1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ドラゴンポーカー>
  4. 『ドラゴンポーカー』フレンドこそが“最強のカード”!

『ドラゴンポーカー』フレンドこそが“最強のカード”!

2013-05-24 20:23 投稿

▲『ドラゴンポーカー』攻略まとめページはこちら


●まずは、犬と猿とキジを捕まえるかな

前回の記事でも書いたが、『ドラゴンポーカー』は仲間と協力してポーカーの役を作り、それに応じて敵に攻撃する……というシステムを採っている。この、“自分はたったの1枚しかカードを出せない”という制限が、トランプゲームの古典であるポーカーを21世紀のソーシャルゲームに進化させた最大の要因であり、このゲームの“キモ”でもある。

……ってなシステムなので、火急の課題となるのはやはり“フレンド選び”だ。というのもポーカーのような、

(ここは何を出す……? ブタ(何の役もできないこと)を避けるために、せめてワンペアを取っておくか……? それとも、高めを狙ってフラッシュ、あわよくばストレートフラッシュに……。うーんうーん)

という、精神の機微により狙う役にムラができるゲームに関しては、CPUよりも圧倒的に、血の通った人間のほうが得意だと思うのだ。

実際、配信開始当初のCPUは、リアルプレイヤーが2枚続けて属性のカードを出し、「おし! フラッシュ狙いで!!」と思ったところで属性を出して文字通り冷や水を引っ掛けたり(※最近のメンテにより、CPUがフラッシュを狙う確率が高くなったとのこと)属性の敵がズラリと並んでいるので「よっしゃ! ……ってことは、で攻めればいいんだな!」と気合が入っているのに、いきなり属性のカード(に弱い)をビシャンと出したりしていた。そのたびにプレイヤーは、「うおい!! 頼むよ冒険者(CPUのこと)!!」、「ナゼそこで森を出そうと思った!!><」と歯ぎしりをさせられるわけだが、これがリアルプレイヤーなら、そういったミス(……ホントにカードがないのかもしれんが)は激減すると思うのだ。

そこで俺は、“角満軍団”と呼ばれる数年来のゲーム仲間(ゲーム偏差値が超絶高い有名プレイヤー含む)に片っ端から、「いっしょにドラポやろうよ!」とメールを出し、心強い同志を得ることに成功。それと並行して、中目黒目黒ハイネ鳥居といった仲のいい編集者にもつぎつぎとフレンド申請を送った。快適なドラポライフを送るための外堀が、じょじょに埋まってきているのを感じた1日であった。

翌日。

いつものように社員食堂で昼飯を食っていると、ざるそばとおにぎり()を頬張っていた目黒がこんなことを言ったではないか。

「そういえばドラポ、マルもやっていますよ。かなり強いので、フレ申請を出しておくといいかもです」

マル……というのは、『ドラゴンリーグX』のブログを書いている女尻笠井のことだ。前回の記事でも触れたが、笠井は『ドラリー』に激烈ハマりしていて、その実力は相当なものがあるらしい(俺、ドラリーはやってないのでよくわからず)。この『ドラリー』の流れに乗って『ドラポ』にも進出しているらしく、すでに我々の仲間内では頭ひとつ抜き出たくらいまでデッキを育てているという。

目黒の提案に、俺はコクリと頷いた。

「ああ、いいね。んじゃさっそく、フレンド申請を送っておくわ~」

笠井との付き合いは、かれこれ15年にもなろうか。まだ20代前半の若造だった彼はファミ通に入るなり俺の部下となり(俺も20代半ばだったけどw)、以後長きにわたって同じ釜の飯を食ってきた。編集のへの字も知らずに入ってきた笠井に、記事の書きかたや取材の作法、校正のテクニックなどを叩き込んだのはすべて。毎週必ず、校了を迎えるたびに朝までいっしょに酒を飲み、ロサンゼルスやニューヨーク、ヨーロッパにもたびたびふたりで出張に行ったっけ……。いまでこそ別々の部署になってしまったが、俺、目黒、笠井の3人の間にあるは、ちょっとやそっとでは崩れない強固なものになっているのである。

しかし

笠井にフレンド申請を送ってから丸1日経ったが、彼からはまったく音沙汰がない。

「ま、ヤツもあー見えて忙しいからな。ドラポもなかなかできないんだろうな」

と思おうとしたが、目黒のダンジョンに乱入したりすると、嬉々として暴れ回っている笠井がいたりする。

「なんだ、やってんのか。じゃあ気付いていないだけかな」

そうつぶやいてさらに待ったが、2日経っても3日経っても笠井が申請を承認してくれる気配がない。俺は目黒に、震え声で相談した。

「笠井のヤツ、俺の申請を承認しないんだけど。どうなってんだ!」

現在、笠井の直属の上司となっている目黒は笑いながらこう言った。

「あーw それはたぶん、大塚さんが弱いからっすねw マルはドラリーから引っ張ってきている屈強なフレンドが多いでしょうから、ふるいにかけられたんですよw」

ガビーーーーン!! お、俺たちの絆っていったい……。

昭和なリアクションで身を震わせていると、目黒はこんな提案をしてきた。

「そう言えば、間々田さんもドラポを始めましたよ。さすが、速攻で強くなっているので、間々田さんに申請したらどうですか?」

間々田というのは、長年ファミ通でゲームの攻略を担当している“スレイブ間々田”のことである。どんなゲームでも達人のレベルに到達してしまう間々田は、なるほどフレンドにぴったりだ。

「いいね! じゃ、間々田にも送っておこっと♪」

俺はゴキゲンで間々田のキャラにフレンド申請を送り、「これで安心のドラポライフを送れるぜ!!」とわめいて、その日は安らかな眠りについたのであった。

しかし。

1日目

シーン

間々田は承認してくれなかった

2日目……。

シーーーン……

3日目…………!

シーーーーーーーン…………

4日目…………………!!

シーーーーーーーーーーーーーーン…………って、そんなに俺とフレンドになるのがイヤかッ!!!!!(号泣)

その後、目黒に「大塚さんが泣いてるよwww」と突っ込まれたふたりは立て続けに「スマセンwww フレンド申請を見ていなくて、気付きませんでしたwwww」と笑ってフレンドになってくれたが、ホントに気付いてなかったのか、怪しいものである……(疑)。

まあでも、そんなこんなでようやく体制が整ってきたのでした。

 

…”ざるそばとおにぎり”ではありません。”ざるそばとおいなり”になります。ざるそばとおにぎりはいっしょに食べない主義です(注釈:中目黒目黒)

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

[大塚角満の関連記事]
『ドラゴンポーカー』古典“ポーカー”の現代アレンジは見事に結実した!

ドラポの表紙が目印!
ファミ通App NO.008
iPhone

予約受付中!!
今回も限定アイテム盛りだくさん

『ドラポ』も付いてくる!
★amazonでの予約はこちら!

 

ドラゴンポーカー

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 5.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧