1. サイトTOP>
  2. iPhoneと行く、『メモオフ』聖地巡礼『メモリーズオフ 2nd』

iPhoneと行く、『メモオフ』聖地巡礼『メモリーズオフ 2nd』

2012-04-21 18:00 投稿

●iPhoneで楽しむ、お手軽聖地巡礼。

メモリーズオフ』(以下『メモオフ』)シリーズといえば、伝統ある美少女ゲームのひとつです。ナンバリング作品だけで、7タイトル。シリーズ作品全てを合わせると、10作品を優に超えます。そして、そのシリーズの流れの中で、プレイヤーたちに大きな衝撃を与えた作品のひとつ、それが『メモリーズオフ 2nd』ではないでしょうか。恋愛の持つ、心くすぐられるような感覚を強調する恋愛アドベンチャーゲームが多いなか、本作はそれに加えて“ふと感じる不安”もしっかりと描き、さらには“別れ”というテーマを鮮烈に描いた作品でもあります。

[注目記事]
【現在5位】『マックス・ペイン モバイル』ロックスター・ゲームスが贈るハードボイルド復讐劇の原点を体感せよ
無課金でコンプしたと思ったらつぎのステージが出てたよ! 『モンスターを集めてまいれ!2』

本作で驚くべきは、主人公の伊波健には、白河ほたるという彼女がいること。最初から、主人公に彼女がいる恋愛アドベンチャーゲームは10年前の当時、多くのプレイヤーに衝撃を与えました。彼女を愛し続けるのか、はたまた、他のヒロインを選ぶのか……!?

^01
^02
▲ヒロインの一人、白河ほたる。主人公の彼女として冒頭から登場する。▲夏期講習の臨時講師である南つばめ。恋愛対象は、同世代の女の子ばかりではない。

このざっくりとした紹介を読んで、「怖っ! 修羅場系!?」と興味をそそられた方は、是非アプリ版をプレイしてみてください。未プレイの方にとっては、10年前のこの作品が、新鮮で、鮮やかな物語として、心に届いてくれるはずです。

さて、このレポートを読む方には「『メモリーズオフ 2nd』くらいの名作なら、恋愛アドベンチャーゲームファンとしてプレイしてて当然でしょ!」という方もいるかと思います。でも、僕がここで、このアプリを“オススメ!”として紹介するのは、本作をプレイした方に向けてでもあるのです。

それは何故かというと、このアプリ版と“聖地巡礼”の相性が、抜群だからです! 「聖地巡礼?なにそれ?」という方にまず、聖地巡礼っていうのは何ぞやというところから話をすると……、ゲームやアニメには、実在の場所をモチーフに、世 界観や舞台設定を構築したものがあります。『メモオフ』 シリーズが神奈川の鎌倉・江ノ島近辺を舞台にした作品というのは、ファンの方なら知っている人も多いのではないでしょうか。そして、モチーフとなった場所 を探訪するファン活動を、アニメ、ゲームファンの間では「聖地巡礼」と呼ぶのです。実際に、インターネットで、「アニメ 聖地巡礼」などと検索してみる と、多くのこうした活動レポートが書かれているはずです。近年の作品で言うと、某音楽部アニメなんかも、この聖地巡礼で盛り上がっています。

で、僕もこの聖地巡礼を趣味のひとつにしていまして……。もちろん、この『メモオフ』シリーズも、新たな作品が出るたびに、神奈川県にダッシュ。作中に登場した場所を、パシャパシャとカメラに納めています。そして、このiPhoneで『メモオフ』シリーズが遊べるようになったときに、僕は気づいてしまったのです。

あれ、これ、もしかして、聖地巡礼にすっごい便利なアイテムなのではと!

だって、iPhoneが1台あれば、ゲームを起動しつつ、写真がとれるわけです。さらに言えば、地図だってわかるし、近くにある美味しいお店だって検索 できます。ゲーム機を持って、カメラを持って、地図をもって、とか、必要がなくなるんです。わざわざ、ゲーム画面を写真で撮影して、聖地巡礼用の資料を 作ったりしなくてもいいんですよ!これは実際、携帯ゲーム機が主流の時代じゃなかった頃にやっていた手法ですし、今でも、アニメ作品の聖地巡礼をする際に 作ったりしますが、かなり時間と手間がかかります(笑)

^03
^04
▲湘南の海岸は『メモオフ』シリーズの定番スポット。ここでは、数々のドラマが語られています。この日は残念ながら曇り空でした(笑)
^05
^06
▲『メモリーズオフ 2nd』に登場する浜咲駅は、鎌倉高校前駅がモチーフとなっている。11年前に作られた背景画像と、2011年に撮った写真を比較してみるのもおもしろい。

カメラアプリでは満足できないという方は、デジカメや一眼レフを! 僕はいつも、ブログ用にiPhoneで撮影、現像して手元に残しておく用に一眼レフというふうに使いわけています。ゲームの画面を表示しながら写真を撮れるので、かなり精度の高い写真が撮れるはずです。

メモオフ』ファンなら、是非とも一度はやってもらいたいこの聖地巡礼。実際にモチーフになった場所に立てば、ちょっと不思議な気持ちになれるはず。早朝、夕暮れ、雨など、シチュエーションも合わせられれば、なお感動できます。

^07
▲セーブは30個までとれるので、実際に行ってみたいスポットが登場するシーンでこまめにセーブをとっておくと快適な聖地巡礼の旅ができるはず。

そして、この聖地巡礼は、ただ、舞台を探訪するというだけではないのです。その地の、美味しいものや、珍しいものを知る、またとない機会です。僕 は、鎌倉には、結構詳しくなりました(笑)ゲームを楽しんで、さらにそのゲームをきっかけに、新たな体験ができたり、知識が増えたりする。これって、凄い ことだと思いませんか?

^08
▲「江ノ島は生しらすが美味しい!店によってはすぐ売り切れるから、平日でも油断はできないよ」とか、聖地巡礼で得た知識をもとに、リア充っぽい発言をしてみるのもアリ!

iPhone片手に聖地巡礼。オススメです。もちろん他の『メモオフ』シリーズでも聖地巡礼は楽しめるので、本作を遊んだら、次の作品でもチャレンジしてみてください。いや、いっそ、全部一気にプレイして、全部一気に聖地巡礼ってことで、どうでしょうか(笑)(浅葉たいが)

メモリーズオフ 2n

メーカー
Mtric co.
配信日
配信中
価格
完全版 2200円[税込]
対応機種
iPhone/iPod touch、iPad

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧