1. サイトTOP>
  2. 新しいiPadを買わなかった編集者がその魅力を再確認して猛烈に欲しくなったふたつのポイント

新しいiPadを買わなかった編集者がその魅力を再確認して猛烈に欲しくなったふたつのポイント

2012-05-05 12:00 投稿

●キレイってスゲー!

iPhone 3GSでスタートした、記者のアップルライフ。そもそもソニー製品好きだったのに、その後iPhone 4、iPad、iPad2、MacBook Proと順調にアップルに洗脳されていき、そして迎えた“新しいiPad”の発売は……記者はスルーした。なぜなら取材用にMacBook Airを買ってしまったから。さすがにもう買えません。ギブアップ。そもそも記者はiPad 2に大満足しており、「Retinaディスプレイ? 高速化? それ必要?」という感じだったのである。

しかし、編集部で購入した“新しいiPad”を見てその考えは一変した。いまはもう猛烈に欲しくてたまらない。何がそんなによかったのか、記者が感動したふたつのポイントを説明していくので、同じような理由でスルーした人はぜひ考えを改めてほしい(笑)。

 
Wi-Fiモデル
16GB:42800円[税込]
32GB:50800円[税込]
64GB:58800円[税込]
 Wi-Fi + 4Gモデル
16GB:53800円[税込]
32GB:61800円[税込]
64GB:69800円[税込]

※Wi-Fi+4Gモデルの通信事業者はソフトバンクとなります。月額使用料などは同社にご確認ください。
ソフトバンクの料金プラン一覧はこちら

●まずは何がすごいのかおさらいしましょう
・Retinaディスプレイ
⇒iPhone 4で初搭載されたRetinaディスプレイがiPadに初搭載。解像度2048×1536のディスプレイは、一般家庭のHDテレビよりも100万個も多いピクセル数で、これはもはや肉眼でピクセルを確認不可能な領域。写真もWebページも別次元の美しさで表現されるのだ。後述するiSightカメラとの相性もバッチリで、とにかくいちばんの驚きを感じられるポイント。
・iSightカメラ
⇒iPad 2のカメラには記者は満足できなかったけど、これは違う! 5メガピクセルにパワーアップしたiSightカメラは動画はもちろん、静止画のキレイさがハンパない。何気に顔検出機能などが追加されており、リビングで友人たちと食事中にiPadでパシャリ、なんてときに役立ちそう。
・A5Xチップ
アップルオリジナルの新型プロセッサで、現在は新しいiPadのみに搭載されている。グラフィックスコアが4個積まれたいわゆる“クアッドコア”のチップとなる。画像処理性能はiPad 2に搭載のA5チップの4倍。アプリの起動や処理など、あらゆる面で貢献する心臓部分。
●iPhotoのお手軽さに感動した!

記者のiPadは過去に撮影した写真などのビューワーとしても活躍しており、このような使い方をする人は多いと思う。新しいiPadは、5メガピクセルのカメラを搭載しているため、単体での撮影機会も増えるはず。というか確実に増えます。それくらいこのカメラはキレイに撮れます。RetinaディスプレイといSightカメラのコンビは本当にすばらしいです。ちょっと横道にそれましたので戻します。iPadでの撮影は確かに快適なんですが、ふだんPCで画像編集を行っているような人だと、撮る⇒取り込む⇒編集⇒iPadに戻すといった手順を踏まなければならず、これは少々面倒。そこで活用したいのが、先だってリリースされたiOS向けアプリのiPhotoです。

たとえばこの写真。エンターブレインのロゴの入った看板のようなものが写っていますが、暗くなってしまっている。これをiPhotoで開いて、編集ツールの“明度を上げる”を選択して暗い部分を指でこすって、空の部分の彩度を少しあげると……

 

このとおり、空はより青く、建物の暗いところを明るくすることができる。ほかにもモノトーン(セピアも)加工や、ホワイトバランスや色調の調整などが指先ひとつで簡単に、しかもすべてがリアルタイムかつダイレクトにできるわけ。さすがA5Xチップ! ちなみにiPhotoはもともとMac用のソフト。当然こういった画像処理はPC版でも行えますが、iOS版でもやれることのレベルはほぼ同じで、かつ操作感の親しみやすさは断然こちらが上。このiOS版のiPhotoなら、これまで敷居の高かった画像加工をグッと身近に感じられて、写真を撮る楽しみが増えるはず!

●ゲームの美しさに興奮した!

iPadとiPad 2とで同じアプリで遊んでもグラフィックに違いが現れるといったことがあったけど、新しいiPadではRetinaディスプレイの採用によりさらにはっきりと違いを感じられるアプリ、いわゆる“新しいiPadに最適化されたアプリ”が登場してきています。ここではそんな最適化アプリたちをズラッと紹介しましょう。ゲームはグラフィックだけではないですが、手元でこれだけのグラフィックが展開するとさすがに圧倒されます。このレベルのゲームがどれも1000円以下で遊べちゃうのは、ふだんコンシューマーゲームメインの人にはちょっとしたカルチャーショックですよ。
 
 ▲参考までに『アスファルト6:Adrenaline HD』のほぼ同一シチュエーションをiPad2(左)と新しいiPad(右)で比較。iPad2でも十分キレイだったはずなのに、比較すると車体がのっぺり見えてしまう不思議。地面の描きこみもすごいことに……。
【EPOCH.】
メーカー:Uppercut Games Pty Ltd
価格:250円[税込]
配信日:配信中
対応機種:iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、およびiPad に対応。iOS 4.0 以降が必要
備考:新しいiPadに最適化
(C)2011 Uppercut Games Pty
最新アップデートで新しいiPadに対応。荒廃した未来世界を舞台にロボットによるTPS(三人称シューティング)がくり広げられる。フリックを基本とした簡易操作でさまざまにアクションしながら敵を撃破しよう。エリア移動はなく、左右やしゃがみなどの限られたアクション(見た目はダイナミックだけど)に加え、照準もタップでオーケーなので、TPS初心者が遊ぶのに最適。
【Sky Gamblers: Air Supremacy】
メーカー:Namco Networks America Inc. Games
価格:450円[税込]
配信日:配信中
対応機種:iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、およびiPad に対応。iOS 5.0 以降が必要
備考:新しいiPadに最適化
新しいiPadのプレゼンでも使用された、最適化アプリの筆頭タイトル。美しさばかりに目を引かれがちだが、『エースコンバット』シリーズよろしく、白熱したドッグファイトを楽しめる。大画面ならではの迫力と臨場感は同系ゲームの中でも随一。
【モダンコンバット3:Fallen Nation】
メーカー:ゲームロフト
価格:85円[税込]
配信日:配信中
対応機種:iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、およびiPad に対応。iOS 4.0 以降が必要
備考:新しいiPadに最適化
iPadはもちろん、スマホのFPS(一人称シューティング)では最高峰の1本。グラフィックに圧倒されるのはもちろんだけど、シリーズで培ってきた操作性や、充実したマルチプレイモードなどゲームとしてすぐれていることは、プレイすればすぐに気づけるはず。傾けた方向に銃口が動くジャイロスコープを使った操作にも対応しており、iPadの適度な重さが本物の銃を扱っているようで臨場感がさらにアップ(笑)。

[関連記事]
※最大12人のマルチプレイが楽しめるFPS『モダンコンバット3:Fallen Nation』


【インフィニティーブレード2】
メーカー:Chair Entertainment Group, LLC
価格:600円[税込]
配信日:配信中
対応機種:iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、およびiPad に対応。iOS 4.0 以降が必要
備考:新しいiPadに最適化
iPhoneゲームのハイクオリティー化を別次元に引き上げた『インフィニティーブレード』の続編。シンプルなハック&スラッシュ系のゲームで、敵の攻撃に合わせたフリックやタップで防御して、敵の体制を崩したすきに攻撃を叩き込もう。完全な洋ゲーだけど、和風テイストも取り入れられて見た目はかなり新鮮に。なんかすごそうなゲームってことで敬遠するのはもったいない。簡単に爽快感を味わえる1本ですよ。
【Angry Birds Space HD】
メーカー:Rovio Mobile Ltd.
価格:250円[税込]
配信日:配信中
対応機種:iPad 互換iOS 4.2 以降が必要
備考:新しいiPadに最適化
(C)Rovio Entertainment Ltd
世界一売れたアプリ『Angry Birds』の最新作。宇宙が舞台ということで物理エンジンを一新し、新たに重力の要素を追加している。iPhone版も配信されているが、画面の大きなiPadのほうが断然遊びやすい。この感覚、いいですよ! ステージが進むと特殊な能力を持つバードも登場し、攻略に頭を悩ませてくれます。
【アスファルト6:Adrenaline HD】
メーカー:ゲームロフト
価格:iOS版:85円 Android版:99円[税込]
対応機種:iOS、Android
著作権:(C) 2010 Gameloft. All Rights Reserved. Gameloft and the Gameloft logo are trademarks of Gameloft in the US and/or other countries. All manufacturers, cars, motorbikes, names, brands and associated imagery featured in Asphalt 6: Adrenaline mobile game are trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners.
爽快さをとことん楽しめるかっとび系レースゲーム。簡単なドリフトや、急加速できるニトロなど、レースゲームの気持ちいい部分をギュギュッと凝縮。そういう大味なところもありつつ、日産やBMWなど実在車種が多数登場するのも魅力のひとつ。あとは何と言ってもショートカットがおもしろいというか気持ちいい! ショートカットありきで設計されたコースには、レースゲームらしからぬ探す楽しみあり。
【オーダー&カオス オンライン】
メーカー:ゲームロフト
配信日:配信中
価格:iOS版:600円[税込]
対応機種:iPhone/iPod touch、iPad、Android 2.2以上
(c) 2011 Gameloft. All Rights Reserved. Gameloft and the Gameloft logo are trademarks of Gameloft in the US and/or other countries.
スマホで本格的なMMORPGが楽しめる……と言うと「いやそれいいすぎでしょ」と思う人もいるでしょうが、本作は本当にすごいんです。ギルドとかチャットとかトレードとか、まあおよそPCで楽しめるような要素はしっかり盛り込まれているのは当然として、それが“iPhoneやiPadで快適に使える”のがいちばんの驚きポイント。
【ギャングスターRIO:City of Saints】
メーカー:ゲームロフト
配信日:配信中
価格:600円[税込]
対応機種:iPhone/iPod touch、iPad iOS 4.0以降が必要
(c) 2011 Gameloft. All Rights Reserved. Gameloft and the Gameloft logo are trademarks of Gameloft in the U.S. and/or other countries.
なんでもアリが気持ちいい『ギャングスター』シリーズの最新作。もともと相当キレイだったけど、Retina対応でさらにとんでもないことに。ヘリコプターからの眺めが最高にいいです。あ、そうそう今作ではついに建物のなかに入れるようになったのですが、クラブとかに入るとちょっぴりアダルトな雰囲気が楽しめてウフフですよ。僕の人生で南米への旅行はそうそう機会がなさそうだけど、なんかこれで十分な気がしてきた(笑)。

[関連記事]
※ギャングの世界にルールもクソもねぇ! 『ギャングスターRIO:City of Saints』

●そしてさらなる期待作が……!

最後に、まだ未配信だが期待したいタイトルが1本。新しいiPadの発表の際のデモで使われたゲームといえば、熱心なアップルファンはもうわかるだろうか。『Infinity Blade』の新作となる『Infinity Blade: Dungeons』だ。従来のようなフリックやタップといった操作で敵と斬り合うのではなく、純粋なアクションゲームになるようだ。公開中のトレーラー映像をご覧になっていただければわかるが、一見すると全世界で間もなく発売される『ディアブロ(Diablo)』っぽい雰囲気も感じられるが、いったいどんなゲームになるのか……。新たな『Infinity Blade』シリーズ、早く遊んでみたい!

この記事のカテゴリー

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧