1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第15回『突発的タイムアタック』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第15回『突発的タイムアタック』

2012-05-11 13:20 投稿

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

●突発的タイムアタック

マジメな俺は前回の文章を書いたら死んだので、いつものドタバタ口調に戻ります

光属性寄りのパーティーを作ったことが功を奏し、鬼門となっていた“魔女達の舞踏会”を乗り越えた俺。続く“魔獣の檻”も余裕で突破し、つぎの“王を守る者”に挑むことになった。

じつはこのとき、何を隠そう俺と中目黒目黒はファミレスで昼メシを食っていた。ふたりで取材(?)に行った帰りのことで、アレコレ話しながら和風ハンバーグ定食なんてものを突っつき、それでも左手は休まずに『パズドラ』を操作している……という、オマエは千手観音かアシュラマンかってな感じの、じつにお行儀の悪い食事風景を展開していたのです。

俺の目の前で照り焼きチキンセットをこねくり回していた目黒が言う。

「大塚さん、いまどのへんのダンジョンをやってるんですか?」

ハンバーグを頬張りながら、俺は正直に申告した。魔女達の舞踏会で苦戦したこと。でも光属性に寄せたら乗り越えられたこと。そして、いまは魔王の城の天守閣にほど近い“王を守る者”に挑んでいることを……。これを聞いた目黒は「おお、もうそこまで来ましたか!」と目を見開き、続けて「で、王を守る者もイケそうなんですか?」と問いかけてくる。俺は答えた。

「道中は順調に進み、いままさにボスに挑んでいるところだよ。……しかしコレ、きっついな。フェニックスナイト、フェンリルナイト、そしてダークドラゴンナイトのトリオだぜ? 時間かかりそうだわ……」

そう、この王を守る者ではボスとして、上記のナイト3名が登場する。いかにもキレ者な見た目同様、じつに切れ味鋭い攻撃を仕掛けてくる難敵で、俺はまったく気の抜けない戦いを強いられていた。回復ドロップの消しどきを間違えたら、瞬時に息の根を止められてしまうかもしれないギリギリの攻防……。ヒリヒリとした命のやり取りに、俺は瞬きすら忘れそうだった。

そんな俺の様子を見ていた目黒は「ナルホド」と小さく言い、自分のiPhoneに視線を落とした。そしてニヤニヤと笑い出し、こんなことを言い出したのである。

「俺もいまから、王を守る者に行きますよw そして、大塚さんを抜かしてみせますww

宣戦布告キターーーーーッ!! これを受けた俺、目に力を込めて目黒を睨む。

「なにを!? いくら目黒のほうがランクは上と言っても(このとき、15くらい開きがあった)、俺はすでにボスまで到達してるんだぜ?」

目黒、さらにニヤリと笑う。

「ぜんぜん大丈夫です。ちょうどいいハンデですよ!w」

俺、「フンッ」と鼻を鳴らして目黒の挑戦を受けた。

「ふ。ナメられたモンだな。よーし、いいだろ。受けて立つ!! 以前の俺だったらいざ知らず、いまのパーティーだったら負ける気がしねえ!!!」

こうして、突発的な変則タイムアタック対決がスタートした。ルールは上記の通りランク差を考慮して、俺は目の前にいる3名のボスを倒したら終了。目黒はイチから王を守る者に挑戦し(ボスまでに6戦ある)、ボスを倒したら終了だ。

じつはこのときすでに、俺はボスのひとりであるフェニックスナイトの体力を半分ほどに削っていた。それを目黒にはナイショにしつつ、「はい、スタート!」と戦いの火ぶたを切ったのでありました。

目黒はちょっと前から火属性に凝っており、ボスにイフリートを据えた超パワーのパーティーを結成していた。イフリートのリーダースキル、火属性攻撃2倍を駆使し、強引な炎攻撃でダンジョンを焦土と化して歩いているのである。文字通りの強烈な火力を誇っているが、このハンデがあれば負ける気はしない。俺は勝利を確信し、「うはははは!! 愚か者め!!www」と高笑いした。

しかし、戦いが始まってから1分も経たないうちに、目黒が信じられないことをのたまった。

「大塚さん、ボスにたどり着きましたよwww」

俺は耳を疑った。「はあ??? 何言ってんの????」。目黒、笑いながら言う。

「ザコどもはすべて一撃で消え失せましたw ……と言ってるあいだに、ボスもひとり消滅……w」

!!!!!!! ま、マジで!? 俺のボス、まだ3人ともピチピチだよ!!? 俺が「あうあうあう!!」と言葉にならない悲鳴をあげているうちに、目黒が笑いながら報告した。「あw クリアーしちゃいましたwww」

このときの俺のショックは、筆舌に尽くしがたいものがある。あ、あれだけのハンデをもらいながら、簡単にブチ抜かれるなんて……。信じられない……。いくらランクに差があるとは言え、ここまで完膚なきまでに叩きのめされるとは思わなかった……。

呆然とする俺に、目黒はさらに追い打ちをかける。

「ていうか、いまから潜っても勝てる気がするw やってみましょうww」

そう言うと目黒は、再び王を守る者に入ってきた。ぬぬぬぬぬ!! なんたる屈辱!! この上さらに、周回遅れにする気かキサマは!!! 俺は吠えた「さすがに負けねえぞ!! 恥かかせてやる!!!」

しかし--。

俺、それから3回ブチ抜かれる…………。

しかも悲劇はこれで終わらず、ムキになってボスを倒そうとしたことで回復がおろそかになり、なんとそのまま絶命……。タイムアタックに勝つどころか、ゲームオーバーになってしまった……。俺は本気で怒り狂い、怒声とも涙声ともつかない声で目黒を罵倒した。

「ききき、きったねえ!! なんだそのパーティーは!! なんでもかんでも燃やしちまいやがってよお!!!  わわわ侘びも寂びもあったもんじゃねえ!!><」

目黒、「ぷぷぷw」と笑って、俺の怒りを受け流した。「いや、何言ってるかよくわかりませんwww」

ちくしょー! いまに見てろよ!! そのうち必ず、対等のタイムアタックができるくらい強いパーティーを作ってみせるからな!!!

まわりに『パズドラ』仲間がいる方は、独自ルールを設けたタイムアタックをしてみることをオススメします。負けたらムカつくけど(笑)、おもしろいですよ~。

 

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
2012年5月31日まで無料配信中(定価は170円[税込] アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone/iPod touch/iPad iOS4.1以降の対応機種

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧