1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ドラゴンリーグX>
  4. 【ドラリーX部】第6回『出会いと別れ その1』(女尻笠井篇)

【ドラリーX部】第6回『出会いと別れ その1』(女尻笠井篇)

2013-03-18 20:00 投稿

売り切れ御免!
今回も限定アイテム盛りだくさん!(ドラリーX完璧ガイドブック付き!
『ファミ通App iPhone&Android NO.006』絶賛予約&販売中!

★Amazonでの購入はこちら!

【まとめ】『ドラゴンリーグX』攻略ページはこちら

 

●ゲームプレイ通算4回目の移籍をしました

前回、チームの仲間との絆の話をした。『ドラゴンリーグX』では戦力も重要だが、仲間との結束力、コミュニケーションがもっとも大事な要素だと。だが、僕は先日ドラゴンバトルを勝った仲間たちとお別れをした

決して喧嘩別れをしたわけではない。ただ、ちょっとずつみんなの気持ちがすれ違っただけだと思う。そんな空気に僕が絶えられなかっただけ。チームを抜けるのは何だかそんな空気から逃げるようで後ろめたさもあったが、中途半端な気持ちでチームに居残るほうが迷惑をかけてしまうと思い、抜けさせてもらった。完全な僕のワガママだ。

これまで僕は4回チームを移籍してきた。いずれのチームの仲間も本当にいい戦友だったし、いまでも“口で語る”でやり取りを続けているフレンドもいる。移籍の理由は、「もっと勝てるチームに行きたい」、「もっと会話を楽しみたい」など、その状況によって違った。

当然、ずーっと同じチームで同じ仲間と楽しんでいる人も大勢いると思う。しかし、些細なことがきっかけで、解散や移籍が起こり得る。では、そんなに仲がいいのに、なぜ解散や移籍をしてしまうのか?

『ドラゴンリーグX』は、レギュラーで毎回試合にも出てレベルも戦闘力も高い人、レギュラーとサブを行ったり来たりしながら1日1、2回試合に参加する人、サブで試合には参加するけどあまり会話に参加してこない人……それこそ遊んでいる人数だけの個性の集合体でチームが形成される。

 

だからこそ、こういうことが起こりうる

 

たとえば、毎回試合に出場している人は、ほとんど試合に出ない人に対して「俺がこんなにがんばっているのに君らは試合に出ないのか?」、「なんでイベントのポイントを俺らが稼いでいるのに……」といった気持ちが芽生える。一方、リアル生活の影響であまり試合に参加できない人たちは、「試合参加率が高いの人たちに意見するのははばかられる」、「リアル生活あるんだから仕方ない」といった理由で、会話に積極的に参加しなくなる。会話に参加しないでいると、逆にレギュラーの人たちは「試合に参加できないのはまだしも会話に参加もしないって同じチームでいる必要ある?」と感じてしまうことがある。

 

感情の負のスパイラル

 

これはあくまでも一例で、今回の移籍とはまったく関係ない話。だが、過去に僕はサブもレギュラーも経験してきたので、実際にこういった感情を両方の立場で経験したことがある。

 

でも、決してどっちが正しくてどっちが悪いなんてことはないと思う。

 

みんな『ドラゴンリーグX』が好きだという想いは同じ。だけど、好きだという想いの質、量は千差万別。だからこそ起こるすれ違い。まさに会社や学校、ご近所さんとのお付き合いといったことに近い、『ドラゴンリーグX』はまさに人間関係の縮図なんだと思う。だからこそ、よりゲームにのめり込んで遊んでしまうのだ。

 

●ファミ通App最新号の発売迫る!

『ドラリーX』完璧ガイドブック&本誌オリジナルアイテム付き!
ファミ通App iPhone&Android NO.006発売迫る!

『ドラゴンリーグX』の完璧ガイドブックがついた、ファミ通App iPhone&Android NO.006が、2013年3月21日に発売決定。もちろん、本誌オリジナルの『ドラリーX』垂涎袋とじアイテムも付いてくるぞ! 全国のドラリーガーの 皆さん、買い忘れのないように、いまのうちにamazonで予約しちゃいましょう。

【Amazonでの予約&販売はこちら】


ドラゴンリーグX

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone4 以降(iPhone4S、5 推奨)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧