1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第218回『またスクープ! 3体目の神秘龍は……“神秘の円盤龍”!』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第218回『またスクープ! 3体目の神秘龍は……“神秘の円盤龍”!』

2013-08-20 13:55 投稿

『パズドラ』攻略&大塚角満のブログはファミ通App
iPhone版はこちら →Android版はこちら

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

またスクープ! 3体目の神秘龍は……“神秘の円盤龍”!

「オーパーツをモンスターに!」と山本大介プロデューサーに提案し、それが実際に採用されて「5属性に対応したオーパーツを教えてください!」と言われたとき、俺はこう考えた。

(オーパーツは、誰もが聞いたことのあるメジャーなものもあれば、一部の人だけが認識しているマニアックなものも当然ある。せっかくモンスターにしてもらえるなら、超メジャーなオーパーツとマニアックなオーパーツをバランスよく配分したいな)

すでに明らかになったモチーフ、“バールベックの巨石”“アンティキティラの機械”は、俺の感覚ではメジャーとマニアックの中間あたりに位置しているオーパーツだった。オカルト好きじゃなくとも、「なんとなく、どっかで聞いたことあるような……」と思えるくらいの、ね。でもせっかくだから1体くらいは、一般の人が「え、なにそれ? 初めて聞いた」と思い、マニアが「おお!w そうきたか!」と唸るようなモチーフを導入したいと考えたのである。

“ピリ・レイスの地図”を選ぶか?

それとも“聖徳太子の地球儀”あたりを持ってくるか……?

さまざまなオーパーツが頭に浮かび、そして消えてゆく……。どうもこのあたりは、モンスターになるイメージが浮かばないのだ。まさかここで、

「“靴で踏まれた跡がある三葉虫の化石”でお願いします!」

なんて言ったら、優秀なパズドラ絵師さんたちにジャーマンスープレックスをかけられるに違いない。

モンスターになった姿を見たいオーパーツとなると……うん、やっぱりコレだな!

俺は山本プロデューサーに、以下のようなメールを送った。

「闇の神秘龍のモチーフ、“ネブラ・ディスク”でどうでしょう」

人類最古の天文時計と言われる“ネブラ・ディスク”が、俺が選んだ3つ目のオーパーツでありました。

ネブラ・ディスクは、2002年にドイツで発見された青銅製の天文盤で、いまから約3600年前に作られたと推測されている。直径30センチの盤上には太陽と星、プレアデス星団が金の装飾で奢られており、太陽暦と太陰暦を組み合わせた複雑な天文時計として機能しているという。ではなぜこれがオーパーツなのかと言えば、天文学が発展していたバビロニアですらこの精度の天文盤を作るのは不可能とされているのに、それよりもさらに1000年も昔に、どうやってここまでのものを作れたのかがまったくのナゾとなっているから。見た目も神秘的で美しく、オーパーツの意味する“場違いな工芸品”の冠にふさわしい逸品として、マニアから崇め奉られているというわけだ。

そんなネブラ・ディスクをモチーフにしたドラゴン、“神秘の円盤龍・ネブラディスク”のイラストが、ついに完成しました。

ではお見せしましょう。これが神秘の円盤龍・ネブラディスクだ。

こ、これは……!! なんてしなやかで美しいドラゴンなんだ……(陶酔)。

天かける四肢を持つドラゴンの背上に浮かぶのは、まさにネブラ・ディスクの円盤……! 太古の世界より遣わされた使者のようなその姿を、ダンジョンの中で見たら感動するだろうなあ……!!

この神秘の円盤龍・ネブラディスクが控えるスペシャルダンジョンの配信スケジュールも決定したので、そちらもお伝えしちゃいましょう! こんな感じになっております!

正式名称:神秘の円盤龍・ネブラディスク
配信予定日:2013年8月26日(月)~2013年9月8日(日)

はてさて、ネブラディスクはどんな能力を持っているのか!? 続報にもご期待あれ!!

 

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

■書名:大塚角満の熱血パズドラ部
■価格:998円[税込]
■体裁:モノクロ272ページ

Amazonでの予約はこちら (スマホで見る場合はこちら)
ebtenでの予約はこちら

【ファミ通Appアプリ配信中】
iPhone版はこちら →Android版はこちら


パズル&ドラゴンズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/パズル
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧