1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Xi対応機種以外のスマートフォンもぞくぞく登場! 新サービス“dメニュー”“dマーケット”とは?

Xi対応機種以外のスマートフォンもぞくぞく登場! 新サービス“dメニュー”“dマーケット”とは?

2011-10-19 00:10 投稿

●使いやすさを重視したスマートフォン

 ドコモ新商品発表会ではXi以外のスマートフォンに関してもさまざまな発表が行われた。ここではそのほかのスマートフォンの紹介と、それに伴い開始される新サービスの詳細をお届けする。

cap_1
cap_2

 今回発表された機種の中で、Xi対応を除いたスマートフォンの発表は計10機種となっており、デュアルコアCPUの搭載や、ディスプレイのHD対応、高性能カメラの搭載など格段と性能がよくなっている。デザイン性がすぐれたコラボレーションモデルのスマートフォンも2機種発表されており、ひとつめは今回が第三弾となるデザイナーの“ワカマツ タダアキ”が手がけるアクセサリーブランド“Q-pot.”とのコラボレーション“Q-pot.Phone”。ふたつめは10代女子に大人気のファッション雑誌“Popteen”とのコラボレーション“ARROWS Kiss F-03D Girls’”が発表された。

スマートフォン各機種(一部)

cap_3
cap_4

“Q-pot.Phone”
第一弾で好評だったチョコレートをモチーフに、まるでとけかけた板チョコそのままのような、素材の触感まで楽しめるスマートフォン。限定30000台となっている。OSはAndroid 2.3になる。

“ARROWS Kiss F-03D Girls’”
とにかく女子が好きなものを詰め込んだお嬢様系のスマートフォン。ボタンがリボンになっていたり、カメラのレンズ部分の枠がハート型になっていたりと、すべてがかわいいデザインになっている。OSはAndroid 2.3になる。

cap_5
cap_6

“P-01D”
とてもコンパクトで持ち運びがしやすい“My Fit”スマートフォン。カラーバリエーションも豊かで、グリーン、マゼンタ、ターコイズ、ホワイトの計4色から選べるようになっている。OSはAndroid 2.3になる。

“LUMIX Phone P-02D”
その一瞬を逃さずキレイに撮影できる、1320万画素カメラ搭載のスマートフォン。防水になっているため、雨の中でも気軽に撮影が可能。また、被写体を自動認識してくれる“おまかせiA”が搭載されているので、カメラが苦手な人でもキレイに撮れる。OSはAndroid 2.3になる。

新たに始まるドコモの新サービス

 ドコモは2011年11月中旬より開始予定のスマートフォン向けの新サービスの発表も同時に行った。今回発表された主な新サービスとしては“dメニュー”と“dマーケット”のふたつ。“dメニュー”は多くの企業が提供する、さまざまなコンテンツを掲載したポータルサイトになっており、イメージ的には従来のメニューリストのようなもの。サービス開始時は約700社が用意したコンテンツが楽しめるようになっており、マイメニュー登録も可能。“dマーケット”はドコモ直営の豊富なコンテンツ数を誇るビデオ、音楽、書籍、アプリのコンテンツマーケットになる。ビデオは月額525円支払うことで、約5000タイトルものビデオが視聴可能だ。音楽は約100万曲もの楽曲が用意されており、今後もドンドン追加されていく予定となっている。価格は1曲105円〜525円に。書籍はコミックから小説など約30000タイトルの書籍が用意されていおり、価格はコンテンツごとに異なるが、一部無料のものも配信される。アプリは“Android マーケット”からドコモが厳選した25万種類のアプリが配信される。そのほかにも、お気に入りのキャラクターが“執事”や“コンシェルジュ”のように生活をサポートしてくれる“iコンシェル”のスマートフォン対応など、新たなサービスの拡充がされている。

cap_7
cap_8

 また、“dメニュー”にサービスを提供する企業を代表として、バンダイナムコゲームスの米澤弘樹氏が登場しサービス内容を発表した。その中でバンダイナムコゲームスは3つのコンテンツを提供することを明言。ひとつめは“塊魂”や“PAC-MAN”などの名作ゲームがスマートフォンで楽しめるゲームサイト“ナムコ・ゲームス”。ふたつめはゲームをあまりやらない人や、電車の中など時間があまりないときでも、気軽に楽しめる“SIMPLE100シリーズ”。3つめはドコモスマートフォンでしかできない“きせかえ”や“マチキャラ”向けに人気キャラクター“機動戦士ガンダム”や“キティ&チャーミー”などのコンテンツ配信が行われる予定だ。

cap_10
cap_11

iPhone 4Sに十分対抗できる

 発表会の途中で行われた質疑応答で、契約者純増数のトップを奪われ続けている要因のひとつである、iPhoneの新型が発売されたことに関しての質疑があり、「今日発表したドコモ冬春モデルは、デュアルコア搭載モデルを揃えています。iPhoneは“4S”でデュアルコア搭載となりましたが、ドコモから6月23日に発売されたやGALAXY S IIはすでにデュアルコア搭載モデルでした。端末の性能でiPhone 4Sに負けているという認識はありません。営業サイドのがんばりで十分対抗できると思っています」(山田)とコメントした。また、発表会の最後にはドコモのCMキャラクターを務める、女優の掘北真希と俳優の渡辺謙が登場し、それぞれ「スマートフォンの新しい使いや楽しみかたというのが進化したと思う」(掘北)や「ものすごい進化だと思います。まだ、行き着いてはいないと思いますが、進化の過程の上のほうにいる気がする」(渡辺)などと感想を話した。これから登場する“Xi”への期待度が伺えた。

cap_12
cap_13
cap_14

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧