1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 【グリー×レベルファイブ】日野晃博氏、田中良和氏が登壇した共同記者発表会の模様をお届け

【グリー×レベルファイブ】日野晃博氏、田中良和氏が登壇した共同記者発表会の模様をお届け

2012-03-21 19:10 投稿

●日本のコンテンツの力を世界に証明するため、グリー×レベルファイブが提携!

レベルファイブがGREE Platformに参入するという発表は、すでにお伝えしているとおり(※関連記事はこちら)。2012年3月21日、同発表に関連した”グリー×レベルファイブ 共同記者発表会”が都内ホテルで行われ、グリー代表取締役社長 田中良和氏、執行役員 マーケティング事業本部長 小竹讃久氏、レベルファイブ代表取締役社長 日野晃博氏、執行役員 本村健氏が出席した。

発表会では、両社長がそれぞれステージ上に登壇し、つぎのように挨拶した。

「本日は、レベルファイブさんと包括的な業務提携をすることを発表いたします。コンソールを中心とした実績、そして何よりレベルファイブさんにしか作れないコンテンツを生み出し続けている点で、いっしょに仕事がやりたいと思いました。それが今回の包括的な業務提携をすることになったキッカケです。我々のソーシャルゲームの要素にはなかった、映画やアニメのコンテンツは、世界進出において重要な要素。レベルファイブさんと包括的な業務提携をすることで、新しくソーシャルの分野でものを作っていけることが、最大の意義だと思っています。ともに日本のコンテンツが、世界に通ずることを証明していきたいです」(田中社長)

「こういった形でグリーさんと提携の発表をさせていただくことは、意義が大きいことだと考えています。ソーシャルゲームはすごい勢いがあって、コンシューマゲーム業界という意味では皆さんも、押され気味という印象になっているのではないかなと。私たちも考えかたを変え、ユーザーの皆さんがケータイやスマートフォンで作品を楽しんでいるのであれば、ソーシャルゲームもゲーム業界なんだと思います。つまり、コンシューマーゲームもソーシャルゲームもモバイルも、敷居のないゲーム業界と言っていいのではないかと考えるようになりました。今回、グリーさんのほうからは提携の話をいただいており、どういう形で組むのがいいのだろうと考えていました。田中社長から話をいただく際に、ゲームに対して理解を深く持っていらっしゃると言うことで、コンテンツを大切にしてもらえるのではないかと感じました。僕らもコンシューマーではヒット作を生み出せたと自負しているのですが、ソーシャルゲームの分野、モバイルではまだまだの状況だと思っています。グリーさんといっしょに作ることによって成功例を作り、ゲーム業界が形を変えようとしているのであれば、レベルファイブもその変化にしっかりついていって、その中で大きな存在になるために本気で取り組めればと思っています」(日野社長)

両社長に続き、小竹氏から今回の包括的業務提携について詳細が語られ、グリーのノウハウ、オープンフェイントゲーミングプラットフォームとして最大のものを言語14ヵ国語で提供する中で、「大事なのがコンテンツ。数多くのソーシャルゲームを提供できるかがポイントであり、コンテンツこそがプラットフォーム事業を進めるうえで重要」(小竹氏)と、今回の提携の意義を説明。今回のレベルファイブとの提携も、その魅力的かつラインアップ豊富なコンテンツの提供が可能になる、というのがひとつの目的というわけだ。加えて、小竹氏は「ゲームという枠組みを超えて、グッズやアニメなど、トータルプロデュース力がすばらしい」とレベルファイブについてコメント。グリーとして最大限サポートして、国内外問わず多くのユーザーにコンテンツの魅力を伝えていける、意味のある提携だと加えた。

『ニノ国大冒険モンスターズ』、『イナズマイレブン・アツメヨーゼ!!(仮)』、『ダンボール戦機 ハイグレードカスタム(仮)』の3タイトルが発表

ここからは、レベルファイブのGREE参入第一弾タイトルのラインアップが、同社の本村氏によって明らかにされた。各タイトルの詳細については、既報の記事(※関連記事はこちら)を確認していただくとして、発表されたタイトルはいずれもレベルファイブを代表するコンテンツばかり。そのラインアップから、レベルファイブの本気が見て取れる。このタイトルについて、日野氏はつぎのようにコメントしている。

「いまでこそ言えるんですが、モバイルなどをやるにあたって僕らは専門的ではないので、開発会社に頼むということが多く、言葉は悪いですが、ごまかしていた部分があったのかもしれません。しかし、今後は本気で取り組むということを考えないといけないと思っています。そして徐々に、レベルファイブらしいDNAを持ったタイトルをリリースしていきたいです。今回発表するタイトルは、レベルファイブの柱となる3タイトル。これらを皮切りに、さまざまなタイトルをリリースしていきたいと思っています」(日野社長)


※レベルファイブのGREE参入タイトルの詳細はこちら

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧