1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. スクープ!鈴木裕氏がスマホゲームを制作中

スクープ!鈴木裕氏がスマホゲームを制作中

2012-05-24 11:33 投稿

●メディアーノがリッチスマホゲームを4作品開発中

メディアーノが超有名クリエイターのスマートフォンゲームを制作中とは以前お伝えしたとおり。その詳細が少しだけ判明! なんとあの鈴木裕氏(YS NET代表取締役社長)がスマホのゲームプラットフォーム“entag!(エンタグ)”に向けて、リッチゲームを手掛けてるというのだ。対応機種はiPhone、Androidの両端末で、AppStore及び、Google Playでネイティブアプリとして配信されるという。

鈴木裕氏はご存じのとおり、『バーチャファイター』や『シェンムー 一章 横須賀』の生みの親であり、ゲーム業界のレジェンド的な存在。スマホではどのような作品が作りだされるのか? 詳細が非常に気になるが、残念ながら画面写真などは入手できず……。

その代わりと言っては何だが、鈴木氏のほかにもメディアーノ発の新作の情報を入手した。『セガラリー』シリーズなど多くのレースゲームを手掛けた佐々木建仁氏(ビットスター 代表取締役社長)、『初音ミクProject-Diva ドリーミーシアター』の鈴木貴宏氏(グルーヴノーツ チーフクリエイティブプロデューサー)、『シェンムー 一章 横須賀』や『ブリンクス・ザ・タイムスイーパー四季庭』の山路和紀氏(プレミアムエージェンシー 代表取締役社長)の3名も、entag!向けに新作をリリースする予定だという。前回の記事でも触ったが、メディアーノ代表の林真佐人氏は、もともとXbox事業本部パートナーリレーション本部長兼執行役員だった方。サードメーカーのクリエーターと懇意にしてたはず……ということは、このほかにも、あのクリエーターとも作ってそう!? なんて勝手に想像してしまうけど(笑)。

ちなみに、entag!(エンタグ)はエムティーアイが運営するゲームサイト。KAT-TUNが起用されたCMでご存じの人もいるはず。今回明らかになったメンバーを見る限り、このプラットフォームに本格的なゲームが集結しそうな予感……! (中目黒目黒)

[関連記事]
※メディアーノから超有名クリエイターの作品がリリースされるとの噂

[外部リンク]
※entag!の公式サイトはこちら
■entag!とは
3Dアバターを利用した仮想旅行やブログ、コミュニティなど、ゲーム以外のコンテンツも提供しているソーシャルゲームプラットフォーム。メールアドレス登録などの面倒な設定をすることなく、RPG・ペット育成・バトル系・恋愛シミュレーション・パズルなど、多彩なゲームがプレイできる。

※メディアーノの公式サイトはこちら

※プレミアムエージェンシーの公式サイトはこちら

※ビットスターの公式サイトはこちら

※グルーヴノーツの公式サイトはこちら

この記事のカテゴリー

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧