1. サイトTOP>
  2. 【TGS2012】発表されたばかりの『キングダムコンクエストII』試遊プレイリポート

【TGS2012】発表されたばかりの『キングダムコンクエストII』試遊プレイリポート

2012-09-21 20:59 投稿

●新キャラクター忍者でプレイ!

セガブースでは今冬に公開予定のiPhoneアプリ『キングダムコンクエストII』が試遊可能。ここでは、そのプレイリポートをお届けする。

[関連記事]
※累計300万DL突破の王道スマホRPG正統後継作『キングダムコンクエストII』今冬配信決定


キングダムコンクエスト』の正統継続作にあたり、非常に期待の高い本作。アクションパートとシミュレーションパートを交互に遊びながら、本拠地となる街を強化していくのが特徴のシリーズだが、今回試遊できるのは、アクションパートのみとなっている。シュミレーションパートで実際に施設を建設することはできないが、アクションパートへと移るために、シュミレーションパートの画面を見ることはできるので、雰囲気は味わえるはずだ。

▲多くの施設が繁栄しているシミュレーションパート。この画面から画面左下の“アクションへ進む”をタップすれば、アクションパートがスタートする……のだ が、ここは一旦、美しい城の風景を堪能することに。今作で特徴的なのが、3Dによるグラフィック。これにより、城の景観視点をグルグルと角度を変えたり、 ズームしたりなどが可能になった。

アクションパートに入ったら、まず最初に職業を選択。これまで登場していた“剣士”、“重戦士”、“魔導士”に加え、回復特化の“僧侶”や、スピード重視の“忍者(くのいち)”が新たに追加されている。ここは、せっかくなので新キャラクター忍者を選択! キャラクター選択が終わると、ルームを作成し、共に戦ってくれるプレイヤーを募集するか、既存のルームに参加することができる。これは、『キングダムコンクエスト』からお馴染の流れ。プレイヤーを募集すれば、最大4人同時プレイでダンジョンに潜ることができるが、ビジネスデイ(20日、21日)の時点では、協力プレイはできない状態だった。一般公開日(22日、23日)には、実際にルームを作成でき、まわりでプレイしている人と一緒に戦闘に参加できるとのこと。

▲新しく増えた新キャラクターによってどのような戦略が可能になるのか?

いざ出陣! プレイ画面は3Dで表示され、画面左にプレイキャラクターのHPとMP、移動パッドが表示され、画面右には敵のHP、攻撃ボタン、スキルボタンやロックオン、コメントが表示されている。スキルを使用するとMPが消費され、時間の経過とともに自動的に回復していく仕組み。MPゲージがなくなると回復するまで使えないので、連続使用には注意が必要のようだ。

移動しながらあたりを見渡すとザコ敵を発見。攻撃したい敵をロックオンボタンでロックし攻撃開始。通常攻撃は連続タップでコンボが簡単に出せるので、アクションが苦手なプレイヤーでも爽快なアクションが体感できるはず。今回使用した忍者の攻撃スキルは接近攻撃と遠距離攻撃、罠があり、いろんなタイプの敵にオールマイティな戦略が立てられそうだ。回避スキルを巧みに利用して敵の攻撃をかいくぐり、攻撃スキルと通常攻撃を組み合わして……などと、いろいろ試しているうちに、余裕でフロアー内の敵を倒すことができた。フロアー内の敵を一掃すれば、つぎのフロアーへの扉が開かれる。

▲初めてのプレイに戸惑いながらも、画面には細かくボタン詳細が表示されていたので非常にありがたい!

第2フロアーからは大型のモンスターが登場。敵の接近を尻目に大型魔獣に連続攻撃を打ち込むが、いまいちダメージを与えられない……。そうこうしているうちに、周囲の小型モンスターも近づいてきては、殴られたり斬りつけられたりで残りHPもピンチに! すかさず敵と距離を取り、回復スキルでHP回復する。

ここで試したのが忍者ならではの罠スキル。罠スキルは地面に設置することで円の模様が描かれ、その範囲に入った敵にダメージを与えられるというもの。ジリジリと近付いてくる大型モンスターを、うまく罠に誘い込む作戦に。これが効果てきめん! かなりの大ダメージが与え、大型魔獣がダウン! いちどに複数の敵にダメージが与えられることも解った。これだけ強力なら、罠スキルの連続使用でどんどん敵を倒していこうと思ったが、ダメージが大きい分、やはり消費MPもかなりのもの。2回も連続で設置すればMPがほぼなくなってしまうので、複数の敵がいる場合など、使いどころのポイントを絞って仕掛けるようにしよう。

▲プレイキャラクターの3倍はあるであろう巨体が迫力満点! プレイヤーどうしの協力プレイで立ち向かえ!

▲罠スキルは複数の敵を巻き込むこともできるので、敵が群がっているところに仕掛けるのが効果的か!?

3フロアー目をクリアーするとボス戦に突入。最後に待ち構えていたのは、大きすぎて画面に表示しきれないほどの“ダークドラゴン”。大きな翼をばたつかせながらダイナミックな登場にまたもや興奮! 尻尾攻撃やブレスなど、さまざま攻撃パターンがあり、なかなか近付いて攻撃させてくれない。「華麗な回避ステップで懐に潜り込み、連続攻撃と罠スキルをお見舞いしてやるぜ!」 など意気込んでいたが、やはりほかのプレイヤーとの協力プレイが愛おしい……。ボスの攻撃タイミングに合わせ回避するのがなかなか難しい……。ようやくボスの攻撃に慣れ始め、連続攻撃と罠スキルを駆使し、ドラゴンのHPを減らしていくと、ザコ敵が出現。オイーっ! なんとか罠スキルでザコ敵を一掃しつつ、ようやくボスのHPもなくなってきたところで接近スキルで華麗フィニッシュ! 倒すまでに回復スキルを何度も使ってしまっていたので時間がかかってしまったのは秘密(笑)。

▲途中のフロアーに登場していた大型モンスターと比にならないデカさに唖然。ひ、ひとりで倒せるかな……。

ボスを倒すと試遊は終了。忍者でプレイした感想は非常に立ち回りやすく、一撃の攻撃力が高いので気持ちのいい爽快感のあるプレイが印象的だった。みなさんも是非、セガブースに足を運んで『キングダムコンクエストII』をプレイしてほしい。ちなみに、現在配信中の『キングダムコンクエスト』も、『キングダムコンクエストII』に負けじとさまざまな展開があるとのこと。『キングダムコンクエスト』をプレイしておけば、『キングダムコンクエストII』へなんらかの特典が付与される仕組みもあるようだ。こちらの今後にも注目しておこう。筆者も『キングダムコンクエストII』が配信されたらプレイする予定だが、『キングダムコンクエスト』も継続してプレイし続けていくつもりだ。ゲーム内でお会いしたらよろしくお願いします(笑)。

[関連記事]
※累計300万DL突破の王道スマホRPG正統後継作『キングダムコンクエストII』今冬配信決定

Kingdom Conquest II(キングダムコンクエストII)

メーカー
セガネットワークス
配信日
今冬配信予定
価格
無料(アプリ内課金あり)予定

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧