1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ドラゴンリーグX>
  4. 【ドラリーX部】いま蘇るファミ通バトル! 終盤戦をプレイバック(特別篇)

【ドラリーX部】いま蘇るファミ通バトル! 終盤戦をプレイバック(特別篇)

2013-05-29 22:22 投稿

【まとめ】『ドラゴンリーグX』攻略ページはこちら

 

『ドラゴンリーグX』のアイテムもついてくる!
『ファミ通App NO.008 iPhone』好評予約受付中!
★Amazonでの予約はこちら!

 


ドラリーX選抜チームvsファミ通App編集部チーム、終盤戦をピックアップ

.

 

中盤戦のプレイバック以降、とんと更新できずに大変申し訳ございません!!! さかのぼること2013年4月7日に行われた、『ドラゴンリーグX』とファミ通App編集部によるスペシャルイベント“ファミ通バトル”。お待たせしまくってしまいましたが、今回はいよいよファミ通バトル終盤戦の模様をお届けいたします。と、その前に、皆さん序盤戦、中盤戦の流れを忘れてしまっていると思うので、下記リンクからおさらいしておいていただけると幸いです(ごめんなさい!)

 

[関連記事]
いま蘇るファミ通バトル! 序盤戦をプレイバック(特別篇)
いま蘇るファミ通バトル! 中盤戦をプレイバック(特別篇)

 

さて、中盤戦の記事の最後でも書いてあったように、序盤から『ドラリーX』選抜チームの圧倒的な強さを前に、劣勢に立たされていたファミ通App編集部チーム。だが、試合開始から30分での百人乗っても稲葉の自動復活の直前(29分)に全員が復活して、合体技をくり出すという意表を突いた奇襲が成功し、この試合で始めてBPでリードを奪うことに成功した……のだが、そこから回復で復活してくる『ドラリーX』選抜チームを瞬殺するという作戦を立てたのだが、途中でファミ通App編集部チームのレギュラー陣の技Pが枯渇し、その隙を見逃さなかった『ドラリーX』選抜チームによって再度全滅させられ、終盤戦へと突入していった。

 

こうなるとファミ通App編集部チームとしては、おなじみの作戦“サブメンバーによるジャブでコンボをつなぐ”に望みを抱くほかない。試合開始から49分の時点で、1762992BPの『ドラリーX』選抜チームに対し、ファミ通App編集部チームはレギュラー陣全滅の中、サブメンバーがジャブでコンボをつなぎ、何とか1559001BPで食らいていた。

 

 

試合開始50分(※動画の00:10の場面)、中目黒目黒、岩田ジュビ郎、ペイ田中、百人乗っても稲葉が復活して反撃を試みつつ、田中が何とかベヒーモス(敵の攻撃に対して魔獣の如く反撃)を召喚することに成功。しかし、やはり『ドラリーX』選抜チームのスピーディーな攻撃によりすぐさま全滅。田中が気絶したため、ベヒーモスも消滅する始末だ(ふたたび目黒と岩田が回復するも、結果はやっぱり瞬殺!)。BPは『ドラリーX』選抜チーム1863007BP対ファミ通App編集部チーム1584217BP

 

続いて試合開始51分(※動画の01:33の場面)。田中と岩田が復活し、合体技を決めることに成功……したのだが、同時に『ドラリーX』選抜チームの攻撃も受け、なんとここでダブルノックアウト! 両チームのレギュラー陣(+乱入したサブメンバー)が全員気絶するという状態に! これを見た女尻笠井が回復し、竜の呼吸(次に与えるダメージUP!)を出すも、『ドラリーX』選抜チームのサブメンバーによる連続投石が直撃し、これまたすぐに倒されてしまったのだ。このままでは無情に時間だけが過ぎてしまうと、52分(※動画の02:13の場面)にファミ通App編集部チームが全員復活し、気絶している『ドラリーX』選抜チームに対して追い撃ちを仕掛けてBPを稼ぐことに。しかし、『ドラリーX』選抜チームもサブメンバーたちがジャブや連続攻撃でコンボをつないでファミ通App編集部チームのメンバーにダメージを与える。倒されては起き上がり、また倒されては起き上がりという状況が続き、そのBP差はなかなか縮まらないまま……。それならばと、54分(※動画の04:44の場面)に笠井、稲葉が竜の呼吸で次に与えるダメージをアップさせ、何とか1955639BP1801848BPまで迫った。

 

しかし、試合開始55分(※動画の05:07の場面)、『ドラリーX』選抜チームのレギュラー陣が回復から復活し、さらにサブメンバーも乱入を仕掛け、ファミ通App編集部チームを一掃。さらにダメ押しとなるリヴァイアサン(ときおり敵の攻撃を完全防御)を召喚! こうなってしまうとファミ通App編集部チームにとって状況は最悪。しかし、手をこまねいて見ているわけにもいかないファミ通App編集部チームは、 サブメンバーがジャブコンボをつなぎつつ、最後の力を振り絞り、全員が同時復活して合体技をくり出す! が、笠井、稲葉の土台となる必殺技は鉄壁防御され合体技を決める役割の目黒や岩田も必殺技を打つ前に倒されてしまう。唯一、田中が稲葉が残した土台で合体技を決めるも、これまた鉄壁防御でダメージ0。そんな状況にあってもファミ通App編集部チームのサブメンバーは最後までジャブによる攻撃を続けたが、そのBP差は縮まらず。そして試合終了1分前、『ドラリーX』選抜チームがダメ押しのダメ押しとなるウンディーネ(ダメージを大幅軽減)を召喚し、ここで勝負あり。

 

最終結果は、『ドラリーX』選抜チームが2485703BP。対するファミ通App編集部チームが2044288BPで、『ドラリーX』選抜チームが、見事ファミ通バトルで勝利を掴んだのだった。

 

『ドラリーX』選抜チームの皆様、参りました! そしてファミ通バトルに応募してくれた方や試合を観戦してくれたから、我々に剣で語るをしてくれた方、ありがとうございました! 最後に、ファミ通バトルを開催してくれたアソビズム様、ありがとうございました!ファミ通App編集部一同

ドラゴンリーグX

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone4 以降(iPhone4S、5 推奨)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧