武将を育てながら、じっくり挑んでいきましょう。では、各ステージごとの敵の兵科と戦闘のポイントをざっと挙げてみますね。

▲“ステージ1 雨中の激戦”弓兵が大量に出現しますので、歩兵の必殺技で対応します。ボスは騎兵ですので、こちらにも弓兵が必要ですね。
▲“ステージ2 命がけの策”騎兵の数がとにかく多い! ボスも騎兵ですので、弓兵メインでいくのがよいと思います。
▲“ステージ3 武神の陥る罠”ここでメインの関平、関羽親子が出現します。どちらも騎兵でかなり強い! たくさんの弓兵に混ざって出現しますので、歩兵と弓兵で対応を。
▲“ステージ4 死ニ至ル回廊”このあたりから本当に苦しいです。こちらのデッキに騎兵がいたら瞬殺されますので、ここもやっぱり歩兵に前列を任せましょう。
▲“ステージ5 蜀の武神、闇夜に死す”ラスボス関羽の強さがハンパないです! 弓兵を入れられるだけ入れて、防御や攻撃アップの必殺技で全体の戦力を底上げしましょう。

全体的に敵は騎兵と弓兵が多いですので、こちらは歩兵と弓兵で対応していくのがよさそうですね。岩崎のデッキは特殊兵が多かったため、歩兵と弓兵の強化に時間がかかりました。やっぱり日頃から、パッとデッキを組み替えられるように、いろんな兵科を育てておかなきゃならないですね。ちなみに報酬は、さまざまな種類のぶたろうです。いちばんの目玉は“進化ぶたろう(SR)”で、 SRの武将であればどの武将も進化させることが可能ですよ!

▲ステージ1-4と1-5の初回クリア時にもらえる、ぶたろうたち。便利な進化ぶたろう(SR)は絶対に入手しておきたいです。
▲死を覚悟した関羽のカッコイイセリフに涙したあとは、同時開催中の“ナイショの夏教えます”で、高テンション高露出度の武将たちをお楽しみください。董卓パパ、この見た目でそのセリフはズルイ!

独立してギルドを設立してみた

ゲーム開始からずっと、初期に自動で配属されたギルドにお世話になっておりましたが、このたび独立し、ギルドを設立する運びとなりました。これまでいたギルドのメンバーは、どちらかというと乱舞戦よりクエストを重点的に楽しむ方たちが多く、乱舞戦を戦うには厳しい出席率となってしまったためです。人それぞれにプレイスタイルがありますので、乱舞戦に手出しせず、クエストを遊んでも充分楽しめると思うのですが、岩崎はもう少し乱舞戦を遊びたかったので、決意した次第です。せっかくですので、ギルド設立の流れを解説しますね。

▲ギルドを設立するためには、ギルド管理メニューから一度“退団して独立”を選びます。新たなギルドに所属するなら“ギルド検索”から既存のギルドを探してください。
▲こちらが、ギルドマスターのみが触れるギルド設定です。“のんびり”、“そこそこ”、“がっつり”などからスタイルを選んだり、加入制度や活動時間を設定しておきます。必須ではありませんが、しっかり設定しておくと、ギルドを探している方の参考になり、似た方針の方に加入してもらえます。
▲さっそく加入してくれたギルドメンバーのため、リーダーを攻防が最も高い武将に編成しなおしました。仲間を大事にする、立派なギルドマスターを目指します!

ギルド運営は、意外とすることが多いんです。加入制度を自動ではなく手動確認にした場合、まめに希望者のチェックをして、よき方に入っていただきます。結束を高めるよう掲示板に顔を出し、乱舞戦では指揮をとります。少し大変かもしれませんが、やりがいのある役目です! それに、自分のもとにほかのプレイヤーが集まってくれるのは、ありがたいし素敵なことだと思うのです。中には三国志の特定キャラクターやアーティストのファンギルドを作っている方もいらっしゃいますし、交流目的でのギルド設立もおもしろそうですね。盛り上がっているギルドに所属していれば、ヘルプで呼んでもらえる機会が多く、友情ポイントもたくさんもらえます。イベントで強敵と戦う際も、強いギルドメンバーを呼べる状態にしておくと安心ですよね。同じ旗を仰ぐ決意をしてくれた仲間と、三国志の世界を戦い抜いていきましょう!

▲今週出会った、最も好きなシーンがこれ! 大人の色気を撒き散らして迫る孔明さまが素敵すぎます。イベント“ナイショの夏教えます”も、期間いっぱいまで挑戦し続けます。

[関連記事]
※セクシー水着の張飛を進化させたい!
※水着の武将とスイカを巡ってセクシーバトル
※デッキ編成に目覚めると楽しさが加速!
※水着姿の武将や新兵科の追加でワクワクが止まらない!
※もしも孔明(女)と張飛(女)が水着に着替えたら!?
※もしもカクが水着になったら!?
※もしも貂蝉が水着に着替えたら!?水着姿を大公開
※頼られるのが快感な乱舞戦の魅力をリポート
※可憐な黄忠(女)など新武将がついに登場
※世界で名を上げるためのヒロコ的基礎知識
※女性ライターをも虜にした戦場で舞い乱れる多人数バトル!

三国志乱舞

メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4以降、iPod touch 第5世代以降、iPad互換 (第三世代以降)

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧