1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. バーコードフットボーラー>
  4. 【(新)BFB攻略ガイド】第1回:Androidでリスタート!

【(新)BFB攻略ガイド】第1回:Androidでリスタート!

2013-08-02 20:00 投稿

Androidユーザーは、今すぐ参戦せよ!

昨年12月のサービス開始から約7ヵ月で60万ユーザーを突破し、好調の波に乗るサイバードの本格サッカーシミュレーション『バーコードフットボーラー』(以下、『BFB』)。7月31日には待望のAndroid版の配信が始まり、清武選手やセルジオ越後氏とのタイアップも発表! さらなる盛り上がりが期待できる、いまが旬のタイトルだ。そんなわけでiPhone版に引き続き、Android版でも新たに攻略連載をスタート! 装いも新たに“(新)BFB攻略ガイド”と銘打った第1回では、iPhone版とも共通する、このゲームの基本的な遊びかたをレクチャーしていこう!

 

[関連記事]

※【バーコードフットボーラーまとめ】攻略&関連情報まとめページはこちら

『BFB』最大のウリと言えるのは、バーコードを読み取って選手を作成できること。選手の生成パターンは能力とレアリティの異なる3兆通り以上も存在し、身の回りにあるバーコードを試して選手を作り出す楽しさが味わえる。強力な選手が出現することは稀だが、成人したユーザーも童心に帰って楽しめる要素になっている。とはいえ、バーコード選手というフィーチャーはヒキこそ強いものの、本作が本当の意味で評価されているのはそこではなく、“サッカーシミュレーションとしての完成度の高さ”である。

 

基本的な遊びかた

練習と試合をこなし、“サポーター”数を増やしていくことが本作の基本的な目的。サポーターは経験値の役割を兼ねており、一定人数に達するたびにプレイヤーレベルがアップ! 練習や試合で消費する練習コストは5分につき1ずつ、試合コストは10分につき1ずつ自然回復する。

また、iPhone版の配信から半年以上サービスが続いているが、その間に完成に至った仕組みもある。代表的なのはフレンドと対戦できる“フレンドリーマッチ”と、クラ ブマネー(通貨)で引くことができる“シルバーガチャ”、本作を代表するイベントである“代表戦”に加わった多彩なレギュレーションだ。これらの仕組みが最初から実装されているのは、Androidユーザーにとってはうれしいポイントと言える。今回は第1回ということで、本作の基礎となるメニューを紹介していこう。

 

練習

練習コストを消費して行う強化メニュー。”全体練習”と”個人練習”があり、いずれも決まった“練習コスト”を消費する。

全体練習は習得したいフォーメーションを選択後、練習コストを消費して練習進行度を高めていく。これをくり返すと練習進行度が100%になり、フォーメーションを習得できる。なお、1回行動するたびに全選手に微量の選手経験値が加算されるが、フォーメーションのランクに応じた練習コストが必要になる。

個人練習では、全体練習同様、練習コストを消費して選択したひとりの選手を強化する。対象がひとりなので得られる選手経験値も高く、特定の選手を徹底強化するのに向いている。選手全員をまんべんなく強化したいのならば、全体練習のほうがよいだろう。状況に応じて、ふたつの練習メニューをうまく使い分けるべし。

なお、選手がレベルアップすると、10種類(キーパーは5種類)あるパラメータのひとつに1ポイント割り振りが可能だ。パラメータについては、次回以降で詳しく解説するのでお楽しみに。

▲全体練習は選手の経験値やサポーター数、クラブマネーも増えていくので、地味に増強できる。こちらをメインにこなそう。

 

▲個人練習はレベルによって練習コストの消費量が異なる。“練習×3”を選べば、コストは3倍だが効果も3倍に!

 

リーグ

“チーム”でスタメンと控え、フォーメーションを決めたら、おつぎは“リーグ”に挑戦してみよう。これは、同じリーグに所属しているプレイヤーの中から、自動マッチングされた相手のチームと試合を行う。なお、1試合行うたびに決まった“試合コスト”を消費する。試合が終了すると結果に関係なくクラブマネーとサポーターが増加するほか、試合結果が引き分け以上なら“勝点”が手に入る。勝点を稼いで“昇格条件”を満たすと、所属リーグがアップ、よりハイレベルな対戦相手と戦えるようになるのだ。自分の限界を目指して、リーグ戦をガンガンこなそう!
▲試合準備でポジションをしっかりチェック。不調の選手は疲れた表情(?)で歩いているので、元気な選手と交換すべし。相手チームのフォーメーションや選手をじっくり確認しておくことも重要だ。

 

▲試合ではスキルが発動するかどうかがカギ! 選手を育成する際はパラメータの割り振りもポイントだ。

 

バーコード

バーコードを読み取って選手を生成するメニュー。初めて読み取ったバーコードであれば、選手の名付け親になることができる。バーコード選手の多くは☆か☆☆だが、稀に☆☆☆以上の選手が誕生することも! 1回の読み取りには、200クラブマネーが必要だ。

 

▲さまざまな商品のバーコードを試してみよう。iPhone版で名付け親になるのはなかなか大変だが、Android版は今が狙い目!?

 

Android端末の中には、カメラでのバーコード読み取りに非対応の端末も存在する。「実際にバーコード選手を生成しようとしたのに、うまくいかない!」なんて人もいるはずだ。だが、そうした人も心配はご無用! 下記の手順どおりに操作をすれば、カメラでのバーコード読み取りに非対応の端末でもバーコード選手を入手することができるぞ。

 

1、バーコード入力画面に進もう。

まずは実際にバーコード入力画面へ移動して、”バーコード選手の生成”の項目内にある決定をタップしてみよう。自分の端末がバーコード生成に対応していない場合は、下記のような画面が表示されるはずだ。

 

2、バーコードに記載された数字を入力

バーコードの下に記載されたすべての数字をフォームに入力しよう。

これらの手順を踏まえるだけで、バーコード選手を生成することができる。サンプルのバーコードデータを用意しておいたので、実際に試してみてもらいたい。なお、下記のサンプルバーコードは、スマートフォン版『バーコードフットボーラー』公式サイト内のバーコード紹介ページでも確認可能だ。

 

※直接入力の際の注意事項

バーコードの読み取り非対応端末の場合は、直接入力を選択してバーコードの下に記載してある数字を全て入力してください。

 

ガチャ

選手が手に入るガチャを引く。ガチャの種類によって、出現する選手や平均的なレアリティに違いがある。ガチャを引くために必要なものもガチャによって異なり、ポイントやチケットが必要になる。

▲現在は6種類のガチャがある。フレンドポイントガチャは、1日1回無料で引けるので、毎日忘れずにログイン!

 

次回、代表戦について詳しくレクチャー!

遊びかたはシンプルながら、試合展開には選手の配置やフォーメーション、パラメータの割り振りなどが関係し、奥深い戦略性を持っている『BFB』。キャンペーン等でさまざまなタイアップ選手が登場することも多く、サッカーファンにはたまらない作り。さっそく始めて、自分だけのチームで最強のイレブンを目指してみよう!

▲日程とルールをよく確認して、ガンガン参加しよう!

次回以降は、『BFB』最大のイベント“代表戦”について詳しく解説! 前哨戦となる“プレ代表戦”に参加して、感覚をつかんでおこう!

 

バーコードフットボーラー

メーカー
サイバード
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone4、iPhone4S、iPhone5、iPad2、iPad(第3世代)、iPad(第4世代)、 iPad mini ※対象OSバージョン: iOS4.3以降   Android 4.0 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧