1. サイトTOP>
  2. 『クローズxWORST~打威鳴舞斗~』最速プレイレポート!

『クローズxWORST~打威鳴舞斗~』最速プレイレポート!

2013-08-22 15:00 投稿

『クローズxWORST~打威鳴舞斗~』の魅力を最速でお届け
8月22日より、KONAMIから完全ネイティブのiPhone向け新作ゲーム『クローズxWORST~打威鳴舞斗~』がリリースされた。本作は、大人気不良マンガ『クローズ』と『WORST』に登場する最強のクソッタレどもが激突するソーシャルゲーム。原作では相見えることがなかった2作品のキャラクターが競演するとあって、ファンにはたまらない一作になっている。今回は本作の醍醐味であるバトルを中心にプレイレポートをお届けしよう。

 

「俺TUEEEEEEEE!」と叫びたくなる喧嘩バトル

本作の目的は、チームを結成して各拠点の喧嘩クエストを攻略、クエストの最後に待ち受けるボスを撃破して、すべての拠点を制覇すること。クエストをクリアーすると新たなキャラクターを入手でき、チームに加えるか、強化のための素材にするかを試行錯誤しながら、最強のクソッタレ軍団を編成していく。

▲クエストはスタミナを消費することで実行可能。ボスを撃破すると、そのキャラクターが仲間に加わる。

▲ストーリーは原作準拠で進んでいく。原作を知らない人でも、ゲーム中に描かれるストーリーを追っていくだけで、原作を追体験ができるようになっている。

不良マンガをゲーム化するにあたって絶対に外せない要素と言えば、そう、喧嘩だ。「喧嘩と言ってもボタンをポチポチするだけだろ」と思ったら大間違い。本作のクエストはアクションバトルとなっており、複数の敵を相手にする乱闘バトル、強敵とタイマン勝負するボスバトルの2種類がある。操作はとても簡単で、敵の頭上に“!”が浮かんだときに画面右下の攻撃パッドをタッチするだけ。タップでパンチ(拳属性)、横方向にフリックでキック(蹴属性)、縦方向にフリックで体当たり(体属性)のアクションが発生。眼前のザコどもを蹴って殴ってぶちかます!! 「俺TUEEE!」感を手軽に味わえちゃうのだ。特定のメンバーをデッキに入れると、武装戦線や鈴蘭高校といったステータスボーナスが付く連携効果が生まれるなど、原作のファンほどゲームを有利に進められる要素もうれしいところ。

▲3つの攻撃は3すくみの関係になっており、相手の弱点属性で攻撃する戦略要素もある。残りHPに応じて4人のバトルキャラを入れ替えながら、ザコ敵を叩きのめそう。

▲原作にこだわったデッキ編成。連携パターンを探してみるのもおもしろい。▲バトル中に、ダチからの援護を受けることも可能。援護をどのタイミングで発動するかも駆け引きのひとつだ。

 

なかでも最高に気持ちいいのがカウンター。敵が声を上げて襲いかかってくる瞬間に攻撃を繰り出すとカウンターとなり、バレットタイムスロットが回転。出た絵柄によって、HP回復や全体攻撃、攻撃力アップといったバトルそのものに影響するものから、カードがドロップするといった、ゲームの進行上嬉しいものまで、さまざまな効果が得られる。しかも、敵を一方的に攻撃できるため、カウンターを成功させ続かれば爽快感はマックス状態。「俺TUEEE!」感を存分に味わえる。

 ▲敵の頭上に吹き出しの掛け声が表示された瞬間に画面をタッチすれば、バレットタイムスロットが回転。“無敵”が出れば負けはない。

しかし、そんな余裕も長くは続かなかった。本作には弱肉強食な世界に君臨する圧倒的な強者が存在する。しかもたくさん! クエストは、イージー、ノーマル、ハードの難易度があり、クエストで手に入るすべてのキャラクターを集めると難易度が上昇。敵の強さが飛躍的にアップするのだ。正直、ノーマルに登場する名もないザコ敵ですら、イージーのボス以上の強さ。キャラクターを十分育成しないままつぎの難易度に挑むと、ワンパンKOは当たり前。だからこそカウンターが重要になるのだが、難易度が1段階上げるだけで、手汗全開の緊張感あるバトルへと一変する。

打威鳴舞斗アタックでボスを沈めろ

ボスバトルは、前述のとおりタイマン勝負。原作キャラクターがプレイヤーの前に立ちふさがる。ボスバトルでもっとも重要なのが、打威鳴舞斗アタック。これは敵にカウンターを当てると上昇する打威鳴舞斗ゲージを最大まで溜めるとくり出せる必殺技。ゲージを溜めてからボタンをタップすると、別画面が表示され、その画面にある指示通りに操作をすると打威鳴舞斗アタックが発動する。この威力がとにかくスゴイ! ボス戦では非常に重要な攻撃手段になるだろう。また、どのタイミングで使うかといった駆け引きも楽しめるので、ここもまたアツイ。

▲ボスバトルの前には、ダチ(フレンド)から立会人を選択できる。立会人がいるとステータスにボーナスが発生。同じ立会人は4時間経過しないと再度選択できないため、ダチを増やしてつねにボーナス効果を得られるようにしたい。

 

▲攻撃を当ててゲージを溜めたら、“打威鳴舞斗ボタン”をタップして、打威鳴舞斗アタック発動!

▲必殺のアッパーで見事撃破! 打威鳴舞斗アタックのアクションはキャラによって異なる。

アツすぎる合成演出

アツイと言えば、カードの合成もはずせない。システム的には、ベースの素材カードを合わせて、ベースカードのレベルを上げるというものなのだが、その演出はクリエイターの愛を感じるほど。いや、これは本作全体を通して言えることなのだが、演出がひたすらにアツイ。原作の影響もあるのだろうが、演出ひとつひとつにこだわりが見え、原作を知らなくても思わず引き込まれてしまう。

▲並んだカードにドーンと一発!! ここまでスッキリとする合成画面もなかなかない。

以上が体験プレイのレポートとなる。なお、現在スタートダッシュキャンペーンとして、総額10000コイン相当のアイテムがもらえるログインキャンペーンのほか、チュートリアルクリアーでもらえる月島花を含む、Rカード2枚をゲットできる。いますぐダウンロードとしてお得な特典をもらっちゃおう!

クローズxWORST~打威鳴舞斗~

メーカー
KONAMI
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 5.0 以降のiPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5 iPad 2以降 ※iPhone 5 推奨

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧