1. サイトTOP>
  2. 『クレイジータワー』のお祭りコラボを遊んでみた

『クレイジータワー』のお祭りコラボを遊んでみた

2013-04-10 22:17 投稿

●コラボ作品のキャラがモンスターとなって登場

『クレイジータワー』とコラボをしている作品は、『パズル&ドラゴンズ(以下、パズドラ)』、『ケリ姫スイーツ(以下、ケリ姫)』、『戦国テンカトリガー(以下、テンカトリガー)』、『ラグナロクオンライン Mobile Story(以下、RO Mobile Story)』の4作品。それぞれの作品から代表となるキャラクターたちが『クレイジタワー』に押し寄せ、ビルに攻めてくるモンスターとして登場しているぞ! では、さっそく全キャラクターコンプリートクリアーを目指して、コラボを楽しんでみよう!

 


クレイジータワーのまとめページはこちら!

 

▲コラボハンティングは、プレイ時にデータのダウンロードが必要だ。とはいえ、そこまで容量が多いわけではないので、電波環境にだけ気を付けてからプレイするといいぞ。

 

●まずは『パズドラ』からの刺客を攻略

まず最初に挑戦したのが、おなじみ『パズドラ』から登場の“キングゴールドドラゴン(以下、キンゴル)”! 出展元と同じように、高い防御力とたくさんの経験値を持っていそうな予感だ。ハンティング画面で“キンゴル”を見たところ、弱点は娯楽施設による攻撃と判明。ふむふむ、いまやゲームという娯楽の頂点を極めた『パズドラ』からの参戦なのに、娯楽が苦手とは意外だ。まぁそんなメタな考えは放っておいて、さっそくハントスタート!

動きはそこまで速くなく、HPも低くなっているものの、さすがに硬い! 予想通り防御力がかなり高く設定されているようだ。そしてなにより、経験値が出るわ出るわ。防御力が高いとは言え、HPは高くないので意外とモロイ。相手の動きを劇的に遅くするアイテム“ネット”を使って動きを抑えてしまえば、パパッと倒せてしまった。しかし、こいつは美味い! 笑いが止まらないほど経験値が溢れてきた。レベル8以上の娯楽施設が2ヵ所もあれば、まず最高難易度でも負けることはないだろう。そして、“キンゴル”を倒して得られた報酬アイテムは、『パズドラ』で御三家と呼ばれるドラゴンたちの帽子3種と、“キンゴル”の帽子の系4つ。なかなかキュートなアイテムだ。


▲巷でウワサのあいつ、“キンゴル”が『クレイジータワー』に殴り込み! その実力は?

▲ダメージを受けると、『ケリ姫』に出てくる敵のようなリアクションを取る。これはこれでカワイイかも。

▲“キンゴル”というだけあって、経験値もガッポガッポ! 通常ではなかなか手に入らない金のレベルアップチケットも手に入るので、かなりお得だ。

▲コンプリート報酬の“キングゴルドラ帽子”。被っているだけでテナントの収益が上がりそうな神々しさがある。だが、そんな効果は一切ないので期待しないように。

▲ほかの帽子はこんな感じ。個人的には、ブラッキィの帽子がお気に入り。

 

●『ケリ姫』からはガウガウキングが参戦

つづいての挑戦は、『ケリ姫』から参戦の“ガウガウキング”。弱点は食料品店からの攻撃だ。さぁ情報を抑えたところでいざ挑戦! って、デカッ!! 画面半分を覆うかと思えるほどのサイズに驚愕。動きはトロイが、なによりデカイ。試しに、相手を少し押し戻すアイテム“植木鉢”を使ってみても、まるでビクともしない。うおお、さすがにデカイだけあるぜぇ。

そんなこんなの試行錯誤の結果、どうやら“ガウガウキング”には“毒薬”が有効であることが発覚。これは、相手のHPを徐々に減らしてくれるものだ。なるほど、「HPが多い敵には毒が有効」というゲーム界のセオリーが活かされているようだ。これさえ押さえておけば、4回目の挑戦、最大難易度でも比較的楽に倒せる。というか、“ガウガウキング”はあまりにデカく、ただそこにいるだけでも3フロアからの攻撃を浴びるため、ショップのレベルがそこそこ高ければ“毒薬”を使わずともクリアーできてしまうかも? ちなみに、討伐報酬のアイテムは『ケリ姫スイーツ』に登場するキャラクターたちのお面。とくに、どれだけキモイ住人でも、かぶるだけでたちまちに可愛くなれる“姫さまフェイス”のお面はゲットしておいて損はないはず!?

 


▲暴君“ガウガウキング”は食料品が苦手!? いかにも大食いという印象を持っていたが、本当は食が細いのかもしれない!?

▲デケェ! 画面の半分以上を占めちゃってるよ!! しかし、本作に置いてサイズのデカさはイコール、マトのデカさとなってしまう。あわれ“ガウガウキング”。

▲4回目のハントになると、HPのバーは3本半にもなる。これを削りきるには、やはり“毒薬”が有効だ。

▲報酬“姫さまフェイス”をゲーット! これはなかなかにカワイイ。目がハートになっているところがポイントだ。

 

●第六天魔王こと信長……デカイ

さぁさぁ、このままの勢いでつぎも倒してしまいましょう! 次のターゲットは『テンカトリガー』から参戦の“信長”だ。第六天魔王とも呼ばれ、さまざまなゲームで最強キャラクターとして登場する信長公は、『クレイジータワー』ではどうなってしまうのか? 弱点はサービス業からの攻撃のようだ。弱点をしっかりと押さえたところで、レッツハンティング! って、これまたデッケェ!! “ガウガウキング”とほぼ同じサイズだぞ、これ。しかし、デカくてHPが高めということは、“ガウガウキング”と同じく“毒薬”が有効かもしれない。そんな予想を立てて、さぁ打倒信長だ!

予想的中! 見事に“毒薬”が功を奏し、パパッと討伐成功。弱い、弱いぞ信長。大丈夫か? それで天下統一できるか? いや、もしかしたら私が強すぎただけかもしれん。ともあれ、コラボハンティング3つ目クリアー。報酬アイテムは、『テンカトリガー』のマスコット的キャラクター“軍師くん”になりきれるセットと伊達正宗を彷彿とさせる兜など。ふむ、一式セットとはおもしろい。

 


▲サービスを受けるのが苦手な殿様というのは、かなり意外な存在だ。

▲デケェよ信長!! そんなサイズで合戦場にいたら、格好の的だよアンタ!

▲“軍師くん”の頭をゲット。あらカワイイ。これは絶対に手に入れておきたい一品だ!

▲さっそく、キャラクターを“軍師くん”セットに着替えさせてみたぞ。これはいいものだ!

 

●最後は飾るのはマスターリング

いよいよ最後の挑戦。『RO Mobile Story』とのコラボハンティングの時間だ。登場する敵は同作と『パズドラ』とのコラボでもおなじみの“マスターリング”。可愛らしい姿をしているが、侮らずに挑戦してみよう。弱点は小売業からの攻撃だ。

さすがコンパクトサイズだけあって動きは速い。いや、それ以上に可愛らしさが目に入って、ついつい攻略の手をやめ見入ってしまう! これは危険だ。コヤツめ、そういう戦法できたか。なんと姑息な。しかし、こちらは50階もの高層ビルオーナーだ。あっという間に蹴散らしてくれる! ここは心を鬼にして、その愛らしい顔に商品を叩き付けてくれようではないか。

ということで、攻略スタート。とりあえず、動きが早いので“ネット”を使っての足止めを画策。驚くほどの効果は得られないが、まるで効果がないというわけでもない。続いては“毒薬”でHPを削る作戦にも出てみたが、こちらも目に見えるほどの効果は現れず。ふむふむ。では、“植木鉢”を使って相手を押し戻してみようと試してみたが、こちらもさほどの効果は表れない。そこそこの効果があったのは、“ネット”のみのようだ。ここは、“ネット”と、直接ダメージを与える“ボム”を使って地道にダメージを与える作戦に移行しよう。ということで、この作戦で見事クリアー。意外や意外、4回目の挑戦をクリアーするまでに、20階も登られてしまった。うーむ、さすがは最後の敵というだけあって、そこそこに強かった。

得られた報酬はこちらも同作に出てくるモンスターたちのマスク。愛らしいマスクなので、顔が気に食わないキャラクターにかぶせると、心を和ませてくれるキャラクターに大変身してくれることだろう。

 


▲これは戦いである。説明文にも書かれている通り良心を捨て、マスターリングの脳天に商品を突き立てるような意気込みで、討伐を目指せ!

▲しかし、カワイイ。すげぇぷにぷにしそう。これではコチラが悩殺されかねない。

▲ダメージを受けたときの表情もカワイイ! あぁ、これは犯罪的ですわ。反則ですわ、この愛らしさは。

▲しかし無慈悲に完全クリアーし、スペシャル衣装をゲット!

 

ということで、コラボハンティングはすべてコンプリートクリアー! 難易度は比較的低めに設定されているので、誰しもが楽しめるようになっているはずだ。これまでに『クレイジータワー』を遊んだことがないという人でも、最低難易度なら初めてすぐにでもクリアーできるかと思うので、ぜひともこれを機にチャレンジしてほしい。そして『クレイジータワー』の魅力に気付いてもらえればなによりだ。

 

クレイジータワー

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金)
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み。Android 2.2以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧