1. サイトTOP>
  2. 『秘録 妖怪大戦争』の小説、コミック作品がいよいよ発売

『秘録 妖怪大戦争』の小説、コミック作品がいよいよ発売

2012-07-26 14:28 投稿

●オリジナルレア妖怪が手に入る連動キャンペーンも

エンターブレインは、GREEおよびmixiにて配信中のソーシャルゲーム『秘録 妖怪大戦争』をフィーチャーした小説、コミック作品の発売を発表。2012年7月26日より、BOOK☆WALKERにてコミックの電子配信が始まり、同年7月30日には書店店頭にて小説が発売される。また、これを記念して、オリジナルレア妖怪が手に入る連動キャンペーンも実施される。

~以下、リリースより~

■ゲーム連動キャンペーン
小説『妹トラップぱ外道な兄と使われ妖怪』(書籍および電子版)および、電子コミック第2話をご購入いただき、入手いただいたシリアルコードをソーシャルゲーム『秘録妖怪大戦争』にて入力いただくと、それぞれ作品ごとのオリジナルの妖怪カードが入手できます。さらに2枚のカードをゲーム内で“合成”することで、よりレアなカードが手に入ります。今回は角川グループの電子書籍サービス「BOOK☆WALKER」とも連動と、リアル書籍のみならず、電子書籍との連動も実現したという意欲的なキャンペーンとなります。

・シリアルコード入手期間:2012年7月26日~2012年12月末(予定)

■小説
タイトル:『妹トラップぱ外道な兄と使われ妖怪』
・書籍店頭発売日:2012年7月30日
(電子版は電子書籍サービス「BOOK☆WALKER」にて7月26日から配信開始)
・著者:友野詳/イラスト:西脇ゆぅり
・発行:エンターブレイン
・レーベル:KCG文庫
・備考:書籍のシリアルコードは初版分のみ

 

■コミック
タイトル:『ドキドキ妖怪らぶばとるぱ~秘録妖怪大戦争~』
・配信:2012年7月26日開始
(電子書籍サービス「BOOK☆WALKER」限定配信)
・著者:迫ミサキ
・備考:第1話は無料、第2話にはゲーム内で
使用できる限定カードが手に入るシリアルコード付き

■『秘録妖怪大戦争』ゲーム概要
映画『妖怪大戦争』(1968)からのスピンアウトといえる本ゲーム。
“人ならざる存在が視えてしまう”プレイヤー(主人公)は、ある日幼馴染が妖怪に乗り移られたことをきっかけに、謎の組織「ツチグモ」とその対抗組織「キョーカイ」との争いに巻き込まれていく――
といった世界観を新たに構築しました。
女性に乗り移った妖怪をカードとして使い、育成から合成、そして特殊な合成である「転生」といった、ソーシャルゲームで大人気ジャンルであるカードバトルを存分に楽しめる内容です。また、「転生」では妖怪の見た目が変わるのはもちろん、衣装も何と…!? かわいらしい妖怪たちが、ユーザーの心をとらえて離さないでしょう。なお、5月下旬には会員数も25万人を突破。
その後も順調に会員数を伸ばしております。
本ゲームは株式会社アプリカ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:森尾紀明)が開発・運用を担当しております。

 

【秘録 妖怪大戦争】
メーカー:エンターブレイン
プラットフォーム:GREE、mixi
対応端末:フィーチャーフォン、スマートフォン
プレイ料金:アイテム課金制
★ゲームへのアクセスはこちら
GREE版(フィーチャーフォン、スマートフォン両用)
mixiフィーチャーフォン版
mixiスマートフォン版

(C)2011 ENTERBRAIN,INC. powered by Applica

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧