1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第175回『デーモンアーミーズ、完成!! ……のはずが』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第175回『デーモンアーミーズ、完成!! ……のはずが』

2013-05-13 16:41 投稿

【ファミ通Appアプリ配信中】
iPhone版はこちら →Android版はこちら

●デーモンアーミーズ、完成!! ……のはずが

最強の悪魔“サタン”を手に入れた俺は瞬時に有頂天となり、そしてすっかり心を支配されて、財産のすべてを“悪魔タイプの育成”に注ぐこととなった。……ってこのへんのくだり、確かアスタロトを手に入れた直後にも見たような気がしなくもないが、きっとだろう。

とは言え、悪そうなヤツ(失礼)がもっとも多いと思われる闇属性モンスターを、1ミリも育ててこなかった俺。サタンの下僕を1匹作るのにも多大な労力、お金、経験値が必要と思われた。ちなみにこの段階で所有していた悪魔タイプのモンスターは、予見の魔神将アスタロト、覚醒ヘラ、グリプスライダー・フィンくらい(しかも覚醒ヘラは、Twitterで読者に指摘されるまで悪魔タイプだと気付かなかったw)。以下の、将来悪魔になれるモンスターが、モンスターボックスで塩漬けになっていた。

・リリス
・アーマーオーガ
・デビルドラゴン
・シャイターン
・ベヒーモス
・タウロスデーモン
・ヴァンパイアロード
・ロキ

「うーん」

俺は唸った。パーティーの華やかさを考えると、サブメンバーに加える人材としては、アスタロトと覚醒ヘラは鉄板で、可能ならばグリプスライダー・フィンはリストラしてしまいたい(フィン君スマン)。となれば、残る枠はふたつだ。俺はさらに「うーんうーん!」と唸りながら、上記のリストを“成長させたい順”に並べ替えた。言うなれば、“デーモンアーミーズ ドラフト会議”である。

脳内会議の結果、こんな順位になりました。

【成長させたい順】

1位 ロキ(→終焉の狡知神ロキ)
2位 デビルドラゴン(→カオスデビルドラゴン)
3位 ヴァンパイアロード(魔王ヴァンパイアロード)
4位 リリス(常夜の魔女リリス)
5位 シャイターン(怒りと炎の精霊シャイターン)

しかし、これはあくまで“成長させたい順”の序列だ。現状のレベルとか“成長させやすさ”はまったく考慮していない。“成長させやすい順”となると、この序列は完全にひっくり返ることになる。

【成長させやすい順】

1位 タウロスデーモン
2位 アーマーオーガ
3位 ベヒーモス
-越えられない壁-
4位以下 どれも大差ナシ

速攻で悪魔タイプが欲しいと思ったら、タウロスデーモンに投資するのがイチバンだ。しかし、それは理想とかけ離れた投資で、言うなればどうしてもどうしてもロレックスの時計が欲しいのにお金がなく、やむを得ず出所不明のパチもん“オエックス”で手を打つようなもの(タウロスデーモン君スマン)。

いやしかし、いくら理想だー夢だー……と歌を歌っても、無い袖は振れないのが現実というもの。俺はオエックスのほうで手を打つことにした。

 タウロスデーモンよ、どうかデーモンアーミーズに新風を吹き込んでおくれ!!」

そして完成した“樹海獄タウロスデーモン”はこんな感じ。


俺の頬を、汗がつたった。「こ、これは……」

注目すべきポイントはふたつ。HP攻撃力だ。さすがタウロスデーモンは“攻撃タイプ”が示す通り、レベル1の段階から攻撃力が高い。しかし、それを考慮しても圧倒的なマイナス査定をせざるを得ないのがHPの低さである。よ、よんひゃくろくじゅうはちって……。俺はたまらず、ハイネ鳥居にskypeをした。

 「ね、ねえねえ鳥居神。樹海獄タウロスデーモンって将来性はどう? 初期値は低くても大器晩成で、気が付いたらHPが4000くらいになっていた……なんてことはないの??」

skypeの向こうで、鳥居が呆れたのがわかった。

「なるわけじゃいじゃないですか^^; そのモンスター、MAXまで育ってもHPは1000程度ですよ。攻撃力はそこそこですけど、使いどころは限定されるんじゃないですかね」

や、やはりそうだったのか……。たまらず、俺は鳥居に泣きついた。

「くぅぅぅ……>< だったら、こいつに投資したキングエメドラ返してくれよ!!>< す、素直にアスタロトに喰わせればよかった……><><」

鳥居からの返事は、何もなかった。

でもそうなるとやはり、ちょっと無理してでもロレックスのほうに手を付けねばならない。前述の通り“成長させやすい順”の4位以下はどれも似たようなものなので(どれも育っていないってこと)、ここはドラフト1位のロキを育てるしかないではないか。

しかしこのとき、我が家のロキのレベルはわずかに“5”(苦笑)。ここから進化、究極進化、さらに成長させるとなると、どれだけの資源を要求されることか……。でも、俺の決意は固かった。

いまさら引き下がれるかっ!! 最強のデーモンアーミーズを作るために、すべてをロキに捧げてやる!!」

以来、俺は本当に、手に入れるモンスターを片っ端からロキに喰わせた。運がいいことに、毎日のようにメタドラダンジョンが来ている時期だったのでエサには事欠かない。みるみるうちにロキは進化し、さらに究極進化も遂げて、どこに出しても恥ずかしくない“終焉の狡知神ロキ”となった。

俺は躍り上った。

 「うおおおお!! か、かっちょいい!!! も、もらった!! デーモンアーミーズ、ついに完成だぁぁぁぁああ!!!」

このとき、俺が考えたデーモンアーミーズの面子はこんな感じだ。

【リーダー】
災禍の魔神王サタン

【サブ】
覚醒ヘラ
予見の魔神将アスタロト
カオスデビルドラゴン
終焉の狡知神ロキ

おおおおお……。考えただけで悪魔に呪われそう……。さっそく俺は、チーム編成を行おうとした。

「えーっと、サタンにヘラ、アスタロトにカオデビ、そして……」

しかし、終焉の狡知神ロキを入れようと思ったところで手が止まってしまう。

「あ、あれ……???」

終焉の狡知神ロキのアイコンが黒いままで、選択することができない。こ、これは、まさか……!! すべてを悟った俺は、オノレの浅はかさを呪いながら声の限りに絶叫した。

コココ、コストオーバーで入れられねぇぇぇぇぇえええええええ!!!!!

グリプスライダー・フィンさん、リストラ取りやめです。

苦難の道は続く……。

 

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

【ファミ通Appアプリ配信中】
iPhone版はこちら →Android版はこちら

■書名:大塚角満の熱血パズドラ部
■価格:998円[税込]
■体裁:モノクロ272ページ

Amazonでの予約はこちら (スマホで見る場合はこちら)
ebtenでの予約はこちら

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧