1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. クラッシュオブクラン>
  4. 【注目アプリレビュー】“醜い争い”も格好のカンフル剤! 『クラッシュ・オブ・クラン』

【注目アプリレビュー】“醜い争い”も格好のカンフル剤! 『クラッシュ・オブ・クラン』

2013-08-13 14:16 投稿

▲攻略まとめページはこちら!

 

タウンホールがレベル8になりました!

ひさしぶりに『クラッシュ・オブ・クラン』の近況などを。

7月の後半あたりから並行プレイしているゲームの数が過去最高の6本となり、1日のスケジュール管理に苦慮している大塚角満です。自分で言うのもナンだが、「オマエ、いつ仕事してんの?」って感じがしてくるが、とりあえずなんとかなっております。

この6本の現在進行形タイトルの中で、いまもっとも時間を割いているのは何を隠そう『クラクラ』である。「『クラクラ』がダントツ1位でおもしろいから!」というわけではなく、そのゲーム性ゆえに拘束時間がどうしても長くなってしまうからなのだが、「それだけ時間を縛られても苦にならないくらいおもしろい!!」ってことは断言できる。“世界ナンバーワンアプリ”の看板に偽りナシ!! ってことだな。

最近はあまりにもハマりすぎているがために、夜中に目が覚めてしまうことが多くなってしまった。ナゼかと言うと、「寝ているあいだに自分の村が襲われているのでは!?」、「4時間後に大砲のアップグレードが終わったら、すぐにアーチャータワーの強化を始めたい!」、「いま金庫に120万Gもある! 襲撃されて奪われる前に使ってしまわないと!」なんて考えてしまうがために、ついつい浅い眠り&夜中起床になってしまうのである。

まあ俺はもともと不眠症気味なので夜中に目が覚めても不思議じゃないのだが、熟睡タイプの身内のHや中目黒目黒も「最近たびたび、夜中に目が覚めて村の巡廻をしてしまう……w」と言っているから、クラクラユーザーの多くはそんな感じなのだろう。それくらい、このゲームが内包する中毒性や魅力は凄まじいのだ。

さて近況だが、我がクランのメンバーは14人まで増え、そこそこの活況を呈している。そのうち、“シルバーI”クラスを主戦場としているメンバーが俺を含めて8人ともっとも多く、クラン内順位が数刻ごとにガラガラと入れ替わるという白熱のデッドヒートを展開しているのだ。

同じクランの仲間だからこそ、ライバル意識が芽生えるもの。

「あいつ、ウィザードの塔をレベル3にしやがった! ウチも負けられねえ!

とか、

「いつの間にドラゴンを作れるようになったんだヤツは! じゃあウチは闇の兵舎を……!

まるで、「はす向かいの家のタケちゃんが新しいトラクター買っただ! ワシはもっと高いの買うど!!」と言って、1ヵ月前に買ったばかりのトラクターがあるのに早くも新車を買おうとしていた親父方のじいちゃんを思い出すようなことを、毎日毎日くり返しているのだ。

しかもこうした競い合いは、それぞれの課金の有無でヒートアップor沈静化するのがおもしろい。

我がクランでふんだんに課金をしているメンバーは、“影のリーダー”と呼ばれ、クラン内ランクが不動の1位であるクーさん(ゴールドIに所属)、ファミ通App編集部の女尻笠井、そして唯一の一般メンバーである“リトルダディ”の3人だけだ。

このうち、クーさんとダディは治外法権的な立場(クーさんは我がクランの看板としてがんばってもらっている、ダディは一般の人)なので心穏やかに接することができるのだが、“同僚”、“部下”、“後輩”という枕詞がいろいろ付く笠井はそうはいかない。俺と目黒は、ヤツが課金したとわかるや烈火のごとく噛みつくのだ。

「テメ、笠井! なんでタウンホールが9になってんだよ!!(怒) 1週間前はレベル6だったくせに!! ヘンな青い虫(ガーゴイルと思われる)もプンプン飛んでるしよー!」(大塚)

「マル(笠井のこと)んとこ、村がイビツすぎるだろ!! なんでタウンホールが9なのに大砲とかアーチャータワーがレベル2なんだ!!(怒)」(目黒)

要するに、「俺たちより遅く始めたくせに、先んじるのが許せねえ!!!」という、子どものようなやっかみによる発言なんだけどな(苦笑)。しかもこれに笠井が、「昨夜しこたま酒を飲んで気が大きくなり、いつの間にか課金してタウンホールのレベルをあげちゃったみたいですわw」なんて俺たちの気持ちを逆撫でするもんだから、「もう酒やめろ!!(憤怒)」(大塚)、「おまえ最近、酒弱すぎだろ!!(嚇怒)」(目黒)と、日々本気で怒っているのでありました。

それほど感情をむき出しにして遊んでいるのだから、村づくりが捗るに決まっている。俺は10時間ほど前にタウンホールが8になったばかりなんだけど、村の様子はこんな感じになっております。

いま、一念発起してレイアウトの大幅変更に着手しているので、まもなくこれとはまったく違う形の村になると思うけど。俺の都市計画の方針は、

・細かく壁で区切る
・タウンホール、金庫、エリクサータンクは外壁からなるべく遠い場所(つまり村の中央付近)に配置する
・複雑に見える配置を心がけ、襲撃者が「うぇー……。ここ攻めるのめんどくせ……」と思わせるようにする

↑これを実践したいと思っている。それでも、上位クラスのプレイヤーに襲われたらひとたまりもなく、ケチョンケチョンにされたうえに20万G、20万エリクサーを強奪……なんていう、盗人に追い銭のようなこと(ちょっと違う?)をされたりするんだけどね……。

これが悔しくて、「盗られた分をどっかの誰かから補てん(リベンジは返り討ちが怖いので行けないw)しないうちは寝られねえ!!!」ってんで、ますます寝不足に拍車がかかるのでした。

いやしかし、終わりの見えないゲームだなクラクラは……。村のレイアウトなんて、いくらいじっても「これだ!!」ってならないし、万が一「これだ!」状態になってもボロカスにやられる日がやってくるし……。

いまいちばん興味があることは、クラクラの手練プレイヤーたちの村の状態。どんなレイアウトになっているのか、気になってしかたありません。

自慢の村を募集します!!(エントリー方法
Twitterで村自慢を募集します!
村の画面写真を添付のうえ、村のこだわりポイントを明記し、ハッシュタグ#kadomanを付けてつぶやいてください。ブログのネタになるかも……!※つぶやく場合は大塚角満のTwitter(@otsuka_kadoman https://twitter.com/otsuka_kadoman)のフォローもしてくださいね!
※村の写真は全体が入ったものが好ましいです。

 

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画部編集長代理。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 

▲攻略まとめページはこちら!

 

クラッシュ・オブ・クラン

メーカー
Supercell
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧