1. サイトTOP>
  2. 『パチスロ 交響詩篇エウレカセブン2』集中連載#05(『エウレカ』の魅力編)

『パチスロ 交響詩篇エウレカセブン2』集中連載#05(『エウレカ』の魅力編)

2013-11-25 08:00 投稿

[関連記事]
※連載#01(『セブンスウェル チャレンジ』アプリ編)
※連載#02(前夜祭イベントレポート編)
※連載#03(正式版アプリレビュー編)
※連載#04(マイスロ編)

出会いで人は変わり進んでいく(by ノルブ)

祝! 大台突破!! いや〜ついにやりました。ヒキ弱な俺でも“やればできる子”なんだってことをiPhone版アプリでも証明できましたよ。まぁ“設定5券”と“エアリアルバーストスタート券”の2アイテムを使ったけど……。最後の最後で、なんとか格好をつけることができましたわ。

▲エアリアルバーストからスタートした初っ端のコーラリアンモード(以下CM)で一撃9000オーバーを記録。その後は伸び悩んだけど、最後の最後で何とか達成!! つぎの目標はアイテムなしでの大台突破だね。

さて、体験版のレビューから始まったこの連載も、今回が最終回。担当編集からは特別に「好きなことを書いていいよ」と言われているので、まずは俺と『パチスロ 交響詩篇エウレカセブン(以下『パチスロ エウレカ』)との出会いを語らせてもらいたいと思う。

4号機から5号機へと時代が移り変わり、とくに打ち込む機種もなく、パチスロよりもパチンコばかりを打っている時期で、「久しぶりにスロでも打つか」とふらりと立ち寄ったホールで出会った。5号機のARTが賑わい始めた時期で、最初は別の機種を打ったのが、あまり興味が向かずにヤメてホール内をうろついている俺の目に飛び込んできたのが『パチスロ エウレカ』であった。

ホールデビューからすでに半年以上が経っていたはずだが客付きはよく、箱を積んでいる人もチラホラ。おもしろいとの評判も耳にしていたが、当時は“アニメ版権”という理由だけでなんとなく敬遠していたので、それまで触れる機会はなかった。だが、それでも打ってみようと思ったのは、何かしら惹かれるものがあったのだろう。そして、それは間違いではなかったことを知る。

出目、演出、楽曲、ゲーム性……そのすべてが俺のツボにハマった。そして、これまで“アニメ版権だから”というくだらない理由で敬遠していた自分を後悔した。それからはホールに行く機会があると、まずは『パチスロ エウレカ』のシマへと足を運ぶようになったのである。

▲今作『パチスロ 交響詩篇パチスロエウレカセブン2(以下『パチスロ エウレカ2』)に継承されている演出も多数。次回予告からバトル演出の流れは、本当にテンションが上がる。その分、ハズしちゃったときのガッカリ感がハンパないけど……。

ちなみに、俺がアニメにハマったのもこの『パチスロ エウレカ』がきっかけ。ビッグ中に流れるストーリーのあらすじやEPBBで興味を持ち、アニメを観ればほかの演出の意味もわかるだろうと思って軽い気持ちで観たらドップリとハマってしまった。それからは深夜アニメを中心にチェックするようになり、過去の名作と言われるアニメをレンタルで見まくり、立派なアラフォーアニオタができ上がったわけだが……本編とは関係ないのでここら辺で留めておこう。

要するに『パチスロ エウレカ』は俺をパチスロに引き戻しただけでなく、アニメという新たな趣味を植え付けた機種。それが俺にとってよかったのか悪かったのかはわからないが、本連載1回目(※『セブンスウェル チャレンジ』アプリ編)で“『パチスロ エウレカ』は俺の人生を変えた機種”と書いたは、あながち大げさでもないのである。

▲ホールで打てたのはまだ1度だけだが、『パチスロ エウレカ2』も俺の人生を変えてくれるだろうか。今度は“ヒキ強”の人生にしてくれるといいな(小並感)。

わかるでしょ! わかってくださいよ!? お願いしますよ!! 僕何か間違ったこと言ってますか!?(by ドミニク)

いまは実機よりもアプリにハマっているが『パチスロ エウレカ2』の詳細なシステムも徐々に明らかとなってきているので、これから実機を打つ機会も増えていくだろう。だが、それでもアプリをやめることはないと思う。やはりアプリ最大の利点である“時間と場所を選ばずに自分のやりたいときにやれる”のが大きいからだ。それに、実機だとついつい演出を飛ばしてしまいがちになるので、アプリは演出をじっくりと見る絶好の機会でもあるからね。

▲とくに強めの前兆中は飛ばさないように注意。こんなプレミア演出が発生する可能性もある。

基本的にはアニメで出てきた場面が演出の軸になっているが、『パチスロ エウレカ2』のために描き下ろされた演出(DJ対決やVSジャベリンヘッドなど)もあり、どちらもかなり期待度が高い。原作ファンにとっても、原作を知らないプレイヤーにとってもうれしい限り。

▲ジャベリンヘッドがスロオリジナルなのはすぐに気づいたが、DJは“こんなシーンあったっけ?”と、思わずアニメを観返してしまったほどクオリティが高く違和感がない。

そして、もうひとつのうれしい演出と言えばボーナス+CMが確定するEPBBだろう。新しく追加された4エピソードを加え、『パチスロ エウレカ2』には全部で9つのエピソードが収録されている。どれもアニメでは核となるストーリー(ひとつは劇場版なのでTVアニメ版とは別のお話)なので、原作ファンならずとも必見だ。

▲いまのところ見ることができたEPBBは4種類。大好きな“バレエ・メカニック”を早く見たい。

ちなみに、EPBB以外のボーナス中は、楽曲だけでなく映像もアニメのOPとEDが使用されている(原作ファンなら常識?)。“太陽の真ん中へ”が使用されていないのは『パチスロ エウレカ』でプレミア的な位置づけ(CM20連以上確定時に一定確率で発生)だったから、『パチスロ エウレカ2』でもって感じかな? おそらく『パチスロ エウレカ』と同じくCM中ジ・エンド出撃で流れるのでしょう。まだ、出撃させたことがないので未確認ですが……。

▲通常時ノーマルBBは1期OP(『DAYS』)、通常時ハイパーBBは2期OP(『少年ハート』)、CM中ノーマルBBは4期OP(『sakura』)、CM中ハイパーBBビッグは2期ED(『FLY AWAY』)。曲はどれも甲乙つけがたいけど、映像は『FLY AWAY』がいちばん好き。

君にいるかい。世界の終わりが来ようともいっしょにいようと思える人が(by ウィル)

『エウレカパチスロ エウレカ2』の演出のいいところは、メインキャラだけでなく、ほとんどすべてのキャラに出番があるところ。それも敵味方関係なく。そして、それぞれの演出の使われかたが、見事にパチスロの場面とマッチしているのがすばらしい。これは本当にパチスロだけでなくアニメに精通していないとできないチョイスだと思うので、開発スタッフさんの『パチスロ エウレカ2』への想いは並々ならぬものがあるんだなと感じる。

▲『パチスロ エウレカ2』で大幅に出番の増えたユルゲンスさん。いい意味で昔ながらの軍人タイプで、キチンと筋を通す男気のあるキャラだ。
▲ハップは演出発展を告げることが多く、役割的にあまり期待できないため、プレイヤーからは残念な扱いをされがち。だけど、ホランドの幼なじみであり、優秀な副艦長でもあり、面倒見もいい人間なので俺は好きだ。みんなにもぜひアニメを見てもらって本当のハップを知ってほしい……。
▲イケメンなのに、じつは3枚目的ポジションという憎めないキャラのドギー兄さん。パチスロではそういう部分が出てきていないのがちょっと残念。

この連載を読んで、パチスロにしか興味がない人はアニメにも興味を、アニメにしか興味がない人はパチスロに興味を持ってほしい。そして、両方好きな人には共感してもらえたらうれしい。

拙い文章でしたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。またいつかどこかでお目通り叶うことを願いつつ、俺の好きなキャラを紹介させていただくことでお別れの挨拶に代えさせていただこう。

▲チャールズやドミニクも好きだけど、やはり好きな男性キャラNo.1はベタだけどホランドかな。組織のリーダーとしての苦悩を抱えつつも、弱い姿は惚れた女にしか見せないとか、イチイチカッコいいわ。
▲好きな女性キャラNo.1はアネモネ。前夜祭イベントでホランド役の藤原(啓治)さんが「扱いづらいでしょ(笑)」とおっしゃてましたが、個人的にはこういう娘が大好きです。

[関連リンク]
※スマホでパチンコ・パチスロ 777town SP
※パソコンでパチンコ・パチスロゲーム 777TOWN.net

文/HAL
趣味はパチスロ・麻雀&アニメ鑑賞(ヲタ歴3年のニワカ)。某巨大掲示板と大手動画サイトの巡回が仕事と言い張る残念な人。自宅警備員ではないらしいが真偽は不明。ひと昔前以上に某スロ雑誌でライターをしていた模様(これまた真偽不明)。

パチスロ 交響詩篇エウレカセブン2

メーカー
サミーネットワークス
配信日
配信中
価格
下記参照
対応機種
iOS 6.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み、Android(docomo、auのみ対応)

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧