1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ドラゴンポーカー>
  4. 『ドラゴンポーカー』こぞって遊びたくなる調味料とは

『ドラゴンポーカー』こぞって遊びたくなる調味料とは

2013-05-28 22:10 投稿

 ▲『ドラゴンポーカー』攻略まとめページはこちら

●あの優越感はどこに

『ドラゴンポーカー』で遊んでいてとくに「イイネ!」と思うのは、そのソーシャル性である。これまで、ガチのソーシャルゲームをまったく遊んだことがないから余計にそう思うのかもしれないが、フレンドと一喜一憂しながらポーカーの役を揃えていく……というゲーム性には、脱帽しまくって帽子が足りないくらいだ。

ポーカーって正直、マニアックなトランプゲームもたしなむ俺からすると、あまりおもしろいルールではない。罰ゲームでも賭けてやるならまだしも、純粋にポーカーだけで……となったら、2、3回プレイしたところで「やっぱ微妙。大富豪かゴップかファイブハンドレッド(いずれもトランプのゲーム)やろうぜ」となること請け合いである。しかし! ポーカーのルールを一度分解し、ソーシャルな味付けのもとに再構築した『ドラポ』は、

「ポーカーって、こんなにおもしろくなるんだ!!」

と、目からうろこが落ちまくるくらい楽しいのだ。リアルに人を10人集め、このルールで5vs5の対決をしたいと思ったくらい、俺とその仲間たちはメロメロになっているのである(実際にやったらおもしろいのかなあ?)。

そんな、『ドラポ』を遊ばせるための燃料は、すばらしいルールにだけあるわけではない。ふだんは頼りになるフレンドとの争いも、モチベーションを上げる格好の材料になっているのだ。

どういうことかというと、このスクショを見れば一目瞭然。

 

画面上部の縦長のイラストは、各プレイヤーのリーダーモンスターだ。その上にはプレイヤーの名前があり、それとくっつくように何やら数字があるのがわかると思う。こいつが、モチベーションの鍵を握る“クセモノ”なのである。

ではこれ、いったい何かと言うと、フレンド内における“デッキ総合戦闘力”の順位なのだ!

くり返し言うが、順位ナノダ!!

順位っつーことは、フレンド間での強さの序列ができてしまっているということであり、上位にくればうれしいし、下位に下がれば悔しい……ということ。どうせなら、なるべく上にいたい。

当初、俺のフレンド内順位は5位前後だった。まあフレンドの数も10人足らずだったんだけど。それでも一桁順位というのはうれしいもので、俺はホクホク顔でこんなことを言っていたのだ。

うほほほ^^ 俺はいま、紛れもない上位ランカーだ^^ やっぱり、配信当日からスタートダッシュしてよかったなあ^^^^

フレンドたちから「大塚さん、今回はスゲえな」、「角満さんの気合、ハンパねえwww」と言われたいがために、俺は高ランクをキープすることを心に誓ったのであった。

しかし。

余裕の体で遊んでいたある日、ふと気が付くと俺の順位が8位になっていた。「あれ?」と思いはしたものの、抜かしていった人々の総合戦闘力を確認すると、俺とほんのちょっとしか違わないことがわかった。思わず笑いが込み上げる。

ぷぷw なあんだ。俺を抜かそうと思って、無理矢理モンスターを合成して順位を上げやがったなwww

必死になって総合戦闘力を上げた、フレンドの顔が脳裏に浮かぶ(基本、リアルフレンドと遊んでいるので)。俺はその努力をたたえながらも、「ここは、先行者の実力を思い知らせておこう」とつぶやき、彼らを再びごぼう抜きした。

しかし、その翌日。

朝起きて『ドラポ』を起動すると、なんと俺の順位が12位になっていたではないか!! 前日に俺を抜いていった人々はもとより、それまで遥か下にいた連中までもが一桁順位にいる……!! な、なんでこんなことに……。俺、なるべく上にのし上がろうと無理してお金を工面し、モンスターを合成したりしたが、11位から10位になるのがやっとだった。それも、僅差で……。タラリと、頬を汗がつたう。背後からヒタヒタと、日本大学のダニエル選手が接近してきている足音が聞こえた気がした。

けっきょく必至に足掻いたものの、現在の俺の順位は18人中14位……!! しかも、俺よりも下位にいる連中が猛チャージを仕掛けてきているので、まとめてブチ抜かれるのも時間の問題な気がする……。

ちくしょう、見てろよ。

いつか上位に復帰して、“角満、ここにあり!!”を証明してやるからな!

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

[大塚角満の関連記事]
『ドラゴンポーカー』フレンドこそが“最強のカード”!
『ドラゴンポーカー』古典“ポーカー”の現代アレンジは見事に結実した!

ドラポの表紙が目印!
ファミ通App NO.008
iPhone

予約受付中!!
今回も限定アイテム盛りだくさん

『ドラポ』も付いてくる!
★amazonでの予約はこちら!

 

ドラゴンポーカー

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 5.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧