1. サイトTOP>
  2. 【TGS2012】スマホ専用コントローラー“SMACON”が出展 iPhoneにも対応予定

【TGS2012】スマホ専用コントローラー“SMACON”が出展 iPhoneにも対応予定

2012-09-22 00:10 投稿

●iPhoneには来年対応予定

以前、ファミ通Appでも紹介したスマートフォン用コントローラー“SMACON”を開発したSHINTECが、東京ゲームショウに初出展。“SMACON”は、アナログキーとベクターバッドにより、家庭用ゲーム機ので遊ぶような操作感で、スマホゲームを楽しめるのが特徴。Android 2.3以上のスマホとタブレットを推奨端末端末しており、2012年9月現在、NTTドコモ31機種、au20機種、Softbank2機種、EMOBILE2機種の計55機種をサポート。さらに、来年にはiPhoneの対応も予定しているとのことだ。

“SMACON”は、コントローラー本体の専用グリップに端末をはめ込んでプレイが可能。Bluetoothも搭載しており、約10メートル離れた距離からでも遅延を感じることなく、快適に操作できる。また、スマートフォンをテレビに出力する機能があれば、本当に家庭用ゲームで遊んできる気分を味わえる、スマホゲーマー必携のアイテム。

SHINTECとゲームロフトと提携により、ゲームロフトの人気タイトル10作品を“SMACON”公式ゲームとして提供しているほか、“SMACON”対応ゲームは、『METAL SLUG 3』や『THE KING OF FIGHTERS Android』、『SHADOWGUN』、『ソニック4エピソードI/II』など、約140タイトルにも上っている。対応ゲームは今後も追加される予定だ。

価格は12800円[税込]と少々お高いが、なんと東京ゲームショウ初出展を記念して、40%オフの7680円[税込]で販売中。セール期間は、10月8日午後11時59分まで。500台限定となっているので、ほしい人はお早めに。

※SALEページはこちら

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧