1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第14回『立ち塞がった魔女』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第14回『立ち塞がった魔女』

2012-05-10 20:24 投稿

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

●立ち塞がった魔女

今日はマジメな(?)プレイ日記です。

ショボいショボいと言われる我がパーティーだが、フレンドの偉大な助太刀(助っ人のことね)のおかげで、ダンジョン攻略は思いのほか順調に進んだ。序盤こそしょっちゅう力尽きて、わけのわからぬまま魔法石を消費してコンティニューをしていたが(我がパズドラ人生で最大のミスだった……)、“試練の塔”あたりからはそういうこともなくなったと思う。

「うん、順調順調^^」

ホクホク顔の、平和な日々が続いた。

しかし間もなく、俺は壁にぶち当たる。ザコ戦の段階で「あれ?」と思い、ボスと戦って「!!!!!」と戦慄させられた場所……。それが、『パズドラ』前半の“山場”と言われている“魔王の城”である。

俺はこのダンジョンに至るまで、パーティー構成にはほとんど無頓着だった。まだ本格的にプラントアーミーズ(木属性モンスターに特化したパーティーのこと)結成に動き出す前だったので、レギュラーモンスターの属性はバラバラ。リーダーのエンジェルは不動で、サブには各属性からテキトーに抽出したモンスターが並んでいた。具体的には、ティラノス、プレシオス、ホーリードラゴン、ヴァンパイア……って感じ。突き抜けた攻撃力を求めるでもなく、属性に特化するでもなく、回復力がすぐれているわけでもない。そんな中途半端なメンツでも、助っ人たちのモンスターが優秀だったがために、ゴリ押しの力技でどうにかなっていたのである。

しかし魔王の城でついに、ポリシーなき脳筋ファイターの足は止まる。最初の“城門”こそどうにか突破できたものの、つぎの“魔女たちの舞踏会”で完膚なきまでに叩きのめされてしまったのだ。……そう、ボスとして降臨する魔女、“リリス”と“エキドナ”に……。

このとき、すでに俺の魔法石は底をついていた。とはいえ、いくつか所有していたとしても、「どうにか溜め込んでレアガチャを回したい!」という思いが強かったので、コンティニューに割くという考えもない。ていうかそもそも、魔女ふたりにターンが回ってしまうと、たとえパーティーの体力が満タンでも一撃のもとに屠り去られてしまったのでコンティニューしてもほとんど無意味である。

「こいつはいったい、どうすりゃいいんだ……?」

俺はただただ途方に暮れた。以前から目黒「最初の壁は“魔王の城”だと思いますよ」と言われてはいたが、まさかここまで見事にハマってしまうとは思わなかった。

それから1週間ほど、俺は前に進むことができなかった。……いや、魔女たちの舞踏会に足を踏み入れようとすらしなかった。表向きは「木属性モンスターを集め出したので、ストーリーが止まっちゃってさァ^^;」なんて言ってはいたが、その実、リリスとエキドナに遭うのが怖かったのである。

そんなビビリではあったが、ゲームをやめるつもりもまったくなかった。俺の『パズドラ』人生は、まだまだ道半ばだ。いや、天上人たちの歩みに比べたら、端緒についたばかりと言っても過言じゃないだろう。

「倒してやる!」

自分の心に、強い言葉を叩き付ける。

奮い立て! 手はいくらでもあるはずなんだから!!

俺は「ふぅ」と肩の力を抜き、改めて自分のパーティーを眺めた。どっからどう見ても中途半端なメンツではあるが、それゆえにパズル面がどんなドロップで埋められていようとも“それなりに”対処できる構成とも言えた。だからこそ、この魔王の城までは大過なく進んでこれた面もあるのだろうが、ここから先はそれじゃ通れない。バランス型のパーティーでも、各モンスターが屈強レベルまで育っていれば強いのだろうが、我がメンバーのレベルは20~30程度だ。これで跳ね返されたのだから、抜本的な意識改革を行ってパーティーを作り直さなければならない。

そして俺は、以前ハイネ鳥居に進められたパーティー構成を思い出した。突出したモンスターがいない我がモンスターボックスの中から、鳥居は光属性のプテーラ、ホーリードラゴン、エンジェルを“軸”として選び、「この3匹をレギュラーに戦っていくといいですよ」と言ったのだ。折りしも、俺が苦戦を強いられている魔王の城は、いわゆる“闇属性のダンジョン”だ。そこに、闇と相反する光属性のパーティーをぶつけるのは最高の一手であろう。プテーラのレベルはまだ1だったが、勝つためにここに投資するのは絶対に“アリ”だ!

「よし! 前に進むためにプテーラを育てよう!」

俺はここぞとばかりに、溜め込んでいたゴルドラやメタドラといった高経験値のモンスターをプテーラに喰わせた。すると、笑っちゃうほどバキバキとレベルが上がってゆき、気付けばプテーラは“プテラス”に。調子に乗ってさらにエサを喰わせまくると、プテラスは“プテラドス”に進化した。

「いける!!」

頼もしく成長したプテラドスを、俺はパーティーのリーダーに据えた。そしてサブメンバーにホーリードラゴン、エンジェル、水属性のプレシオス、火属性のティラノスを抜擢。最後に、助っ人として光属性のモンスター(見たこともないような凄まじいモンスターだった……)に加わってもらい、俺は魔女たちが待つダンジョンに潜っていった。

「リリス、エキドナ、覚悟しろ!!」

そう、鬨の声を上げて……。

そして--。

かつて何連敗も喫したことがウソのように、我がパーティーは魔女の軍団を撃破した。HPの底上げと、相性のいい光属性に寄ったことが、ものの見事に機能したのである。

この勢いを駆って、続く“魔獣の檻”も難なくクリアー。さらに調子に乗った俺は、間髪入れずに“王を守る者”にも挑む。しかし……。

キリがいいので、続きは次回~。

 

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
2012年5月31日まで無料配信中(定価は170円[税込] アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone/iPod touch/iPad iOS4.1以降の対応機種

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧