1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ダービーインパクト>
  4. 【攻略04】配合要素の謎に迫る! 『ダービーインパクト』配合指南パート2

【攻略04】配合要素の謎に迫る! 『ダービーインパクト』配合指南パート2

2013-07-18 12:00 投稿

●ニックスの組み合わせを探る!

ニックスは仔馬の能力を全体的に底上げする重要な配合理論だが、どの系統どうしの組み合わせで成立するかは公開されていない。そこで、今回はこのニックスの組み合わせを解明するべく、検証を行ってみた。

まず“トリプルニックス”とコメントされる配合に着目。これはニックスの判定条件である3ヵ所すべてでニックスが成立しているということになる。この配合から、ニックスの組み合わせ系統が3つ判明する。

 

[関連記事]
【攻略01】思わずのめり込む王道の競走馬育成『ダービーインパクト』の魅力に迫る
【攻略02】愛馬の能力を最大まで引き出せ! 『ダービーインパクト』育成指南
【攻略03】名馬を作り出す配合の基本! 『ダービーインパクト』配合指南

 


▲“トリプルニックス”とコメントされる配合の例。種牡馬のサドラーズウェルズ系に対して、繁殖牝馬側の母父ノーザンテースト系、母母父ニジンスキー系、母母母父ボールドルーラー系の3つすべてがニックス対象と確定できる。

 

一方、“アウトブリード”とコメントされる配合も要チェック。これは、インブリードやニックスなどの配合理論が何も発生していない配合だ。3ヵ所の組み合わせはどれもニックス対象ではないことがわかる。あとで消去法の材料として使うため、こうした組み合わせもしっかりメモしておく。なお“インブリード”とコメントされる配合に関しては、ニックスが成立しているのかしていないのか判断できなかったため、ここでは検証の対象外とした。

 


▲アウトブリードの配合例。種牡馬のミスタープロスペクター系に対して、繁殖牝馬側のヴァイスリージェント系、ノーザンテースト系、ターントゥ系はどれもニックス対象ではないことになる。

 

つぎに“ダブルニックス”とコメントされる配合。これは3ヵ所のうちふたつがニックス対象の配合だ。前述のアウトブリード配合でメモした組み合わせが含まれていれば、それ以外の2ヵ所がニックス対象の組み合わせと判断できる。

 


▲ダブルニックスの配合例。前述の例からミスタープロスペクター系×ノーザンテースト系がニックス対象外であるため、残りのミスタープロスペクター系×ニジンスキー系、およびボールドルーラー系がニックスの組み合わせとなる。

 

“シングルニックス”とコメントされる配合についても同様だ。3ヵ所の判定条件のうちニックス対象外の組み合わせがふたつ確定していれば、残りのひとつがニックス対象の組み合わせである。また逆に、3ヵ所の中にニックス対象の組み合わせがひとつ判明していれば、残りのふたつはニックス対象でないと判断できる。

 


▲シングルニックスの配合例。前述の例からミスタープロスペクター系×ボールドルーラー系がニックスとわかっているため、残りのミスタープロスペクター系×パーソロン系、およびレイズアネイティヴ系はニックス対象外が確定だ。

 

以上のようにしてニックス対象の組み合わせを導き出したのが下記の一覧だ。すべてを調べきったわけではないので、このほかにもニックスの対象の組み合わせが存在するかもしれない。また、完全に絞り込めず推測となる組み合わせについては“※”を記してある。ともあれ、ここで紹介している系統の組み合わせを実践すれば、ニックスの効果を得られるはずだ。

■ニックス組み合わせまとめ

種牡馬の系統 繁殖牝馬側の系統
 ヴァイスリージェント系 ボールドルーラー系
 グレイソヴリン系 サンデーサイレンス系
 ハイペリオン系
 ヘイルトゥリーズン系※
 サドラーズウェルズ系 ニジンスキー系
 ノーザンテースト系
 ヒムヤー系
 ボールドルーラー系
 ミスタープロスペクター系
 サンデーサイレンス系 グレイソヴリン系
 ニジンスキー系
 ボールドルーラー系
 ミスタープロスペクター系
 リファール系
 ストームキャット系 ミスタープロスペクター系※
 ストームバード系 ミスタープロスペクター系
 ゼダーン系 ノーザンテースト系
 ダンチヒ系 ネイティヴダンサー系
 ボールドルーラー系
 ロベルト系
 デインヒル系 ネイティヴダンサー系
 ボールドルーラー系
 トムフール系 レイズアネイティヴ系
 ヌレイエフ系 ネイティヴダンサー系
 ボールドルーラー系
 ノーザンダンサー系 クラリオン系
 ゼダーン系
 ネイティヴダンサー系
 ファイントップ系※
 ヘイルトゥリーズン系
 リボー系※
 ブライアンズタイム系 サンデーサイレンス系
 ノーザンダンサー系
 ノーザンダンサー系
 ブラッシンググルーム系 リファール系
 ノーザンテースト系※
 ヘイロー系 ニジンスキー系
 ノーザンダンサー系
 ノーザンテースト系
 ボールドルーラー系
 ミスタープロスペクター系
 ボールドルーラー系 サンデーサイレンス系
 リボー系※
 ミスタープロスペクター系 サンデーサイレンス系
 ニジンスキー系
 ノーザンダンサー系
 ヘイロー※
 ボールドルーラー系
 リファール系 ボールドルーラー系
 リボー系※
 ロベルト系 ノーザンテースト系

※は未確定のため推測

 

なお系統の組み合わせは、種牡馬側・繁殖牝馬側が決まっている点に注意。たとえばヘイロー系×ボールドルーラー系という組み合わせの場合、種牡馬側がヘイロー系、繁殖牝馬側がボールドルーラー系だとニックスが成立するが、逆に種牡馬側がボールドルーラー系、繁殖牝馬側がヘイロー系だと成立しない。

さて、ニックス対象の組み合わせがわかれば、トリプルニックスを狙うのは難しくない。使いたい種牡馬をまず決めて、その種牡馬とニックスになる系統の馬が母父・母母父・母母母父に来るよう繁殖牝馬を作って配合すればいい。たとえば種牡馬ディープインパクトを使って競走馬を作りたいなら、ミスタープロスペクター系の種牡馬×ミドガルズオルムという配合で繁殖牝馬を作れば、ディープインパクトと配合したときに下記のようにトリプルニックスが成立する。

 


▲上記本文の配合例。繁殖牝馬側の系統がミスタープロスペクター系・リファール系・ニジンスキー系となり、3つとも種牡馬のサンデーサイレンス系とニックス対象……つまりトリプルニックスとなる。

 

●そのほかの配合要素ワンポイント解説!

これまで2回にわたって配合について紹介してきたが、そのほかに配合に関する要素を以下で補足しておこう。これらを知っておくと、配合を考える際に役立つはず。より強い馬を作るための参考にしてほしい。

【両親からの能力の継承】
仔馬の能力は基本的に両親の能力がベースとなって決まるが、スピードについては父から、スタミナは母からより強く受け継がれる。スピードの高い種牡馬とスタミナの高い繁殖牝馬を配合するのが理想と言えるだろう。また、適性(芝orダート)・ゲート・小回り・右回り・左回・道悪・坂は父からのみ受け継がれる。そのほか、母の底力は仔の成長持続力に影響し、これは代を重ねるごとにどんどん低下していくようだ。ちなみに自家生産種牡馬に関しては、競走馬時代のGI勝利数に応じて種牡馬入り後の爆発力が高くなる。できるだけGIをたくさん勝利してから引退させよう。

【三冠馬配合】
父・母ともにクラシック三冠を制していると成立する配合理論。母は牝馬三冠と牡馬三冠のどちらを制してもOKだが、桜花賞・ダービー・秋華賞のような混合三冠は不可だ。この三冠馬配合は、産駒のスピード・スタミナ・瞬発力・根性・気性・距離適正がアップするという絶大な効果がある。ただし産駒はやや早熟傾向になり、爆発力と成長持続力は低下する。なお、ゲーム中で用意されている種牡馬の中ではディープインパクトが三冠馬である。

【殿堂馬配合】
父・母ともにGIを3勝以上していると成立する配合理論。三冠馬配合ほどではないが、産駒のスピード・瞬発力・根性が上がってスタミナも少し上がるという堅実な効果がある。また、産駒の成長持続力はやや低下するようだ。ゲーム中で用意されている種牡馬の中では、テイエムオペラオー、タイキシャトル、ディープインパクト、オグリキャップが殿堂馬である。

【黄金配合】
ゴールドシップやオルフェーブルなどを輩出している配合で、父ステイゴールド、母父メジロマックイーンの場合に成立。スピード・スタミナ・瞬発力・根性・距離適正が大きく上がり、気性が大幅にダウンする。

【おぼっちゃま配合】
父・母父・母母父・母母母父がすべてSランク以上の配合。スピードとスタミナが上がるが、根性と成長持続力が下がる。

【雑草魂配合】
前述のおぼっちゃま配合とは対照的に、父・母父・母母父・母母母父がすべて最低のDランクの配合。スピードとスタミナが少し上がり、根性が大幅にアップ。また成長持続力も上昇する。低ランク馬からの一発逆転配合だ。

【スピード配合】
父・母父・母母父・母母母父の距離の下限がすべて1200m以下という短距離家系の配合。よりいっそう短距離馬としての磨きがかかり、スピードがややアップし、スタミナが少し下がる。

【スタミナ配合】
父・母父・母母父・母母母父の距離の上限がすべて2000m以上という長距離家系の配合。前述のスピード配合とは逆に長距離型の傾向が強くなり、スタミナがアップしてスピードがやや下がる。

【ど根性配合】
父・母父・母母父・母母母父の根性がすべてAA以上の配合。根性がアップするが気性が少しダウンする。

【草食系配合】
父・母父・母母父・母母母父の気性がすべてAA以上の配合。気性がアップするが根性が少しダウンする。

【切れ味配合】
父・母父・母母父・母母母父の瞬発力がすべてAA以上の配合。瞬発力がアップするがスタミナが少しダウンする。

【パワー配合】
父・母父・母母父・母母母父の道悪がすべて◎の配合。道悪◎の産駒が産まれやすくなる。

【ダート配合】
父・母父・母母父・母母母父の適性がすべてダートの配合。適性がダートの産駒が産まれやすくなる。

 

[関連記事]
【攻略01】思わずのめり込む王道の競走馬育成『ダービーインパクト』の魅力に迫る
【攻略02】愛馬の能力を最大まで引き出せ! 『ダービーインパクト』育成指南
【攻略03】名馬を作り出す配合の基本! 『ダービーインパクト』配合指南

 

ダービーインパクト

メーカー
エイチーム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone4、iPhone4S、iPhone5、iPad2、新型iPad、iPad mini、iPod touch(第5世代) ※iOS 5.0以降、Android 2.3.1以上を搭載し、ネットワーク通信を使用できる端末 ※一部端末除く

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧