1. サイトTOP>
  2. 『全力キャッチボール』魔球は全力でもキャッチできません

『全力キャッチボール』魔球は全力でもキャッチできません

2012-05-10 22:29 投稿

●癒しのノーマルモードと激ムズのヘルモード

タイトルの通り、夕日をバックに全力でキャッチボールするゲーム。同じリズムで返球し合うキャッチボールのあの心地よさを味わえる。フリック操作で球を投げて、相手が投げ返した球をタイミングよく画面をタッチしてキャッチする。夕日の背景もノスタルジックで癒される。ただ、それはノーマルモードでの話。ヘルモードの難度がおかしなことになっていた。

[注目記事]
【緊急募集】クロスレビューしてほしいiPhone、Androidゲームを大募集!

ノーマルモードは、合計20球を投げ合い、その合計得点をランキングで競い合うというもの。フリックした速度で球速が変わり、相手も同じ速度で返球してくれる。「キャッチボールってやっぱりコレだよね」と思える心地いいリズムに酔いしれる。そんな心にもやさしいモード。

▲頭のビックリマークが表示されたときがキャッチのタイミングだが、表示されたのを確認してからでは遅いのでリズムを掴んだほうが上達は早い。

ところが、ヘルモードではゲーム内容が激変。キャッチボール以前にキャッチすらできない魔球の嵐。定番の消える魔球から地面から突然出てくるもぐら、上空から急降下するワイバーンなど、初見でキャッチするなんて到底不可能。ワイバーンなんて、くにおくんシリーズの『熱血高校ドッジボール部』に登場したモズ落としシュートよりもたちが悪い。初めてキャッチできたときなんて感動ものなのだが、魔球はランダムに変わるため、リズムなんてないし、そもそも捕れないからキャッチボールになってないしで、もはや反射神経を鍛えるゲームに。これは全力でギブアップ。(水永三代目)

▲途中で球と止まるストップボール。止まるタイミングは同じなので、その感覚を掴めばキャッチできるはず。

▲消えるまきゅうはボールの位置が分からないので頭のビックリマークに頼るしかないんのだが、表示されてからタッチしたのでは捕れないというワナ。

全力キャッチボール

メーカー
kuma360
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
Android 2.1 以上

この記事のカテゴリー

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧