1. サイトTOP>
  2. 【グリー×レベルファイブ】『二ノ国』、『イナズマイレブン』、『ダンボール戦機』の画面写真公開

【グリー×レベルファイブ】『二ノ国』、『イナズマイレブン』、『ダンボール戦機』の画面写真公開

2012-03-21 16:30 投稿

人気ゲーム『ニノ国』、『イナズマイレブン』、『ダンボール戦機』をソーシャルゲーム化

ビッグニュースが舞い込んできた。3月21日にグリーとレベルファイブが共同発表会を開催。レベルファイブがGREE Platformに参入することを発表した。レベルファイブと言えば、国民的RPG『ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君』や『ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人』を開発したことでも知られ、『ニノ国』シリーズや『イナズマイレブン』シリーズなどを排出した家庭用ゲーム業界の一大ブランドだ。そんなトップブランドが満を持してGREEにソーシャルゲームを提供することになったのだ。しかも提供されるのは『ニノ国』や『イナズマイレブン』、『ダンボール戦機』というレベルファイブの看板シリーズと言えるビッグネームばかり。今回は参入第一弾タイトル『ニノ国大冒険モンスターズ』のスクープ情報と、発表されたばかりの『イナズマイレブン・アツメヨーゼ!!(仮)』、『ダンボール戦機 ハイグレードカスタム(仮)』の開発画面をお届けする。

■『ニノ国大冒険モンスターズ』

★フィーチャーフォン版の事前登録はこちら
★スマートフォン版の事前登録はこちら

『ニノ国大冒険モンスターズ』は、家庭用ゲーム機で発売された『ニノ国』シリーズの世界観を受け継いだカードバトルRPG。プレイヤーは、イマージェンと呼ばれる幻獣たちとともに“ニノ国”の世界を大冒険することになる。クエストを進めてイマージェンを集め、ほかのプレイヤーとともに強大なボスを打ち倒すというのが、おもなゲームの流れだ。また、歴代『ニノ国』シリーズのイマージェンが200体以上登場。個性豊かなイマージェンたちでどういうデッキを組むかはプレイヤー次第だ。名作RPGを多数生み出してきたレベルファイブの作品だけにソーシャルゲーム史上類を見ない壮大な冒険が楽しめるはずだ。

・イマージェン画像

・レイドボス画像

・クエスト
『ニノ国』シリーズでおなじみのエリアやダンジョンを探索。クエストの途中でモンスターと遭遇することがあり、イマージェンを使って倒すと仲間にすることができる。エリアやダンジョンによって出現するイマージェンが異なるので、どんどんクエストを進めてレアなイマージェンを仲間にしよう。

 

“カードの裏システム”
すべてのイマージェンのカードの裏には、二ノ国の住人が封じ込められている。カードを手に入れ、裏返すことで、裏側の住人の能力をバトルで使うことが可能。レアカードの場合、大回復や必殺技発動といった大きな効果を発揮するとのこと。

▲カードの“表”

▲カードの“裏”

・ボスバトル
ほかのプレイヤーと協力して強大なボスを倒すことも。ボスバトルでは最大9体のイマージェンが使える。どんなデッキを組むかはプレイヤー次第だ。また、ボスには弱点の概念がある。見事弱点を突いた攻撃が決まると、大ダメージを与えることができるのだ。弱点を仲間と共有して素早く倒すべし。

  

【ニノ国大冒険モンスターズ】
メーカー:レベルファイブ
プラットフォーム:GREE
配信日:2012年4月配信予定
★フィーチャーフォン版の事前登録はこちら
★スマートフォン版の事前登録はこちら
対応端末:フィーチャーフォン、スマートフォン

ここからは『イナズマイレブン・アツメヨーゼ!!(仮)』と『ダンボール戦機 ハイグレードカスタム(仮)』の画像を紹介。『イナズマイレブン』シリーズと『ダンボール戦機』シリーズは、おもに子ども向けタイトルとして制作されていたが、GREEの幅広いユーザー層に合わせ、誰でも楽しめるようなゲームの仕組みを考え中とのこと。

■『イナズマイレブン・アツメヨーゼ!!(仮)』の開発画面

イナズマイレブン・アツメヨーゼ!!(仮)
メーカー:レベルファイブ
プラットフォーム:GREE
配信日:未定

■『ダンボール戦機 ハイグレードカスタム(仮)』の開発画面

ダンボール戦機 ハイグレードカスタム(仮)
メーカー:レベルファイブ
プラットフォーム:GREE
配信日:未定

(C)LEVEL5/GREE developed by Edia
(C)LEVEL-5 Inc.

※ファミ通ソーシャル編集部で外注スタッフを募集中!!

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧